就活の面接で泣いてしまったけど印象はよくない?

就活の面接で泣いてしまったけど印象はよくない?

面接のときに緊張していたり、ほかの何かの理由で、泣きたくなくても自分で感情がおさえきれなくて、泣いてしまう方もいるかもしれません。

本当は感情を表に出さずに、冷静に面接を乗り切れればいいのですけど、人によっては、それがむずかしい状況もありますね。

ちょっときついことを言ってくる面接官だったら、そこで泣いてしまうのは、やはり印象はよくないと思います。

多少、圧迫してくるような面接官だったら、それによる応募者の反応を見ています。

そこで萎縮してしまったり泣いたり、逆に怒ったりしてしまっては、相手の思う壺になってしまいます。

涙が出そうでもグッとこらえる

泣いてしまって、そのあとの受け答えもグダグダになってしまうと、結果も厳しいかもしれませんが、

涙が出ても、しっかり自分の言いたいことが話せたのなら、問題がないときもあるのではないでしょうか。

面接のような緊張する場面で、どんな状況でも冷静さを保って、自分の感情をコントロールできることは大切なことです。

面接中に泣いてしまったとしても、次は涙をこらえるぐらいの強さと自信を持つ気持ちで、面接にのぞんだほうがいいですね。

1回1回の面接は別物ですし、前に面接で泣いたことがあっても、次は面接官も応募者も違うのですから、それを引きずってしまっては損です。

面接は、その都度、気持ちを切り替えていきましょう。

なんとか涙をごまかす方法を考える

面接で泣いてしまうことは、やはりマイナスの印象を相手に与えてしまうことが多いです。

ただその場にいる面接官が、どんな判断をするのかはわかりません。

対策としては、涙が出そうになったときは、ハンカチを取り出して、ちょっと下を向いて、額か鼻の汗をぬぐうふりをして目の涙をぬぐって、

感情が高ぶっているかもしれませんけど、時間を置いて深呼吸をして気分を落ち着かせて、いつもの声の調子で答えることができれば、バレない?と思います。^^

泣いてしまったときも、あまり気にしないで結果を待ちましょう。

面接官からの質問に沈黙しすぎるのもマイナスの印象です

就職面接のときに、考えてもいなかった質問を面接官からされて、考えが浮かばなくてそのままフリーズして黙ってしまう人もいます。

会話が進まない時間というのは、お互いにきまづいので、なんとかその場をもたせる時間稼ぎはしたほうがいいでしょう。

「○○という質問ですね・・」と、面接官からの質問を自分で復唱してその間に考えたりとか、「ちょっと時間をください」といって、少しの間待ってもらって、答えを考えるとか。

それでも答えが浮かんでこなかったら、もう何でもいいので答えるしかないですね。

沈黙していられるのは何秒が限界?

質問に対する答えが浮かばなくて沈黙している時間は、何秒くらい大丈夫なのか?

それはそのときの面接の雰囲気にもよりますが、10秒も黙ったままでいると、おかしな状況になってきてしまいます。

ずっと黙ったままでいれば、いろいろ話しかけてきて、助け舟を出してくれる面接官もいますし、いっしょに沈黙して(考える時間を与えて)くれる人もいます。

そのお互いに沈黙している時間が、よけいに気持ちをあせらせて、考えが浮かばないときもあるのですが・・・^^

黙っている時間が長いと、どうにもなりませんので、答えが思いつかないときは、とりあえずでいいから答えを出してしまうしかありません。

何も思い浮かばなくて、あせってしまうことは誰にでもあります。

そんなときは呼吸を整えて、あせる気持ちを抑えて、落ちついて考えてみれば、考えも浮かんできますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。