就活のときは「前髪」をどう整えたらいいのか?

就活生を見ていると、みなさん「髪型」をよく気にしています。

就職活動の対策本やマニュアルなどを見ると、確かに髪型も整っていて清潔感があったほうが見た目にもいいのですが。

髪型をどうこねくりまわしたところで、面接官からの評価が高くなるわけでもありません。

ある程度のポイントだけ抑えておけば、髪型に関しては十分なんです。

女性の前髪対策

普段の自分の髪型と、「就活用」といわれる髪型に違いがあると、それだけで悩んでしまうこともありますよね。

実際に就活用の髪型にしてみると、「自分には合わないなあ」と感じて、いろいろためしてみたけどしっくり来なかったり。

特に女性の方は、前髪をどう整えるのか、後ろ髪をどうするかで考えてしまいますよね。

女性の場合は前髪は短ければ、眉毛にかかるぐらいの長さでそろえておけば問題ありません。

前髪が目にかかりすぎたり、顔の輪郭を覆い隠すぐらいサイドの髪が長いと、顔の表情が見えづらくて暗い印象を与えてしまいます。

前髪が長ければ、ヘアピンを使って横に流して止めておけばOKです。

ピンは前から見たときに、なるべく目立たない横の位置に留めて、ピンも目立たない色のものを使ったほうがいいでしょう。

後はヘアスプレーやワックスなどで髪を固めておいてもいいですね。

おでこを出したほうが顔の表情もわかりやすくて、明るい印象を持ってもらえますが、それにこだわり過ぎなくてもいいと思います。

ただお辞儀をしたときに前髪がたれてしまって、お辞儀するたびに髪を手で直すしぐさは印象もよくありません。

そうならないようにロングのときは、髪が乱れないようにセットしておきましょう。

就活用の髪型が自分には合わない?

前髪をセンターで分けてみたり、斜めに流す感じにしてみたけど、「似合わないなあ・・」と感じるときは。

就活の面接も見た目のオーディションではないので、髪型が合っているかどうかで合否が決まるわけではありません。

おそらく面接官は男性の方が多いと思いますが、男性目線からいえば髪型が整っていれば「それで問題なし」と思うはずです。

おしゃれかどうか似合っているかどうかという目線ではなく、“清潔感”があるかどうかで見ています。

髪がボサボサだったりまとまっていなくて、髪をかき上げたりさわるしぐさが目立てば、そちらのほうが問題です。

自分では似合っていないと思っても、就活にあった髪型をしていくことをオススメします。

また髪をうしろで結ぶときは、黒いシュシュやシンプルなヘアアクセでもいいですし、無難に黒ゴムでもいいでしょう。

男性の面接官はそこまでは見ていませんので、目立たないもので十分です。

基本は清潔感のある髪型

髪型の「清潔感」といえば、フケが髪や肩についているとか、寝癖がついているとかそういうことにも注意したいですが。

特にロングヘアが多い女性に関していえば、「髪がしっかりまとまっているか」または「髪が顔にかかっていないか」という点にも気を配りたいですね。

髪型を工夫して大人っぽく見せたり、小顔に見せたりのテクニックは就活のときは忘れましょう。

前髪ぱっつんで子供っぽく見えようが、丸顔が隠せなくても、就活ではしっかり内定はもらえます。

スーツの着こなしや髪型などの身だしなみもそうですが、できれば自分の判断だけで決めないで、まわりの友達や就活の経験者に見てもらって意見をもらうようにしましょう。

または会社説明会やOB・OG訪問をしたときに、その会社の社員の人にどんな髪型がいいのか、聞いてみてもいいと思います。

基本はマニュアルにあるような就活用の髪型がベストですが、似合ってない髪型を気にし過ぎて面接に集中できないのなら、自分で納得のいく髪型にしてみてもいいと思います。

男性の髪型対策

男性も髪型も、爽やかな印象を持ってもらえる髪型にしましょう。

基本は、目や耳にかからないぐらいの髪の長さで整えたほうが、面接官にいい印象を持ってもらえます。

また男性でロングヘアは印象がよくないですので、就活の時期は短い髪型にしましょう。

自分が想像している髪の長さと、面接官が考えている髪の長さに差があって、それに気がつかないで中途半端にして面接に行くと結果がともなわないときもあります。

髪を長く伸ばしている人はそのへんもふまえて、どのくらい切ったほうがいいのか考えてみてください。

理髪店でも美容院でも、「就活用の髪型にしてください」とオーダーすれば、それに見合った髪型にしてくれます。

男性の場合は、もみあげも短めにしてヒゲも全部そるようにしましょう。

また髪の毛の色は男女ともに、黒髪にしましょう。

髪を染めているときは、就活の時期だけは黒髪に戻して就活することをオススメします。

髪型もそうですが髪の色も万人受けするほうが、何社も受けた際に内定をもらえる率も高くなります。

元から髪の色が茶色い人は、無理に染める必要もないと思います。

面接のときに聞かれたら「元からの色なので・・」といえば面接官もわかってくれると思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。