就活面接では見た目がさわやかな方が採用されやすいのか?

就職活動では、見た目(外見)も大きく影響してきます。

もちろん就職活動では、その人の内面(性格や熱意)もふまえて合否が決まりますが、外見も大事なのです。

面接の顔合わせのときは、会話から入るのではなく、まずお互いの外見を見るところから始まります。

面接官も、そのときの見た目や雰囲気で、どんな人なのか想像するのですね。

「第一印象が大事」と、面接やお見合いとかでもよく言われますが、第一印象は外見で決まります。

最初の印象がよく、面接中の会話で内面も気に入ってもらえれば、結果として採用をもらえるようになりますし、

逆に最初の印象がよくなければ、その印象を面接中にくつがえすのは、かなりむずかしくなってくるのです。

イケメンや美人だったら採用されるのか?

あるテレビ番組で、顔の整ったモデルと普通の学生をまぜて面接をする実験を行なったところ、いずれもモデルの人が選ばれるという結果になったそうです。

でもこれは何を目的にして面接をおこなったのか?そんなところまではよくわかりませんでした。

顔がうつったフリップを見せて選ばせれば、顔のかたちが整ったイケメンや美人が選ばれるのも仕方がありません。

でも就活の面接では、「仕事ができるかどうか?」といった目線の判断も入ってくるのですね。

確かにお客相手の商売や営業の仕事なら、相手に合わせる必要があります。

仕事向きの「顔」があることも事実ですし、外見がよければ得することもありますが、それだけで就活で有利・不利になるということは単純にはいえません。

外見が整っていて面接官の好みだったとしても、その人の内面を見たときにガクッと評価を落としてしまうこともあります。

なんとなく話がかみ合わなかったり、声が小さくて自信がなさそうだったり、不遜な態度が見えるなど、

「見た目はいいんだけど、面接した感じでは仕事はしてくれそうにないな」と思われたら、採用されるのもむずかしくなります。

実際にそういう人も見てきましたし、顔採用というのは業界によって程度の差はありますが、あまり気にしないことです。

顔やスタイルに自信がないというのなら、ほかのアピールできる部分を前面に出せばいいのです。

男性の身だしなみで気をつける点

イケメンかどうかよりも、見た目の箇所によってポイントを下げてしまって、印象を悪くしてしまうこともあります。

就活において「清潔感が大事」とはよく言われますが、見た感じで清潔感がない人とはいっしょに仕事をしたくないと誰もが思いますよね。

面接官から見て、男性の応募者の気になる点をいくつか上げていきます。

1、髪の毛が整っているかどうか、不潔に思われていないか

2、ピアスやブレスレット、指輪など面接で不必要なものははずす

3、ヒゲは全部そる

4、もみ上げは短めに

5、鼻毛が出ていないかチェックする

6、メガネが汚れていないか

7、歯を磨くかガムを噛んで口臭を予防する

8、ネクタイが曲がっていないか

9、肩にフケが落ちていたり、スーツがしわになっていたり汚れていないか

10、ワイシャツの首や袖口が汚れていないか

11、爪をきちんと切る

12、スーツのポケットに中には何も入れない

13、靴下の色はスーツの色に合わせる

14、靴が汚れていないかどうか

上に書いたことはそんなに特別なことではないのですが、身なりもあまり気にしていない方もいますので、しっかり準備したいですね。

先輩や友達に自分のスーツ姿を見てもらう

就職活動では、スーツを着たときの全身の身だしなみは、ほかの人に必ずチェックしてもらいましょう。

自分ひとりでは気がつかない部分もあるかもしれませんし、そうした部分は面接前になるべく見つけてなおしておきたいですね。

特に就活を経験した人に見てもらったほうが、いろいろと参考になるアドバイスを聞けるでしょう。

就活がはじめてだったり、久しぶりだったりすると、自分の気がつかない点が必ずといっていいほど出てくるものです。

バッグやカバンなどの持ち物などそのほか、細かい点のチェックもできるだけお忘れなく。

身だしなみでまわりの人からチェックしてもらって合格点がもらえれば、あとは面接での内面の勝負となります。

容姿やスタイル、身につけているものがブランド物とか、そうしたことは就活の採否に影響はしません。

面接では自信を持ってアピールできるようにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。