30歳で職歴なしの就職活動は崖っぷちに立つ感じになる

中途採用には「職歴」が何よりも大事

学校を卒業してから、就活もほとんどしないでほぼ無職のまま何もしていなかったり、アルバイトをして生活しているときは。

ほかに何かやりたいことがないのだったら、気持ちを入れ替えて、就職活動することも考えてみましょう。

25歳を過ぎて20代後半になってくると、「これからの将来どうしようか?」と、考えることも多くなると思います。

まだそのぐらいの年齢だったら、まだ職歴なしでも、業種にもよりますが正社員として採用してくれる会社は見つかります。

自分ではたらけそうだと思う会社や、仕事が継続してできそうな求人を見つけて、応募してみましょう。

20代後半でも危機感を持ったほうがいいのですが、30歳を越えてくると、職歴なしの就職活動の厳しさが格段に増してきます。

特にパートやアルバイトぐらいの職歴しかないときは、それが就活する際の強みにならないので、自分で働きたいと思える就職先を見つけづらくなってきますし、給与などの条件面もあまりよくない仕事しか応募できなくなってきます。

また、時間があるときに勉強してむずかしい資格を取ったとしても、それを就活で有利に生かせるわけではありません。

資格取得者がどの求人でも優遇されるわけではありませんし、資格にマッチした求人がつねに見つかるわけでもないのです。

今の時代はもう、

 職歴>>>資格

といった感じになっています。

会社に勤めて働いた経験年数の多い人のほうが、転職するときに有利になります。

仕事に関連のある資格を取ったとしても、就活でほとんど役に立たないということも多いのです。

ですので「職歴がない分は資格でカバーする」といった資格ばかりに頼っていても、先が知れているのです。

未経験でもできる仕事を探そう

今は新しい仕事を探すときは、それまでの「職歴」がモノをいいます。

パートやアルバイトをしているフリーターの方は、今やっている仕事と関連のある業種を選べば、正社員として採用される可能性も高まります。

そうした強みはできるだけ有効に使ってして、就職活動を進めたほうが希望する職に就くことができます。

そして職歴とともに「年齢が若い」というのも、ひとつの大きな武器になってきます。

年齢が若いときにどこかに就職して何年か働いて職歴を作ったほうが、そのあと転職するときにより有利にはたらきます。

正社員として雇ってくれそうな会社があったら、そこに入社してしばらくがんばってみることをオススメします。

今は景気がよくなってきて、求人数も増えてきたというニュースもありますが。

それでも実際には、就職活動はまだまだ厳しいと思います。

自分が働きたいと思った会社を見つけて応募してみても、不採用の通知ばかりが届くということもあるでしょう。

そんなときもあきらめずに、根気よく就活しましょう。

不採用続きのときも、受かるまでやりぬくことです。

心が折れそうだと思うときも、ときどき気分転換をはさみながら、がんばっていきましょう。

自分の「やりたいこと」に見切りをつける方法

学校を卒業したあとも、どこにも就職しないで自分のやりたいことをめざしていたり、またはほかにやりたいことを探していて、生計を立てるためにアルバイトをしている方もいるでしょう。

会社に就職する以外にもいろんな生計の立て方がありますので、いろんなことができる20代のときに自分なりの道を探すことは悪いことではありません。

でも「この先の将来がどうなるかわからない」ほど大きな目標を持っているときは、その先のリスクも考えておいたほうがいいです。

「芸能人になりたい」とか、「自分で会社をつくりたい」とか、「プロのスポーツ選手になりたい」とか、「司法試験の合格を目指している」とか、大きな目標を持つことはいいことですが・・・

その夢がかなわないとなんとなく感じてきたら、相当迷うかもしれませんが、どこかでその夢に見切りをつけることも大事です。

そうしないと、どんどん歳ばかりとっていってしまって、就職しようと思っても、年齢の高さや仕事の経験のなさで、自分の思うような先が選べないときが来てしまうのです。

夢をあきらめたあとも、何か仕事を見つけて生活はしていかないといけません。

そのため就職活動をしてみたけど、未経験のために雇ってくれるところがなくて、苦労する人も多いのですね。

また自分が目指してきたものだけに、やめる時期を見極めることもむずかしいのです。

目標には「期限」をもうけたほうがいい

「オレは、○○になる!」と意気込んで、まわりの人もそれを応援してくれていたけど・・・

なかなか目標に到達できずに、気がつけば20代後半、そして30代になってしまうこともあります。

本当はもう「無理かな?」と自分で思っていても、やめる決心がつかなくて、ずっとアルバイトをしていたり、親から生活費をもらってそれで生活していたり。

まだまだ夢を見ていたくて、そのためにどんどん時間だけが過ぎていってしまって、「私ももうこんな歳なんだ・・・」とハッと気づくときもあります。

そうならないように、やめるタイミングを決めるのがむずかしいときは、「26歳までやってダメだったらあきらめよう」とか、期限をもうけてやったほうがいいのです。

期限に追われれば、誰でも危機感を持って必死にやるものですから、自分に“喝”を入れるためにもそうした取り決めは大事ですよね。

そうしたことはまわりの人にも宣言して、自分を追い込んだほうが時間を無駄にしないものです。

どこかで区切りをつける必要がある

期限を決めて「背水の陣」でのぞんだほうが、今以上の力が出るときもありますからね。

かなわなかった目標に未練が残ることもありますが、それよりも、そのあとの生活のほうがもっと大事です。

この先、まだまだ人生は長いのですから、「どうやって生活をしていくのか?」をしっかり考えていかないといけないときが来ます。

これまで自分がやってきたことや、がんばってきたことにスパッと見切りをつけるのはつらいかもしれませんが。

これから生きていくためにも、どこかで区切りをつける必要もあります。

これといった職歴もなくて、年齢が高くなれば、その分だけ就職もむずかしくなります。

それをよく知った上で、どこかで期限をもうけて、飛び移るタイミングを失わないようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無しの江戸っ子さん より:

    見切りをつけたのに、それすらも挫折した人間には、最早この社会で生きる資格はないと思いました。