就活の一次面接が通らない人のよくある特徴

就職・転職活動では応募者が多ければ、面接を何度かおこなって採用者を決めることになります。

採用する人を決める選考のやり方自体も、企業によってまったく変わってきます。

書類選考をおこなわない企業もありますし、面接が1回で済む企業もありますが、応募してくる人数が多ければ、選考の仕方もいくつかに分けて行なわれます。

例えば「書類選考→一次面接→二次面接→最終面接(途中で適性検査)」といった感じで、それぞれの面接の後に合否が言い渡されて、合格になった人が次の面接に進みます。

そして最終面接後に採用か不採用かの結果発表となります。

就職活動ではそれらをすべて突破しないと、採用とはならないのですね。

面接が2度も3度もあると大変かもしれませんが、ひとつひとつの面接を大事にして、受かると信じてがんばりましょう。

就職活動の一次面接の特徴

書類選考が通った後の最初の面接は、一次面接になります。

書類選考に通ったということは、「面接で本人と会って話がしてみたい」と企業から認められたということになります。

その前の書類選考で不採用を言い渡されることもありますが、一次面接でも不採用になることはあります。

また、どれだけの割合の人が一次面接を突破できるのかは、企業によって違ってきます。

一次面接は「足切り」として半分以上の応募者がガッツリ落ちることもありますし、または不採用者があまり出ずに、ほとんどの人が二次面接へ進むこともあります。

一次面接である程度の決まった人数に絞る場合もありますし、採用基準に達していない人だけを落とす場合もあります。

その判断は企業によって違うので、どのくらいの人が落ちるとか一概には言えません。

また一次面接ではグループ面接(グループワーク、グループディスカッション)や個人面接の場合もあります。

一次面接の担当者は誰か?

面接が何度かおこなわれる場合、面接官も顔ぶれが変わることもあります。

一次面接は人事担当者がおこなって、通過したら二次面接は部長や課長など役職の人が出てきて、最終面接では役員や社長が出てきて面接官を担当するといったパターンもあります。

この辺も企業によって違いますので、どういう人が担当するのかは、そのときにならないとわかりません。

一次面接では、面接の経験があまりない若手社員が担当することもあります。

「面接はベテランの人がするんじゃないの?」と思うかもしれませんが、会社としてはいろんな人が選考にたずさわって判断したほうが間違いがないということなのでしょう。

そうやって面接官をやらせて、社員を育成していきたいという考えもあるのですね。

面接官がちょっと素人っぽかったり、張り切り過ぎて圧迫気味だったとしても、あわてずに冷静に対応しましょう。

一次面接で聞かれる質問

質問される内容もまた企業によって違いますが、「広く浅く」といった感じで質問されると思います。

二次面接との質問の違いなども、特にありません。

「志望動機」「自己PR」「学生時代にがんばったこと」「長所・短所」「他社の選考状況」といったよくある質問は一次面接でも聞かれます。

こうした質問はどこでも必ず聞かれるというわけではないですが、どの面接でも担当者が変わってくれば、面接ごとに同じ質問をされることもあります。

例えば一次面接、二次面接、最終面接すべてで「志望動機」を聞かれるとか。

そのときに答えが変わってしまうと怪しまれてしまいますので、基本的には言い方は変えても内容がぶれないようにしておきましょう。

一次面接を通る人というのは、

「あいさつや身だしなみができている」

「明るくハキハキ答えられる」

「言葉遣い」

「態度や姿勢」

といったごく基本的なところをよく見ています。

そして志望動機や自己PRの内容も判断材料になってきます。

また、一次面接を通らない人によく見られる特徴や原因は、

・視線を何度も外すとか、下を向いていて面接官と視線を合わさない

・表情が一切変わらない(たまには笑顔を見せるほうがいい)

・ため口・フレンドリーな言葉遣いになる

・発言の内容がネガティブ・自信のなさそうな態度・元気がない

・面接官に媚びる

・質問に対して的外れな発言をする

・質問に対して沈黙して何も答えない

・話の内容のウソがばれる

・身だしなみが整っていない

といったところでしょうか。

最初の面接で何度も落ちるばかりでまったく面接を通らないという人は、一度自分の面接のやり方を振り返ってみましょう。

そのほうが面接の通過率も上がります。

一次面接ではやはり基本的なことが大切になってきます。

特に志望動機や自己PRなどは重要なアピールになりますので、内容を事前にしっかり考えておきたいですね。

面接では応募者からの逆質問はできますが、待遇(給与や休日、残業)などの質問は聞けない雰囲気のときもあります。

そんなときは無理をしないで、採用の返事がもらえてから、そうした質問をしたほうがいいでしょう。

模擬面接は受けておきましょう

会社の面接を受ける前には、何度か模擬面接を受けておくことをオススメします。

模擬面接などは特にやらないで、ぶっつけ本番で面接に行く方もいると思いますが・・・

何度か模擬面接をくり返して練習したり、面接官役の人から「どこか悪い点はなかったか?」を聞いておくことで、自分の特徴やよくないところがわかります。

本番の面接では、自分にどこかおかしな点があったとしても、面接官は特に何も言ってくれません。

応募者の声が小さくてよく聞こえなかったり、質問にしっかり回答できていなかったり、挨拶ができていなかったり、面接中の態度が挙動不審だったり・・・

面接の感想を教えてくれる優しい面接官も中にはいますが、そこまでしてくれる人は、それほど多くはありません。

本番の面接で失敗するよりは、模擬面接で自分の特徴をつかんでおいて、直せるところはなおしたほうがいいですよね。

自分のよくないところは、自分ではよくわかりませんし、それを教えてくれる人がいないと、どこが悪いのかすらわかりません。

特に第一志望の企業を受けるときの対策として、面接対策など入念に準備しておいたほうがいいのです。

面接官役を誰に頼むか?

「自分の言動はおかしくない」と誰でも思いたいところですが、人はそれぞれ自分のへんなクセがあるものです。

そんな点が少しでもわかったら対策も立てられますし、本番でも有利になりますよね。

また模擬面接は、ハローワークやジョブカフェや就活のセミナーなどでも、予約制ですが無料でやってくれます。

そうしたところもできるだけ利用していきましょう。

身近なところでは、友達や知人や自分の親に面接官役をしてもらうのもいいですね。

できれば就職活動をした経験のある社会人に見てもらうのがおすすめです。

本人はスーツもしっかり着て、ネクタイも締めて身だしなみを整えて、本番さながらの雰囲気で模擬面接をしてみましょう。

スーツを着たときの姿も、面接官役の人からチェックしてもらいましょう。

進め方としては、面接官役の人から質問してもらって、それに回答するかたちでやってみましょう。

最初から終わりまでの感想やアドバイスを聞いてみると、意外と参考になる意見をもらえることもあります。

仲のいい友達と模擬面接をやると、緊張感なくなってしまって、やる意味がなくなってしまうこともありますが、そのへんはメリハリをつけてやってみましょう。

模擬面接は入室から退室までやる

模擬面接というと、イスに座った状態から始める人もいます。

でも面接では部屋に入るときから部屋を出るときまで、面接官に見られていると思って、ひと通り、入室から退室までやってみたほうがいいですね。

慣れていないと、本番の入室するときや退室するときに「あれ?やり方がわからない」と、不安になってしまいますので。

最初から終わりまで、すべてやってみましょう。

入室の仕方

会社によって建物の部屋の構造も違いますし、入室するときにドアが閉まっていたり、ドアが開いていたるときもあります。

そのときによってやり方も変わてくるでしょう。

でも基本的な動作は、そんなに変わることはありません。

ドアが閉まっているときは、ドアをノックして、部屋の中の人から「どうぞ」という声があったら、

「失礼します」といってドアを開けて、部屋の中に入ったら、まずドアを静かに閉めてそのあとに面接官のほうを向いて一礼します。

面接官から「こちらへどうぞ」と、イスの方へうながされたら、イスのところまで歩いていって、イスの横か前に立って「○○です。よろしくお願いします」とまた一礼します。

面接官から「どうぞお座りください」といわれたらイスに座って会話が始まります。

ドアをノックする回数は?

ドアのノックをするときの回数は、3回ノックするのがいいと言われていますね。

本当は2回でも4回でもいいのかもしれませんが、迷ったらドアノックは3回にしておきましょう。

面接室の入り口のドアが開いているときはノックはしないで、部屋に一歩入ってドア付近で面接官のほうに向かって、「失礼します」といって一礼すればいいと思います。

最初の第一印象をよくするために、姿勢は正して、普段の声が小さい人は、普段よりちょっと大きめに声を出してあいさつしてみてください。

またバッグやカバンを置く場所、冬はスーツの上に着るコートなどをかけたり置く場所の指示があると思います。

そうした指示がなければ、バッグやカバンはイスに座ったときに、横の床に立てて置いて、その上にコートをのせるようにしましょう。

退室の仕方

そして面接官が「では以上で面接を終わります」と言って終了したら。

イスに座ったまま「ありがとうございました」と、お礼の言葉を述べて一礼し、それから立ち上がります。

立ち上がったらバッグやコートを持って、そしてまた面接官に「失礼します」と一礼して、出口のドアのほうへ歩いていきます。

出口のドアの前まできたら、ここで面接官のほうへ振り向いてまた一礼します。

そしてドアを開けて外に出て、ドアを静かに閉めて終了です。

中には廊下のエレベーターまで見送りにきてくれる面接官もいますが、そんなときはドア前の一礼はしないで、エレベーターの中に入って、ドアが閉まる直前に一礼すればいいですね。

一礼するときも、ある程度、腰を曲げて深くお辞儀をしましょう。

お辞儀するときは45度ぐらいの角度がいいそうです。

両手の位置とか両足をしっかりそろえることにも注意しましょう。

浅い角度であいさつしたり、首だけ前に曲げる程度の挨拶だと、そんな感じの人間なんだと相手の人に思われてしまいます。

お辞儀は単純な動作ですけど、ほかの人のお辞儀を見ていれば、どういうやり方がいいのかわかると思います。

そうした点もまねて、参考にしてみてください。

模擬面接の姿をビデオにとっておく

できれば自分の模擬面接の様子は、動画で撮っておいて、あとで自分で見直すこともおすすめです。

自分のやり方を客観的に見ることも、とても大事なことです。

スマホを使って誰かに動画を撮ってもらったり、三脚を使ってそこにスマホを置いて、面接の様子を撮影してあとでよく見てみましょう。

三脚はアマゾンで1000円ぐらいから買えますよ。

また模擬面接を行う余裕がない時は、自分一人で面接の練習をしてみましょう。

入室から退室まで自分で一通りやってみたり、鏡の前に座って声を出して練習してもいいですね。

面接での入室や退室の順序やマナーを厳しく見る会社は、そんなに多くはないと思いますが、気配りができるところを見せられるように、マナーとして知っておきたいところです。

面接に苦手意識を持っている方は、できるだけほかの人にも協力してもらうことが、内定を得るための近道になりますよ。

結果待ちはいつまで?

応募人数が少なくて、採用の決定権のある社長が面接しているのなら、その場で内定がもらえることもありますが、

一次面接も応募者が多くて、何日にも分けてやってるなら、結果が出るまで多少時間はかかると思います。

ほかの企業も同時に受けていて予定があるなら、「いつまでに結果が出るのか?」を面接官に聞いておきましょう。

「返事は1週間後に出します」といわれたら、1週間は結果待ちしていて、その期限が過ぎても返事が来なかったら、電話やメールをするなりの連絡をしてみましょう。

言われた期限まで待ちきれずに会社に連絡してくる方もいますが、結果が出てない以上は答えることはできません。

待っている間はドキドキするかもしれませんが、結果が出るまで待ちましょう。

面接後にお礼メールは送ったほうがいい?

面接が終わった後にお礼メールを送ってくる方もいます。

でもそうしたメールを送っても、プラスの材料にはならないでしょう。

結局は面接のときの印象で合否は決まるものです。

特に応募者の多い一次面接のときは、面接後のお礼メールまでいちいち読むことはありません。

お礼メールは送らなくても、面接を通過する人はあっさり通過します。

お礼メールを送るなら、二次面接ヘの案内のメールをもらったときに、その返信にお礼をひと言添えておけば十分です。

二次面接の日時を選ぶときの返信メールの例文としては、

件名:二次面接の日程

本文

〇〇株式会社
採用担当者様

この度は、一次面接通過のご連絡を頂き、誠にありがとうございます。

案内いただきました二次面接日程の件ですが、
当方日程が不都合の日はございませんので、貴社にて決めていただければ、その日時にお伺いさせていただきます。
何卒よろしくお願い致します。

or

案内いただきました二次面接日程の件ですが、
よろしければ、二次面接は〇〇日△△時を希望いたします。
何卒よろしくお願い致します。

学校名 〇〇
氏名 〇〇

でいいと思います。

よかったら上の文章は適当に直すなどして、コピペして使ってください。^^

面接は緊張すると思いますが、最後まであきらめずに喰らいつく気持ちでやってみてください。

就活は結果がわかるまで、どちらに転ぶかはわかりません。

志望度の高い企業には、特に悔いのないようにがんばってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. […] らないという人は、一度自分の面接のやり方を振り返ってみましょう。 引用元-就活の一次面接が通らない人のよくある特徴 | 30歳までにフリーターから正社員になるための就活ブログ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。