東京にいけば仕事はいくらでもある?

東京へ仕事探しに行ってみたけど・・・

自分が住んでいる地域にあまり仕事がなかったり、希望するような仕事がない場合は、都市部に出て行って仕事を探すこともあると思います。

または仕事の希望は特にないけど、「東京に出て仕事がしてみたい」と漠然と考えている人もいるでしょう。

「東京にいけば仕事はあるのか?」といわれれば当然、仕事はたくさんあります。

地方と比べても圧倒的に求人数は多いです。

有名な就職・転職サイトを見てみれば、東京での求人の数もほかとケタが違います。

でも東京へ出て行って簡単に仕事が見つかるかというと・・・そうでもありません。

その理由は、東京は求人数も多いですが、それに比例して「仕事を求める人の数」も圧倒的に多いのです。

そうなると当然、条件のいい求人には優秀な人がおおぜい応募してきて競争率も高くなります。

仕事に就けないわけではないですが、条件のあまりよくない派遣社員やアルバイトをすることになって、職歴を積む上でも不利になってしまいます。

何か人に勝るようなスキルや実務経験や資格などがないと、あまり待遇のよくない仕事しか就くことができません。

ただ何も考えずに上京してきて仕事を探すとなると、就職活動もかなり苦労すると思います。

仕事探しが先か引っ越しが先か?

高校や大学を卒業してそのまま地元で仕事を持っていて、生活基盤ができていると、そこから動くにも大きな決断がいります。

それでも「東京で仕事がしたい」とか「〇〇の仕事がしたい」などの夢をかなえるために東京に行きたいという方もいるでしょう。

それでも、いきなり衝動的に仕事をやめて東京へ行くのはオススメしません。

学生のときならまだしも、社会人になったら計画的に物事を進めた方がいいです。

やり方としては2通りあります。

「東京で仕事を決めてから引っ越す」か「東京へ引っ越してから仕事を決める」かどちらかです。

「東京で仕事を決めてから引っ越す」方法

ひとつは地元で今までの仕事をしながら、東京に出向いて仕事を探す方法です。

今は転職サイトで東京の求人を検索して探すことができますし、ハローワークの求人も東京をはじめ全国の求人をネットで見ることができます。

気になった求人があったら、応募して履歴書などを郵送してみて、面接を受けることになったらその日は有給休暇を取って東京へいって面接を受ければいいのです。

在職中に転職活動をしていることを、応募を申し込んだ会社に知らせれば、土曜日に面接してくれる会社もあります。

また転職活動をしていることは、勤めている会社には内緒にしておきましょう。

距離にもよりますが地方から東京へ就活しに来るとなると、交通費もけっこうかかりますし、就活も思うようにはかどらないと思います。

面接を受ける時間も限られていて、内定が決まるまで根気がいることですが、これが一番堅実な方法です。

それにいつ就職先が決まるかわかりません。

収入が入ってくることを確実におさえておかないと、お金がなくなってきて生活も苦しくなってしまいます。

そのためにも在職中に転職先を決めてしまったほうがいいのですね。

内定先が決まったら、今の職場には退職願を出して退社して、東京に引っ越せばいいのです。

働きながら転職活動をするのは大変かもしれませんが、やるのでしたら粘り強くやりましょう。

「東京へ引っ越してから仕事を決める」方法

最初から東京へ出てきて仕事を決めるという方法もあります。

これは一見気楽なように見えますが、けっこう大変かもしれません。

東京に出てきたときは無職なので、住所が決まったら、さっそく仕事を探さないといけません。

でも無職の人を雇ってくれる会社は、正社員待遇だとそんなに多くはありません。

住み込みで働かせてもらえる仕事場もいいですが、最初は派遣社員やパート・アルバイトを見つけて、働くようになると思います。

そういう仕事がすぐに見つからない場合もありますので、できるだけお金をためて出てきて方がいいですね。

しばらく派遣社員やパート・アルバイトの仕事をしながら、就職活動をしてもっと条件のいい会社に就職することをめざしたほうがいいでしょう。

東京はあこがれの場所?

地方に住んでいる方から見ると、東京は華やかな、かっこいいイメージで憧れを持つ方もいると思います。

テレビやネットで見て「東京に住んでみたい・働いてみたい」と思って居ても立ってもいられなくなる人もいるでしょう。

特に20代ぐらいの年齢のときなんかはそうですよね。

そういうイメージが抜け切れないときは、実際に東京へ来て暮らしてみるといいですよ。

長期の仕事休みのときなどに、東京に来てホテルに何泊かしていろいろ見て回ればいいのです。

そういうことを何度かくり返してみて、本当に東京で住みたいと思えば引っ越せばいいし、旅行して満足だと思えば今いる場所で暮らせばいいのですから。

今はもう、東京も行こうと思えばいつでもいける場所ですから。

私も地方出身者で、今は東京で暮らしています。

東京は確かに暮らしやすくて引っ越してきたときは華やかさが目に付きますが、暮らし始めるとそうしたことにも慣れてきます。

東京のいいところや悪いところも見えてきて、逆に今まで住んでいた地元のよさもわかるようになりました。

短い期間でも住んで体験してみる

東京に住みたいと思う人は、短い期間でもいいから自分で住んでみて体験してみることをオススメします。

それで頭の中にあるイメージが払拭できて、「こんなものなんだ」というのがわかればいいのではないでしょうか。

長くいていろんな欠点も見えてくると、考え方も現実的になってきます。

また人にもよりますが、東京にはそんなに華やかな生活というのはありません(と個人的に言い切ってしまいます^^)。

富士山と同じようなもので、遠くから見るときれいに見える富士山も、実際に登ってみると岩ばかりで「きれい」という場所ではありません。

住んでみて良し悪しがわかると思います。

でも歳をとってから「あのときにやっておけばよかったな」と後悔しないように、できるときに思い切って動いてみることも大事ですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。