冬の寒い時期に風邪をひかないための防寒対策

冬の寒い時期の就職活動は、からだが冷えますので、防寒対策にも気を配りたいですね。

ガタガタ震えるほど寒いのにやせ我慢して薄着でいると、風邪をひいてしまうこともありますので、まずは体調をくずさない格好を心がけましょう。

会社説明会や面接でも、特に会社から指定がなければスーツを着ていくことになります。

しかしスーツだけだと寒いので、ほかにもいろんな防寒対策を施していきましょう。

真冬の寒さ対策

就職活動のときは「白のシャツ」と「上下のスーツ」を着ることが基本になってきます。

そしてちょっと寒い時期になってきたら、スーツの上にコートを着たり、「手袋」「マフラー」などを身につけることもしましょう。

冬の凍えるような時期に手袋やマフラーをしていない方もいますが、このふたつは防寒対策としてはかなり優れています。

マフラーを首元に巻くだけで、首元から服の中に入ってくる冷たい風を防げますし、からだの熱も外に逃げません。

マフラーを巻いているだけで、体感温度はかなり変わってきます。

冬の間、あまりマフラーをしない方は一度ためしてみてください。

またバイクや自転車に乗るときや、雪が降ったり風が冷たい時はこちらがおすすめ。

頭や顔の一部をカバーする防寒具です。

私も使っていますが、特に顔の当たる風の冷たさをある程度防げますので、かなり重宝しています。

「顔よりも耳が冷たいのが耐えられない」という場合もあります。

そんなときは両耳を暖めるための「イヤーウォーマー」を使ってみましょう。

上のは自転車用ですが、歩いているときにももちろん使えます。

耳を暖める耳あてやイヤーマフは、ほかにも種類がありますので検索してみてください。

冬は手袋が必需品

また本当に寒いときは、厚手の手袋をしていきましょう。

素手でバッグやカバンを持っていると、手がかじかんでくるほど冷たくなりますよね。

手袋をして、手が暖かいだけでかなりリラックスできますし、血流もよくなって全身も温かくなります。

それほど寒くない時はニットの薄手の手袋でもいいのですが、本格的に寒くなってきたら、レザー製などの厚手の手袋のほうがおすすめです。

最近は手袋をしながらスマホ操作ができるものが人気ですので、そういう手袋を選んでもいいですね。

手袋やマフラーは会社の前に来たら取って、カバンの中にしまってしまえばいいのですから。

後はカイロをポケットの中に入れておくと暖かいですし、空気が冷たいときはマスクをしていくと、顔が冷えなくてしゃべりやすくなりますよ。

シャツの下にインナーを着込む

会社説明会や面接で会社の担当者と対面するときは、やはりスーツ姿の格好で、ほかによけいなものを着ないほうがいいでしょう。

中にはワイシャツとスーツの間にセーターやカーディガン、ベストなどを着込む方もいます。

ベストなどはスーツのかたちに合っていて目立たなければOKですが、セーターやカーディガンなど面接官から見えてしまうものは、なるべくなら着ないほうがいいかもしれません。

面接のときなどは、スーツ姿の正装で行った方がいいでしょう。

セーターやカーディガンが胸元や袖口から見えてしまうと、見た目もちょっと変わってきてしまいます。

この辺は、そのときに出会う面接官がどう思うかわかりませんが、着ていくのなら選考会場に入る前に脱いでしまったほうがいいですね。

寒さ対策としては、ワイシャツやブラウスの下にインナーを着こむ方法もあります。

Tシャツや長袖のシャツ、ユニクロなどに売っているヒートテックなどを着込めば、かなり暖かく感じます。

白系のインナーなら、ワイシャツやブラウスの下に着込んでいても、面接官にはわからないですよね。

ただ何枚もインナーを着込んでしまうと、今度は暑くなってしまって面接に集中できなくなるかもしれません。

面接の会場は暖房もついていてかなり暖かくなっていますし、シャツの下に着たものは面接中に脱げません。

体温調節もむずかしくなりますので、あまり着込みすぎないように気をつけましょう。

就職活動ではコートが必要なのか?

冬の就活のときは、みんなスーツの上にコートを着ています。

「冬はコートを着る」ことが当たり前のようになっていますが、自分で寒いと感じなければコートは必要ありません。

建物内では脱いでしまうのですから、必要なければ無理に着ていかなくても大丈夫です。

コートを着ていったときは、会社説明会や面接会場の玄関前でコートを脱いでスーツ姿になって、コートについているほこりや雪や雨のしずくを外ではらいます。

そしてコートは両肩をあわせてふたつ折りにして、それを片方の腕にかけて社内に入るのがマナーになっています。

またこのときに「コートの裏地を表にしてたたむ」という作法もありますが、人事担当者もそこまで見ていないので、普通にコートをたたんで持っていけばいいのではないでしょうか。

説明会や面接の会場に入って、人事担当者からコートをかけたり置く場所を言われたらそれに従いましょう。

それがなかったら自分が座るイスの背もたれにかけておけばいいですね。

そして説明会・面接が終わって会場の建物の外に出たら、スーツの上にコートを着るようにしましょう。

就活用のコートの選び方

就活用のコートを選ぶ基準は、「AOKI」「洋服の青山」「スーツカンパニー」「コナカ」などのスーツ量販店に売っているものを見本にしてみましょう。

色やデザインはだいたい決まっていますし、就活生や会社員はほとんどそこで買いますので、スーツ量販店で買えばハズレはありません。

メンズやレディースのコートがそろっていますので、スーツと一緒に購入してもいいですし、コートのみを買うときは、スーツを着ていってその上に試着してみましょう。

コートの丈はスーツのジャケットよりも長いほうがいいですし、後はスーツとの色の兼ね合いやサイズ、着心地なども試着してよく確かめて購入したいですね。

コートの色は男性でも女性でも、黒やネイビー、カーキー、ブラウン、グレー、ベージュなどの色が就活に合っています。

男性は黒系のコート、女性は黒系もいいですが明るいベージュやそれに近い色がおすすめです。

基本的にコートの表側は無地で、裏側は表と色違いだったりストライプなどの線が入っていても大丈夫です。

ボタンはシングルでもダブルでもどちらでもOKですし、素材はウールやカシミア、ポリエステルやアクリルなど何でも大丈夫です。

購入するときにどれがいいかわからないときは、店員に聞いてみましょう。

「就職活動用のコートを探しているのですが・・・」といえば、店員の方もそれにあったコートをすすめてくれます。

購入するときの予算としては、だいたい3~5万円かそれ以上の金額を用意しておけば買えます。

1~2万円ぐらいの安いコートを探しているときは、西友やイオンやイトーヨーカドーなどに行けば売っています。

安くても就活用として十分使えますよ。

東京の冬の寒さだったら、スタンドカラーコートかステンカラーコート、トレンチコート、Pコートなどでだいたい間に合うと思います。

でも雪が多く降る本当に寒い地域に行くと、薄手のコートなんていっていられませんよね。

北海道や東北などの雪の降る寒い地域での就活なら、ダウンコートなど厚手の防寒着を着ていくことをおすすめします。

寒い時期は、風邪のひかないような格好をしていきましょう。

コートは社内では脱いで持っていくのですから、「どんなコートを着てきたのか?」まで面接官も気にすることはないと思います。

女性の防寒対策

女性の場合はパンツかスカートにするかで迷いますよね。

寒いときはガマンしないで、パンツスーツのほうがいいと思います。

「面接ではスカートの方がウケが良い」といいますが、今はそれほどパンツかスカートで差が出ることはありません。

スカートをはくときは、肌色のストッキングが無難かと思います。

ただストッキングだと寒いので、中には面接会場の手前までスカートにタイツ姿で行って、近くのトイレでストッキングに履き替えるという方もいました。

後はストッキングを2枚重ねにしている方もいましたが、寒かったらそれでもいいと思います。

この寒い時期は服装の調整も何かと大変ですが、体調をくずして就活ができなくなってしまったり、本番で力を発揮できなくなるのはくやしいですよね。

防寒対策をなるべくして、風をひかないように気をつけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。