就活で使えるおすすめのリクルートバッグは?

スーツを売っているお店に行くと「リクルートバッグ」と称して、就職活動用のバッグやカバンが売られています。

「リクルート用」といいますが、基本的には一般の会社員が使うバッグと変わりはありません。

リクルートスーツと同じくバッグも、基本的には会社員用のベーシックな色やデザインであれば、就活で十分使えます。

リクルートバッグの色やデザインの選び方

リクルートバッグというと男性用も女性用も、

・A4サイズの用紙が入る大きさ

・だいたい四角く平べったいかたち

・色は黒か茶色、グレーなど

・床に置くと自立する

という特徴があります。

基本は履歴書やエントリーシートなどの書類などを入れるためのバッグなので、それ用のバッグを用意しましょう。

レディース用の場合は男性用に比べて、取っ手の部分がやや長くなっています。

でも最近は男女兼用のバッグも売っていますし、女性がメンズ用のビジネスバッグを使っていても何も問題はありません。

バッグの中は携帯電話やスマホや書類、筆記用具などが入れやすいように、ポケットがたくさんついています。

リクルートバッグの色は基本的に黒です。

そのほか茶色やベージュ、ダーク系の色のバッグでもいいですが、それ以外の赤や黄色などの派手な色はやめておきましょう。

バッグの色やかたちで目立っても、就活では何ひとついいことはありません。

おしゃれよりも機能性を重視

素材も「合皮や革」のものや「ポリエステル・ナイロン」などありますし、外見も縫い目が見える・見えないものや金具の多い・少ないものなどのいろいろな種類がありますが。

でも、それほど派手なものでなければ就職活動で使えます。

就職活動のときは何かと移動が多くなるので、バッグを選ぶときは自分で手に持ってみて、できるだけ軽量のバッグを選ぶことをおすすめします。

バッグだけで重たく感じると、そこに荷物を入れたときも余計に重くなりますからね。

財布や携帯電話を入れただけでも、それなりに重さを感じるようになります。

またバッグにキーホルダーや小物のぬいぐるみなどの、過度の装飾品をつけるのはさけましょう。

何かつけるのだったら就職活動が終わってからにして、就活時はよけいなものはバッグにつけないほうがいいですね。

それと面接のときはイスに座って、バッグは床に置いたりすることもありますので、床に置いたときにバッグ立つような形のものがいいでしょう。

肩掛け用のバッグもありますが、ビジネス用のバッグだったら問題ありません。

手荒く使うこともあるかもしれないので、汚れたり傷がついたりしても気にならない、それ相応のものがいいと思います。

リクルートバッグは「就活で使う」という目的がありますので、おしゃれよりも機能性を重視して選んでみましょう。

バッグやカバンはどこで買う?

就活用のバッグはいろんなところに売っています。

スーツが売っている「AOKI」や「洋服の青山」「コナカ」「はるやま」などにもリクルートバッグは売っていますし、「ユニクロ」「無印良品」「しまむら」「ドンキホーテ」「東急ハンズ」などにも売っています。

「イオン」や「西友」「イトーヨーカドー」でも格安のバッグが売っています。

安いとちょっと気に入るデザインも少ないですが、それでも十分就活で使えます。

ちなみに私はヨドバシカメラで、5000円ぐらいのバッグを買ってそれを就活で使っていました。

スーツ量販店のバッグは1万円とかそれなりに値段も高いです。

ちょっと高いと思ったら、それに似た色やかたちのものを、ほかの安い店で買っても大丈夫です。

面接官も応募者の持っているバッグやカバンには注目しませんし、「リクルートバッグ」に似たものならそれで通用します。

ネットや通販で買うときは慎重に

ブランドのバッグでもいいのですが、高価なバッグを持っているからといって就活で有利にはなることはありません。

見た目やロゴなどが目立つようなブランドのバッグなら、普通の就活用バッグを用意したほうがいいでしょう。

アマゾンや楽天などのネットで、就活用のバッグを買うこともできます。

買った人の感想が読める「レビュー」もよく読んで、自分好みのバッグではなく「見た目」や「機能性」を重視して買ったほうがいいですね。

通販の場合は自分で手にとって、細かい部分まで自分で確認して買うわけではありません。

商品が届いたときに「この金具がちょっと気に入らない」とか、「バッグが重い・持ちづらい」などの不満が出てくることもあります。

返品もできると思いますが、ネットや通販で買うときは慎重に選びましょう。

男性(メンズ)用のリクルートバッグ

アマゾンで人気のある男性向けの就職活動用のバッグは、

女性(レディース)用のリクルートバッグ

アマゾンで人気のある女性向けの就職活動用のバッグは、

リュックサックはNG

就職活動用のバッグやカバンは、それなりのかたちや色が決まっています。

それを大きくはずれてしまうと、面接官から「それで来たの?」と変な目でみられてしまいます。

「最近はスーツの上にリュックサックを背負っている人もいるから」という理由で、真似をしてリュックサックで面接に行くのはやめましょう。

リュックサックは身軽に動けるし両手もあくので通勤でも使っている人もいますが、やはりまだ就職活動ではふさわしくないです。

無理に持ち物で個性を出しても、結局面接官は無難な人を採用するものなので、服装や持ち物は周りに合わせるのが一番いいのです。

リュックサックで面接に行って内定をもらえる人もいるかもしれませんが、それはたまたま運がよかっただけです。

身だしなみや持ち物に気にかける面接官も中にはいますので、変にリスクは負わないほうがいいでしょう。

また100円ショップに売っている、プラスチックのカバンみたいなものもありますが、それも見た目が変わっているのでやめておきましょう。

時には手ぶらで来るつわものもいる

また説明会や面接に手ぶらで来る方もいるかもしれません。

筆記用具やスマホ・財布などはスーツのポケットに入れて「手には何も持ちたくない!」というポリシー(?)の方もいます。

本人は気楽でいいかもしれませんが、両手に何も持たない手ぶらの人を見ると、なんとなく違和感を感じます。

それに会社説明会ではいろんな資料が配られることがありますし、それを持って帰らないといけません。

面接のときはスーツのポケットにいろんな物が入っていてふくらんでいるのも、見た目にあまりいいものではありません。

自分で必要がないと思っても、かたちだけでも、バッグやカバンは持っていったほうがいいでしょう。

説明会や面接に行くときの持ち物

会社説明会や面接のときに、カバンやバッグに入れていくものは、

・ボールペン、シャーペン(鉛筆)、消しゴムなどの筆記用具

・手帳やノートなどのメモ帳

・携帯電話

・財布

・会社に提出した履歴書かエントリーシートのコピー

・ハンカチ、テイッシュ

あとは自分の必要なものぐらいでしょうか。

説明会や面接でも、「○○を持ってきてください」と会社から指定がなければ、上に書いたもの以外は、特に必要なものはありません。

「履歴書を持参してください」と指示があったら、提出用の履歴書を書いて持っていく必要はあります。

でも一度、郵送などして提出したら、二度も提出するように言われることはありません。

ただ、会社に郵送した履歴書やエントリーシートなどのコピーは持って行って、面接の直前に見直すようにしましょう。

自分で書いたことでも忘れてしまうこともありますので、読み返せるように、郵送する前にコンビニなどでコピーはとっておきたいですね。

会社説明会では、最後にアンケートを書いたりすることもありますので、筆記用具は持っていきましょう。

あとは雨の日は、スーツがぬれることもありますので、傘と一緒に水気をふき取るハンカチや、靴をかるく拭くウェットティッシュなどがあると便利です。

面接のときのバッグ(カバン)の置き方

面接室に入って、面接官に頭を下げて一礼するときは、バッグ(カバン)は片手に持っている状態のほうがいいでしょう。

ショルダーバッグを肩から下げていたり、腕にバッグをかけている女性の方がいますが、面接室に入ってきたときからは、片手でバッグを持っている状態のほうがいいです。

また面接官の方から「バッグやコートは、こちらに置いてください」などの指示があると思います。

そうしたら、その場所に持ち物を置いておきましょう。

そのような指示がなかったら、バッグやカバンは、着席するイスの横の床の上に置くようになります。

自分が座るイスの前まで来たら、バッグは片手で持ったまま、面接官にあいさつをします。

そのあと「どうぞ座ってください」と面接官からうながされたら、イスに座って、バッグはイスの横の床面におきます。

そのためリクルートバッグは、床の上でも立つようなタイプのものがいいですね。

バッグを置く位置は、右でも左でもかまいません。

横に置く場所がなかったら、自分の足元あたりに置いてもいいでしょう。

そして面接が終了して、面接官に「ありがとうございました」と一礼してから、イスの横に置いてあるバッグを持って退出します。

会社によってやり方が違ってくる場合もありますが、その場にあわせて臨機応変に対応しましょう。

就活終了後のリクルートバッグの使い道

リクルート用のバッグやカバンも、就活が終わってしまうと使わなくなる方もいます。

社会人になってからもリクルートバッグは通勤に使えるのですが、新しく自分好みのバッグを買ってそっちを通勤で使うようになったり。

あるいは仕事によっては使いづらくて、仕事に合ったバッグを新しく買って、就活バッグは使わなくなったという方もいるでしょう。

就職後はリクルートバッグを捨ててしまったり、ほかの人にあげてしまうかもしれません。

でもリクルートバッグを持っていると便利なときもあります。

特に転職活動をするとなったら、もう一度リクルートバッグを使うようになるかもしれません。

そんなときのために、今は使うことはなくても、この先使う可能性もないわけではないのです。

その日まで新聞紙などをバッグの中に詰めて型崩れしないようにキープして、ほこりがかぶらないように保管しておいたほうがいいですね。

必要になったときにまたお金を出してリクルート用バッグを買えばいいのですが、せっかく買ったものですから、家に保管しておくことをおすすめします。

就職活動では、自分の不安や心配事を一つでも失くす事も重要です。

「就活にこのバッグやカバンで大丈夫?」と不安になったときは、安いものでいいので定番のリクルートバッグを新しく買うことをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。