アルバイトを辞めるときに怖くて退職を言い出せないときは?

アルバイトやパートしながら就職活動をしていて、就職先が決まったけど、アルバイト先の店長や責任者になんて言おうか迷っているとき。

基本的には、本人が現場の責任者に「辞めさせてください」といえば、仕事をやめることはできます。

ただその前に、職場の就業規則などはよく読んでおいて、しっかり期間内にやめることができるのかどうか調べておきたいですね。

アルバイトやパート先にも就業規則は置いてありますし、ない場合は職場の人に聞いてみましょう。

退職の1ヶ月前には申し出る

ちゃんとした職場なら、変に引き止めたりしないで、退職を申し出てからだいたい1ヶ月ぐらいでやめることができます。

アルバイトだったら職場の責任者の判断で、退職を申し出てから2週間ほどで退職できることもあるでしょう。

ただ仕事の引継ぎや後任の人を入れるために、辞めることを告げてからも、ある程度の間は働くようになります。

「仕事を辞めます」といったあとは、職場での居心地がちょっと悪いかもしれませんが、そこはガマンするしかないですね。

でも中には「この忙しいときに辞められたら困るんだよ!」とか言われたり、あからさまに「辞めさせられない」と言われたり。

「もうちょっと仕事をやってくれないかな・・・」となだめすかして機嫌を取ろうとする責任者の人もいると思います。

そう言われるとちょっと気の弱い方は、「もうちょっとやろうかな」とか「バイトやめられないんだ・・」と思って責任者の言い分に従ってしまうかもしれません。

でもそれは相手の思う壺なので、自分で言いたい事があったら、ちゃんと言った方がいいのです。

特に次の就職先が決まっているときなどは、早く言わないと次の仕事と予定がダブってしまいますよね。

言わなきゃいけないときは、意を決してズバッと言った方がいいのです。

どうしてもやめさせてくれない時は、周りの人ともよく相談をして対処しましょう。

アルバイトを辞める時の切り出すタイミング

アルバイトをやめるときの切り出すときは、ちょっと緊張しますよね。

特に長期間働いていた職場だったら愛着もあるでしょうし、良くしてくれた責任者の方だったらよけいに言い出しづらいかもしれません。

アルバイトをやめるときは、その現場の店長や責任者の方に、仕事を辞めたいことを伝えるようにしましょう。

仕事先だとほかの同僚の人も働いていて切り出しづらいので、まずは責任者の方に

「すみません、ちょっとお話したいことがあるのですが・・・」と伝えます。

それを聞いた相手も、気を利かせて誰もいないところへ移動してくれたり、あとで時間をとって話を聞いてくれるでしょう。

そこで「〇〇の理由で、大変申し訳ないのですが〇月の末で退職させてもらえないでしょうか?」と告げます。

言い方としては、そんなにむずかしいことではありません。

法律では退職を申し出てから2週間で辞められるといいますが、そのアルバイト先の決まりもありますので、退職希望日の1ヶ月前には告げるようにしたいですね。

またバイト先によっては「退職願」を出すように言われるところもありますし、「退職願」はいらないというところもあります。

まずは責任者の方に口頭で辞めることを伝えてから、「退職願」が必要だと言われたときは書くようにすればいいでしょう。

退職するときの理由

辞めることを告げたときに、責任者の方から辞める理由を聞かれると思います。

そのときは正直に、「実は就職先が決まりまして・・・」とか「仕事がつらいので辞めたい」とか「家庭の事情で」「学業を優先したい」といっても大丈夫です。

あまり正直に言いたくないときは、ほかの理由を言ってもいいと思います。

そんなにこまかく理由を追求されることはありませんし、もうその職場とも関係がなくなるので特に支障はありません。

アルバイトならすぐやめることができる?

働き出して日が浅い時に辞める人などは、電話でそのことを伝えてすぐ辞める人が多いです。

もしくは電話でも言い出しづらくてメールや手紙で辞める旨を伝えて、そのままバイト先に来なくなるという人もいるでしょうね。

それは場合によってはマナー違反になるでしょうし、電話やメールや手紙を送ってもバイトの責任者から「会って話そう」と言われるかもしれないので、本当は直接会って伝えたほうが一番いいと思います。

長期間働いている人も、やめるときだけ電話やメール、手紙を使って伝えるのはちょっと不自然なので、バイト先で直接、面と向かって責任者に言った方がいいでしょう。

働き始めてみたものの、仕事についていけないときなどは、すぐにやめることもできます。

でもある程度仕事に慣れてきて戦力になってきたら、すぐにやめるということはできません。

何も言わずにばっくれてしまう人もいますが、それだとアルバイト先にも迷惑がかかってしまいますので、辞めるときは手順をふまえて退職するようにしましょう。

契約期間中に辞めることはできる?

またパート・アルバイトでも「契約期間」を定めているところがあります。

入社するときや契約期間が過ぎるときに、雇用契約の用紙に更新をサインすることがあります。

本当は契約期間終了とともに、退職できればいいのですが、就活していればそううまくはいかないですよね。

基本的には、契約期間の途中でも退職することはできます。

契約期間に法的な拘束力はありませんし、本人が辞めたいと思ったらいつでも仕事を辞められる権利は保障されています。

「まだ契約期間内だから」といって辞めさせてくれないのはおかしいですし、それを理由に損害賠償をおこされることもありません。

でもそこは職場の責任者との話し合いになって、双方の合意があって退職ということになります。

辞めるときは余裕を持って、もめることなく退職できるようにしたいですね。

やめるときは菓子折りなどを持っていったほうがいい?

アルバイトに限らず退職して職場を離れるときは、職場の同僚にお菓子などを買っておいていく方もいます。

デパートの地下にあるお土産品店で買った詰め合わせのお菓子などを、職場の人数分だけ購入します。

チョコレートやお菓子などでもいいですし、食べ物以外のプレゼントでもいいと思います。

そして最後の出勤日や、仕事場の制服を返しに来るときなどに、バイトの責任者に渡すなどすればいいですよね。

渡す人がいない時は、職場の人がよく集まる机の上などに菓子折りを置いて、その上に便箋に書いたメッセージ添えておいてもいいですね。

ただこれは必ずしなければいけないということではないので、無理に菓子折りやほかの何かを置いていかなくてもいいのです。

そんなことはしないで辞めていく人も多いですし、何もしなかったからといって、職場の人からとやかく言われることもありません。

バイト先をやめてしまえば、一緒に働いていた人と会うこともなくなりますよね。

そこは本人の気持ち次第です。

職場に仲のいい人もいて、これまでお世話になった感謝の気持ちがあったら、去り際にお礼の品を置いていってもいいと思います。

就職活動をして内定先が決まったら

就職活動をして内定先が決まったら、それまで勤めていたアルバイトをやめることになると思います。

それで退職したいことを告げたら、アルバイト先の責任者から「もうちょっとだけ仕事してくれない?」とか「今、アナタがいなくなると仕事がまわらなくなる」とか言われて引き止められることもあります。

そんな風に、人から必要とされると「もうちょっといようかな」と気持ちが揺らぎますし、反対にちょっと脅し気味で言われると、それ以上自分から言えなくなるときもありますし、

また、ずっと勤めていた職場だけあって同情の念もあって、協力しようかと考えてもしまいますが・・・

そんな甘いことは考えないで、自分の将来を考えたら、職場のことよりも自分のことを優先しましょう。

人からの頼みごともキッパリ断れるかどうか

正社員でもアルバイトでも、自分が退職していなくなって人が足りなくなったときは・・・

ほかの誰かがその穴を必ず埋めてくれます。

それは自分が心配することではなく、現場の上司が責任を持ってやってくれることなので、心配する必要はありません。

人から頼りにされたらことわりづらいかもしれませんが、これから先の自分のやることが決まっていたら、頼まれごとはキッパリとことわることも大切です。

それが原因で、将来につながる大切なチャンスを逃してしまったら、それは引き止めた相手の責任ではなく、残ることを決断した自分の責任です。

会社側にも退職してもらいたくない事情はあるけれど、自分にも会社を辞めようと思う事情はあります。

そのどちらを優先するかですね。

仕事を辞めれば、一緒に働いていた責任者や仲間に迷惑をかけるかもしれませんが、そこは残った人が、辞めた人の仕事を引き継いでやってくれることでしょう。

責任感が強い方だと、仕事を辞めることへの罪悪感もあるかもしれませんが・・・

自分がアルバイトをやめて、1ヵ月後ぐらいにバイト先の様子をこっそり見に行ってみれば、自分の仕事は誰かが代わりにやってくれています。

ある意味、アルバイトは誰にでもできる仕事なんです。

その代わりは誰にでもできるため、人の抜けた穴の補充もそんなに大変ではありません。

仕事を辞めるからといって、職場の人から恨みを買うようなこともないですし、「辞める」といった人間を引き止めても意味はないので、あっさり受け入れてくれるでしょう。

アルバイト先に就職したほうがラク?

「就職活動をするのがめんどくさいし、疲れるだけなので、このままアルバイト先に就職したい」

といって、そのままアルバイト先に就職してしまう人もいます。

本人が納得すれば、それも別に悪くはないんですけどね。

バイト先での普段の仕事ぶりを評価されて「就活しているのなら、ウチの会社に就職しない?」とバイト先の責任者に言われたら、ちょっと迷いますよね。

これまでずっと仕事をしてきて、慣れている現場なら、悪い話ではないですよね。

気持ちが揺らぐかもしれませんが、就職活動をすることにも利点はあります。

それは「いろんな企業を見てまわれる」という点です。

世の中にはどんな仕事があって、どんな条件で働けるのか?

新卒採用の時期や、中途採用を受けてみようと思ったときこそ、いろんな企業を訪ねてみて、見比べてみて、自分の気に入った企業を見つけることも、勉強になります。

はたらき始めて仕事が安定してしまうと、なかなかそういうことはできません。

アルバイトと正社員の仕事内容は違う

それにアルバイトと正社員では、仕事の内容も受け持つ責任も変わってきます。

アルバイトは、決められたシフトの中で、決められた仕事をすればいいのですが、正社員になると、そうはいきません。

受け持つ仕事の範囲も広くなりますし、責任ある仕事を任されたり、時には残業することもあります。

「バイト先の仕事は楽勝だったから・・・」

と言う感想は、あくまでバイトとしての立場での感想で、正社員となるとまったく違ってきます。

バイト先の責任者にすすめられて正社員になったものの、やってみたら仕事がきつくて、バイト感覚でやっていたら後悔することもあります。

そうならないように、ほかの企業とよく比較してみてもいいのではないでしょうか。

就職活動の時は、せっかくのチャンスでもありますから、ほかにも視野を広げてみてもいいと思いますよ。

自分の将来は誰も面倒を見てくれない

仕事を辞めようと思ったけど、アルバイト先の責任者に引き止められて、仕事を続けるという選択肢もあります。

そのままアルバイトを続けることになって、何年も仕事を続けて年をかさねていったときに、責任者はベテランの人がいてくれて助かるでしょうけど、自分自身はそれでいいのでしょうか?

本当はもっと若い時期に就職活動をはじめていれば、未経験でも雇ってくれる会社もあったのに、そのチャンスも年齢が上がるごとに、見えないうちになくなっていきます。

自分の将来は、ほかの誰かが面倒を見てくれるわけでもなく、責任を取ってくれるわけでもありません。

自分自身で決断していくしかないのです。

仕事を辞めることを決断したり、慣れた仕事を離れるのはつらいかもしれません。

辞めることを言い出すのが怖くて、そのままアルバイトを続けてしまう人もいますが、もう区切りをつけようと思ったら、自分の意志をしっかりと責任者に伝えましょう。

自分の将来をまず第一に考えて、決断して行動できるようにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。