転職することがクセになってしまった結果

いろんな仕事をしてみたい?

私の知り合いに、いろんな仕事を経験したくて、大学卒業から30歳ぐらいまで仕事を次から次へと変えていった人がいました。

大学を出て新卒で大手の会社に入りましたが、そこの仕事は向いてないといって2年ほど勤めて退社。

その後の就活中にファミレスや日雇いでアルバイトして、そのあと営業の仕事や配送業の仕事にも就いていましたが、

30歳のときにIT関連の仕事について、現在はその仕事をずっと続けています。

そのほかにもいろいろな仕事をやっていたそうですが、たまに会って飲みに行くたびに仕事が変わっていて「大丈夫なの?」と心配したほどです。

今はIT関連の会社に就職して、役職にもついて、その後は転職もしないでずっと今の仕事をしていますが・・・

本人もやりたい仕事を探しているといいながら、「転職する癖」がついていたと言っていましたし、30歳で運よく働きやすい会社に入れてよかったと振り返っていました。

転職ばかりしていた20代を振りかえってみて、本人が言うには「いろんな仕事を経験できて楽しかった」そうです。

なかなかできることではないですし、いろいろ経験できて、それはそれで楽しいのかなと、酒の席で聞いていました。

私は仕事をコロコロ変えるのは、20代半ばぐらいまでだなと割り切っていて、

それ以上はひとつの仕事を続けたほうが「経験が積める」と思って、転職するにもあまり関連のない業種には行かないように決めていました。

特に、前職とはまったく関係のない異業種に転職すると、これまでの仕事の経験も人間関係も、ほとんどゼロからのスタートになるのがつらいところですよね。

それを思うと、なかなか転職も踏ん切りがつかないところでしょう。

転職する回数が多いとクセになる

仕事をしていれば、仕事の内容や人間関係がつらくて、だんだんストレスもたまってくることもあります。

それがたまりにたまってはち切れそうなとき、いざ「会社を辞める!」と自分の中で決めてしまうと“解放感”にあふれて止まらなくなり、それがクセになってしまうこともあります。

でもお金がないと生活ができないので、また仕事を探して就職してみたけど、仕事がきついのでまたやめる。

何度も退職をくり返すと、一線を飛び越えるハードルがどんどん低くなって、辞めることに躊躇したり迷いがなくなってくるのですね。

仕事を続けるにはガマンや忍耐力も必要ですが、辞めグセがついてしまうと、そうした耐える力が衰えてきてしまうのでしょう。

転職をくり返していくと、短い職歴ばかりが多くなってしまいます。

そうなると面接に行っても、「この人はすぐにやめてしまいそう」と思われて、なかなか雇ってもらえなくなってしまうのです。

そのうち年齢が上がっていくと、条件のいい会社には就職できなくなってしまって、給料が安くてあまり条件のよくない求人すら応募できなくなってしまいます。

そうならないためにも、どこかで転職するクセをなおして、腰をすえて仕事をしないといけません。

旦那や彼氏に転職癖がある場合

独身だったら、転職も自分で簡単に決めることができると思いますが。

家庭を持っていて子供もいる場合、収入を支えている大黒柱の夫に転職癖があると、ちょっと困りますよね。

けっこうそれで悩んでいる方も多いようです。

結婚して子供ができたばかりなのに、夫が突然「転職したい」とか言い出したり、相談もなしに勝手に退職してしまって、収入が大きく減ったり途絶えてしまったり。

それでも夫が自分に合う職場を見つけられて、そこで気持ちよく働けて、仕事の能力や給料が上がるんならいいのでは?と思えたら話は別ですが。

そんな夫といる妻のほうも不安になりますし、安定してお金を稼いでくれないようだったら、離婚まで考える人もいるでしょう。

また付き合っている彼氏と結婚を考えていたけど、転職ばかりくり返しているので、将来が不安で結婚できないという人もいるでしょう。

仕事が続かない人は、結婚をしても子供が生まれてお金に困っても、踏ん張ってくれないこともありますから、その辺の見極めもしないといけませんね。

転職癖は治る?

転職癖が治るかどうかは、その人性格もありますし、どうなるかわかりません。

もうそういう「病気」なんだという感じの人もいますが、おそらく仕事に対しての認識が違うのだと思います。

転職をくり返す人は、「自分には転職癖などない」と思い込んでいるか、思っていてもそうした事実をなかなか受け入れられない人だと思うのです。

本人は「俺はもっとできる人間だ」と心の中で思っているかもしれません。

自己評価が高くて、冷静に自分を見つめることができないのでしょう。

でも元楽天の野村監督の言葉にあるように、「他人が下した評価こそ正しい」と考えることができないと、この先は厳しくなります。

ですので「就職したんだから、多少つらくてもガマンして長く勤めてね」とアドバイスを送ったり、対策を考えても本人の自覚がないだけに、また同じことをくり返してしまったり。

そうなると本人だけでなくまわりにいる人も、けっこうきついですよね。

もちろん自分でしっかりと転職癖があることを自覚をしていても、意志の弱さからすぐに仕事をやめてしまう人もいると思います。

そういう人のほうがまだ対策ができて、仕事も時間が経てば慣れていくものですから、

「半年、1年は辞めずにがんばる」という区切りの目標を持ってやれば克服できるようになるのかもしれません。

どのみち仕事をする本人が、危機感を持って仕事に取り組まない限りは、同じことをくり返してしまうのだと思います。

自分にとってプラスになる転職を

転職することは、悪いことではありません。

中にはいろんな会社から引く手あまたで、何回も転職をしてスキルや年収をアップさせている人もいます。

そうなりたいところですが、「もう仕事をしたくない」とか後ろ向きの理由で転職をくり返していると、どんどん自分の首を絞めていく結果になってしまいます。

そうならないためにも、どこかで自分の気持を引き締めて、多少はつらくても耐えて仕事をしていけるようになりたいところです。

ほかの人みんな苦しさを乗り越えて仕事を続けているのですから、どこかで気を紛らわせる方法を工夫して、短期で辞めてしまうクセはつけないようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク