面接官への逆質問が思いつかないときの最後の手段

「最後に何か質問はありますか?」と聞かれたとき

就職活動の面接も終わりに近づいてきて、面接官が「最後に何か質問はありますか?」と聞いてくることがあります。

そのときにどう答えようか、迷いますよね。

何か聞きたいことがあればいいのですが、何も聞きたいことがないときは「特にありません」で、あっさり終わらせていいのか迷います。

何か質問をして、意欲があるところを面接官に見せて、印象に残るようにして終わりたいと思っている方もいるでしょう。

しかし質問をしたからといって、「熱意がある」と見られるわけではありません。

質問内容にもセンスが問われますし、あまり関係ないことを質問してただ面接時間を長引かせただけでは、何も得るものはないと思います。

個人的には、最後に何も質問をすることがなければ、「質問はありません」でいいと思います。

最後の逆質問で気合を入れて挽回しようとか、ポイントを稼ごうとか、そういうことであせらなくても大丈夫です。

結局、面接は総合で合否が決まります。

面接の最初から最後まで、気を抜かずにしっかりアピールできていれば、最後で無理に「一押し」しなくても、結果はついてくると思います。

何を質問したらいいのか?

それでも最後に「質問はありません」で締めくくるのは、ちょっと不安というときは。

これまでの会社説明会や面接を通して、疑問に思ったことや分からなかった事を質問するのがベストです。

面接の最中に面接官の話をよく聞いて、質問のポイントを自分で考えておいてもいいですね。

質問の数は、複数あってもいいですが、ひとつでもいいと思いますよ。

質問の内容として、給与や福利厚生や、残業時間などを聞いてくる方もいます。

それも聞いておきたいことなのでしょうが、それはまた面接官からその説明があったときに聞いたほうがいいでしょう。

面接のときにそうした説明がなければ、内定をもらったあとに質問したほうが、雰囲気としても聞きやすいと思います。

良い質問が思いつかない時も・・・

また自分の「意気込み」を語ってくる方もいます。

「内定を頂きましたら、御社で一生懸命に頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします」など、

最後の質問でアピールしたいのでしょうが、質問を受け付けているときには、ちょっと的外れな感じもします。

それと面接官に「夢や目標は何ですか?」とか「貴方にとって仕事とは何ですか?」と質問する人もいます。

その質問は、ちょっと漠然すぎて返答しづらいですね。

「この仕事をしていて嬉しかったこと、やりがいは何ですか?」と聞いてくる方もいます。

働いている人の感想を聞きたいのでしょうが、それがアピールにつながるかどうかは、面接官次第となります。

そのぐらいならいいですが、あまりに突っ込みすぎて答えるのがめんどくさいような質問だと、言葉にしなくても内心では嫌がっているかもしれません。

定番の質問の「もし御社から内定を頂けたら、入社までに勉強しておくことは何かありますか?」は、悪くないと思います。

でもそういう質問をする方も他にいますので、好印象につながるのかどうかはわかりません。

質問の内容にも、気を配ったほうがいいですね。

面接官によって質問するかどうか決める

「最後に何か質問してくれたほうが意欲的に感じる」という面接官もいますし、反対に、

「最後に質問ありますか?」は終わりの決まり文句みたいなもので、質問がなければ、はやく面接の終わらせたいという面接官もいます。

この質問はそのときの面接官によって、どうとらえるのか分かれてくるでしょう。

それが面接中にわかるといいのですけどね。

気さくにいろんな話をしてくる面接官だったら、質問内容にもそれほど難しく考えずに、ありきたりな質問を何個もできると思いますが、

逆に「ピーン」と緊張感が張り詰めるような面接の雰囲気だと、質問にも気を使いますよね。

私が面接したときは、「最後の質問をしたほうが評価が上がるのでしょうか?」と、ど直球で質問をしてきた方もいました。

「特に評価が上がることはありませんが、何か質問がありましたらどうぞ」

と答えましたが、ほかの会社でも返答はそんな感じになると思います。

ちょっと遠慮してもらいたい質問

また「どうしたら御社から内定をいただけますか?」という質問は、答えを聞いているようなものですし、答えようもないですからやめておきましょう。

「今日の私の印象はどうでしたか?」も、どう答えていいか返答に困りますね。

そこらへんは、マナーとしてちょっと遠慮してもらいたい質問です。

そのときの場面によっておすすめの例として、

「今は特に質問はありませんが、後日また不明な点が出て来ましたら、改めて質問させていただいてもよろしいでしょうか」でもいいですね。

または「最後にもう一度確認させていただきたいんですが・・・」といって、面接で説明してもらったことを再確認する質問もOKです。

そこからまた会話が続くこともありますよね。

質問に答えてもらった後は

面接の最後に、「何か質問はありますか?」と面接官から聞かれて、何か質問をして、

面接官がその質問に答え終わったときに、何も言わない方もけっこういます。

ただうなずくだけとか、「わかりました」というぐらいの人もいますが・・・

相手に答えてもらったら、最後はお礼のひと言で締めくくったほうが、印象もよくなります。

「わかりました。ありがとうございました」でいいので、最後はひと言お礼を添えておきましょう。

ただうなずくだけの反応とかだと、「私の回答がどこかおかしかったかな・・」と不安になってしまうこともあります。

質問に答えた方も不安になることもありますので、答えの内容を理解したことと、答えてもらったお礼を述べて、会話が終わったほうが自然かと思います。

面接のときだけでなく、会社説明会やその他の場面でも、会社の人に何かものをたずねたら、最後は「ありがとうございました」の終わり方ほうが、ポイントも高いですよね。

私も昔、人にものをたずねた後に、何もお礼を言わなかったことがあって、人から注意されたことがありました。

ちょっとしたことですけど、お礼をひと言添えると添えないとでは、また相手への自分の印象も変わってきます。

最後のお礼は、忘れずにしておきたいですね。

「最後に質問はありますか?」に対しては、質問するかしないか?もしくは、質問内容も含めてどれがベストなのか、その面接のときによって違ってきます。

でもあまり気にしないで、質問がないときは「特にありません」でもいいと思います。

面接全体を通して、自分の言いたいことがいえて、聞きたいことも聞けたら、最後の質問にあまりこだわらなくても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。