留年すると就活にどんな影響があるのか?

留年後の就活は厳しくなる?

何らかの理由で留年して、卒業しないでそのまま学校に在籍し続けて、次の年の就職活動でがんばろうと考えている方もいらっしゃいます。

大学や短大を留年する理由もそれぞれあると思います。

病気や怪我で入院したとか、家庭の事情で休学して、留年してしまった方もいるでしょうし。

単位不足や卒論の未提出や、その他の卒業の条件が満たせなくて、卒業できなくて留年してしまったり。

または就職活動がうまくいかなくて、学校に残って来年がんばりたいという方もいるでしょう。

でも基本的に、留年してしまうと就職活動が厳しくなってしまいます。

就活の先送りは、新卒や経験者と戦う「職歴のない既卒」には、かなり厳しい状況になると思います。

会社側としては、病気や怪我とか家庭の事情や、内定取り消しになったなどの理由がある方は考慮できると思いますが、単位不足などで留年となると見方も厳しく不利になります。

「単位不足=勉強していない」というイメージが強いからなのですね。

「なぜ留年したのか?」は面接で必ず聞かれます

「留年した理由」は、面接で必ず聞かれると思ったほうがいいでしょう。

理由を聞いてこない会社もあるかもしれませんが、前もって理由はしっかり考えておいたほうが対応もしやすいです。

その場の思いつきで答える方もいますが、「なぜ留年したのか?」という質問は、それなりに重みのある質問だと思ったほうがいいでしょう。

その答え次第では、選考にどう影響してくるのかわからないからです。

特に自分に不利になるような質問に答えるときは、そこが重要なポイントだと思って作戦を考えておかないといけません。

また自分にとって不利になる材料を、隠そうとしたりごまかそうとする方もいます。

でもそうしたことは、相手に見透かされてしまうと、決定的に不利になります。

留年したことは事実ですから、そこは面接で聞かれないときでも、自分から相手に告げて理由も説明するぐらいのほうがいいでしょう。

結局どこかでわかってしまうことですから。

そして理由もまた、もっともらしい理由を挙げると、胡散臭く聞こえてしまうこともあります。

へたに言い訳じみた嘘をつくよりも、正直に話してしまったほうがいいです。

留年した理由

単位が足りなくて留年したときは、

「○○に熱中してしまい、単位が足りずに留年してしまいました。今は気持ちをあらためてしっかり講義に出席しております」

など。

「自分の考えが甘かった」とか「就活に本気になれなかった」でもいいですが、最後はフォローするかたちで、言い方に工夫して、理由の説明を終えたほうがいいですね。

また、就活を理由に留年したときは、

「昨年はいくつかの志望先を決めて応募したのですが、ご縁がなく、よくよく考えた結果、もう一度自分を見つめ直す時間をつくり、今年また再チャレンジしています。」

でもいいでしょう。

留年した理由も変にごまかさないほうが、話のつじつまも合いますし、相手に通じますよ。

また一度落ちた同じ企業を、留年して次の年にもう一度受ける方もいますが、条件としては何も変わっていないだけに、同じ結果になると思います。

会社も一度出した結果をくつがえさないですし、どこかの会社に就職して経験を磨かない以上は、何度応募しても結果は変わらないでしょう。

留年したときの就活対策

留年したことを何らかの形でカバーしようとする方もいますが、そんなに簡単なことではありません。

1年ぐらい就活を先伸ばしにしても期間が短いですし、その間に数ヶ月で取れるような資格や検定を取っても、ほとんど意味がないと思います。

資格を取るなどは、新卒でも転職者でも、考えることは同じですからね。

またボランティアや短期留学するなどして、何かプラスになるような活動をする方もいますが、それも就活にはあまり影響はしてこないでしょう。

できることといえば、在学中のときと同じく、自分がこれからやりたいと思う職種や業界に関してよく研究することです。

企業研究をもっと深めていろいろ知ることで、アピールする方法も見えてくると思います。

やることはほかの新卒の就活生と変わりませんが、それまでの就活の経験と時間があるだけに、その精度を高めて徹底的にやったほうが内定をもらえる率も高くなるでしょう。

留年後は学費を多く払うことにもなる

留年だけで評価が決まるわけではないので、ほかの面でアピールできることを考えてみましょう。

また志望先の企業も、内定をもらえそうなところにも目星をつけて、現実的な戦略を練ることもおすすめします。

留年した理由も、聞く人によって反応もさまざまだと思います。

どこの面接官にも、いい印象で受け入れられる回答というものはありません。

それだったら最初から正直に話して、ほかの面で自分のいいところを印象付けていけばいいのです。

また留年するとなると、学費の支払いも増えて大変だと思います。

仕事をしている側としては、留年したことを他人のせいにしたり、親に余計なお金の負担をかけてもなんとも思っていないような発言をする方には、いい印象は持たないでしょう。

そのへんの発言にも気をつけてくださいね。

留年がいいか就職浪人がいいか?

卒業はしないで、学費を払って留年したほうがいいか?それとも卒業して既卒として就活したほうがいいか?

留年すれば大学に籍があって、ほかの仲間と一緒に就活できる安心感がありますが、既卒だと孤独感を味わうことになるかもしれません。

そういう理由もあって、学校に在籍したいという方も多いのではないでしょうか。

既卒よりも留年のほうが、新卒の求人に応募できて有利とも思われているようですが、でも実際のところは厳しさは似たようなものです。

「留年のほうが既卒より有利」とは単純にいえないと思います。

留年すると就活も大変になるかもしれませんが、がんばってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク