転職するときは退職日と入社日が重ならないように気をつけましょう

まず「就業規則」を確認してから

アルバイトやパートをしながら、または会社に勤めながら転職活動をしていて、内定先が決まったとき。

「いつからわが社に出社できるようになりますか?」といった事を、内定先の人事担当者から聞かれると思います。

そのときに「あれ?今の勤め先はいつやめることができるんだっけ・・」と気付いてあせることもあります。

転職活動をするときは、内定をもらうことで頭がいっぱいになってしまいますが、

在職中の転職活動をするときは、「今の仕事をいつやめることができるのか?」を、前もってしっかり把握しておきましょう。

会社にはそれぞれ就業規則があります。

正社員や契約・派遣社員はもちろん、パートやアルバイトでも就業規則がありますし、それを読むことができるはずです。

就業規則が書いてある書面をもらうことができるはずですが、ないときは責任者の方に言って見せてもらうといいでしょう。

そこに「退職するときは○○日前までに責任者に申し出ること」といったことが書かれています。

会社によって退職までの期間も変わってきますが、「退職するときは1ヶ月前までに申し出ること」と就業規則に書かれていたら、それは守るようにしましょう。

会社もその間に、辞める人の代わりに新しい人を雇ったり、退職する人の仕事をほかの人に引継ぎさせたりといったことをしないといけません。

パートやアルバイトにしても、退職を申し出ればすぐにやめることができるわけではなく、上司や責任者に退職する旨を伝えてからも、しばらくはそこで働くようになります。

転職するときは計画的に

ですので「退職を申し出てから、どのくらいの期間で今の仕事をやめることができるのか?」は、就職活動するときにあらかじめ調べておきましょう。

仕事をやめるまでに1ヶ月ほどかかりそうだったら、内定をもらった会社の人事の方にそれを伝えないといけません。

おそらく内定先の会社のほうでも「○日までに入社してください」とか、入社日を指定してくると思います。

あるいは「できるだけはやく入社してください」という会社もあるかもしれません。

そこは事情を告げて話し合いをしたほうがいいでしょう。

そのときに「今の会社をいつ頃退職できて、いつ頃入社可能なのか?」がわかっていないと、内定が決まったあとも話し合いになりませんし、先方の人事の方にも迷惑をかけてしまいます。

就業規則を確認せずに、すぐにやめることができるだろうと思って、「2週間後に入社できます!」と採用してくれた会社の人事担当者に答えたものの、

そのあと在職中の会社の上司に退職を告げたら「退職は1ヵ月後ね」と言われてしまったら、予定が重複してしまいますよね。

勤めている会社をばっくれてしまうという方法もありますが、それだと会社に迷惑をかけてしまいますので、予定がかぶらないようにできるだけ計画をよく立てて、円満に退職する方法を選びましょう。

また退職したいことを告げたときに、何か理由をつけてやめることを認めてくれない会社もあるようですが、そんなときは多少強引でも自分の意見を押し通すことも必要です。

もう退職すると決めたのなら、会社の事情よりも自分の今後のことを優先して、円満退職とはいかなくても自分の意見を貫きましょう。

とりあえず内定先が決まって退職することが決まったら、一刻も早く退職することを勤め先の上司に言ったほうがいいですね。

有給休暇はすべて消化できるのか?

「退職するとなったら、残りの有給休暇はすべて使って退職したい」という方もいるでしょう。

有給休暇に関しては、労働者の権利として退職を申し出た後もすべて消化することができます。

まずは有給休暇がどのくらい残っているのか、確認しましょう。

それによって仕事の引継ぎの期間や、その後の退職日までの有給の消化などは、上司とよく話し合って決めたほうがいいですね。

次の転職先の企業への入社日が決まっていれば、それにあわせて退職する日や、自分の仕事の引き継ぎで出社する日、有給を取得する日も決まってくるでしょう。

転職先が決まっていれば、有給を完全に消化することができないかもしれませんが、そこは仕方がないですね。

有給を買い取ってくれる会社もありますが、そのへんは会社によってどう対応するか分かれてくるでしょう。

会社に退職を申し出てもやめさせてくれなかったり、有給取得に関して意見が分かれたときは、住んでいる地域の労働基準監督署に相談してみましょう。

「労働基準監督署へ相談する」となると、かなりおおごとのように思ってしまいますが、相談する段階では自分の名前を言う必要はありませんし、事情を説明すれば担当者も相談にのってくれます。

それでも仕事の引継ぎなど最低限のやるべきことをしてから、有給を取るようにしたほうが会社側も納得するでしょう。

まずは会社の就業規則の、退職するときの項目をよく読んでみてください。

そこに書かれていることを考慮しながら、転職の計画をしっかり練るようにして、なるべく円満に退職して次の職場で働けるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク