就職活動中にかかってきた電話に出られなかったときは?

企業からの電話に出られなかったときは?

就職活動をしているときは、応募した会社の採用担当者からも電話がかかってきますので、それにはしっかり対応できるようにしたいですね。

普段は非通知でかかってきた電話には出ないという方も、就活のときだけは出るようにしましょう。

会社の担当者も、会社の固定電話でかけてくることもありますし、携帯電話でかけてくることもあります。

非通知や知らない番号だったとしても、もしかしたら応募先の会社からの電話かもしれませんので、とりあえず電話に出てみましょう。

「知らない番号だから・・」といって3、4回同じ番号から電話がかかってきても出ずに、その後も折り返しの電話をしなかったときは、

会社側も「ウチへ就職する気はないのかな・・」と思ってしまうこともあります。

留守電は設定しておきましょう

何かの用事で電話に出られなかったり、電話がかかってきても気がつかないときもありますので、自分の携帯電話の留守電の設定はONにしておきましょう。

留守電を設定しておけば、電話の相手も自分の名前と会社名と、簡単な用件の内容を入れてくれますので、誰からの電話なのかわかりやすいです。

「またかけ直します」などの留守電のメッセージが残っていても、電話がかかってきたことがわかったときは、

また電話が来るのを待つより、自分から折り返しの電話をして用件を確かめたほうがいいですね。

また相手から電話がかかってきたときは、自分が電話を取れない状況になっているかもしれません。

時間が経てば電話が来たことを忘れてしまうこともありますし、自分が電話ができるときに、はやめに用件を聞いて済ませてしまったほうがいいですよね。

折り返しの電話を会社にするときは、「先ほどお電話をいただきました○○ですが、採用担当者様はいらっしゃいますでしょうか?」と切り出すといいでしょう。

採用担当者が不在のときは、「ではまたお電話をお待ちしております」と、電話に出た会社の人に伝えればいいと思います。

夜の遅い時間帯や土日や祝日で会社が休みのときは、会社の留守電に伝言を残すよりも、休み明けの朝9時ぐらいに電話をすれば十分です。

電話対応で失敗すると採用に不利になる?

会社のほうから何度も電話をかけてきたのに、それに出ることがなかったり。

電話対応で緊張してしまって、名前を名乗らなかったり、言葉づかいや敬語がおかしかったり、電話している最中に間があいてしまったり。

それで電話を切ってから「話の仕方がボロボロ・・」と、後悔することもありますよね。

でも電話の対応がそんなにうまくいかなくても、よほどのことがなければ心配しなくても大丈夫です。

会社の人も仕事中はたくさんの電話を取りますし、電話をかけてくる人の対応を一人ひとりチェックしているわけでもありません。

仮に「ちょっと電話対応がおかしい」という感想を会社の担当者に持たれたとしても、その後の面接でしっかり対応ができれば、挽回できるチャンスはあります。

面接でうまくやれば、「電話対応のときは緊張していたか、あわてていたんだな」ぐらいに思ってくれるのではないでしょうか。

電話をするときに、言いたいことや用件を忘れてしまうようなときは、メモに言いたいことを書いて、電話口でそれを読み上げればいいのです。

そうすれば失敗も少なくなりますよ。

電話に出られない時間帯があるときは?

日中は仕事をしていて、応募先からの電話に出られないようなときは、履歴書の備考欄に、そのことを書いておいてもいいですね。

例として、

「現在は仕事をしておりまして、日中は電話に出ることができません。

電話連絡がございましたら12~13時、または18時以降にお願い致します。」とか。

昼休みの時間や退社する時間も日によって変わって、決まった時間に電話に出られそうにないときは、

「現在は仕事をしておりまして、日中は電話に出ることができません。

電話連絡がございましたら、よろしければメールで承ってもよろしいでしょうか。折り返しお電話させていただきます。」

と自分の携帯電話のメールアドレスも書いておくと、連絡もとりやすくなります。

連絡のとり方や時間などを、履歴書に書き込んで知らせておいたほうが親切ですね。

携帯電話と固定電話はどちらがいい?

今はもう家にある固定電話よりも、個人がそれぞれ持っている携帯電話のほうが、就活のときはよく使われます。

携帯電話のほうがすぐに本人と連絡が取れますから、履歴書に書くときは携帯電話のほうを優先して記入しておいたほうがいいでしょう。

ただ携帯電話の場合は、落としてなくしてしまったり壊してしまったりして、連絡が取れなくなってしまうときもあります。

大事なときに限ってそうしたトラブルが起こって、あせってしまうこともあるかもしれません。

自宅の固定電話もあるときは、携帯電話といっしょに履歴書に書いておいてください。

万が一ということもありますので、連絡はしっかり取れるようにしておきたいですね。

履歴書の「方」「方呼出」の意味

話は変わりますが、履歴書の電話番号の欄には、(方)とか(方呼出)と書いてあります。

これは下宿などに住んでいて電話を持っていない人が、その家の大家さんの電話を使わせてもらっている時に使うものです。

そこの大家さんが山吉さんだったら、「山吉方呼出」と書きます。

自宅の電話番号であれば書く必要はないですよ。

就職活動のときの電話対応は、気を使うかもしれませんが、失礼な言い方でなければ選考には影響してきません。

緊張しないでリラックスしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。