面接の日程変更をしても不利にはならない?

就活のスケジュール管理はしっかりやっておきましょう

就職活動での面接の日程を決めるときは、だいたい会社の担当者から「○日の○時はいかがですか?」と指定してきます。

中には応募者の都合のつく日時にあわせて、面接の予定を立ててくれる会社もありますが、面接する担当者もほかの仕事が忙しいと、時間の融通も利かなくなってくるのですね。

会社のほうから日時を指定されると、「その日はほかの会社の面接とかぶっている」とか「どうしても面接にいけない用事がある」「アルバイトや授業と重なる」など、予定が重なってしまうこともあります。

面接の連絡をもらったときに、まずはスケジュール表はよく確認しておきたいですね。

就職・転職活動をするときに、説明会や面接などのスケジュール管理をしていない方もいますが、そこは面倒くさくてもしっかりやっておいたほうがいいです。

予定が重複していることを後で気づいたときは、どちらかの予定を変更しないといけなくなりますし。

会社に面接の予定変更の電話を入れるなど、気が重くなるようなことをやらないといけなくなります。

「他社との面接が重なってしまいまして・・・」とか、言い訳や理由としても言いづらいですよね。

そうしたことを避けるためにも、予定が重ならないようにしっかりまとめておきましょう。

当日に面接が2つあるときも、移動時間も考慮してスケジュール管理はしっかりやっておきたいですね。

なるべく会社側の日程にあわせたほうがいい

会社の人事担当者から面接の日程を指定されたけど、その日はどうしても都合がつかないというときもあります。

そんなときは正直にそのことを告げて、ほかの都合のつく日に変えてもらうようにしましょう。

面接の日をほかに変更してもらったからといって、マイナスの印象になったり、選考で不利になるようなことはありません。

でもどうしても入りたいと思う第一志望の企業なら、多少の無理をしてでも、予定は合わせたいと思うはずです。

日程を変更するときは、会社の担当者も、その理由を聞いてこないかもしれません。

でも「面接よりも優先する用事って何?」と思われてしまいますよね。

これは私の個人的な感想ですが、面接の日程の変更は1~2度ぐらいであれば大丈夫です。

しかし会社側が指定してきた日時で「○日は無理、△日も予定がつかない」となると、会社の担当者に不審に思われてしまうこともあります。

都合がつかない時は?

基本的には会社が指定してきた日にちに合わせたほうがいいですね。

また「面接の日は○日の○時で」と一度は予定を承諾したにもかかわらず、そのあとで予定が悪くなって日程を変更したいという場合もあります。

どうしても都合の悪いときは仕方がないので、会社に連絡をして面接の日を変更してもらいましょう。

面接の前日や当日に風邪などで体調が悪くなったり、家庭の事情などの私用で都合が悪くなっていけなくなったときも、会社に電話で連絡をして、面接にいけなくなったことを伝えましょう。

会社によってどういう対応をするかわかりませんが、また再度、次の面接の機会をもうけてくれるところも多いと思います。

また面接をしてもらえるのなら、合否の評価に影響はないと思います。

面接にいけなくなったときは、必ず連絡をするようにしましょう。

在職中の転職活動のときは、予定をあわせるのも大変ですが、それでも直前のキャンセルや何度も予定を変更することは、なるべくさけたいところです。

また寝坊で遅刻して面接に間に合わなかったときは、不利になってしまうことが多いですので、なるべく遅刻しないようにはやめに行動しましょう。

会社の人事担当者との連絡の取り方

面接の日程の打ち合わせなどは、基本的には電話で確認を取ったほうがいいと思います。

そのほうがはやいですし、手間もかかりません。

でも会社からメールで面接の日程を知らせてきたときは、返事はメールで返したほうがいいでしょう。

会社が指定してきた面接の日時でOKだったときのメール返信の例文としては・・・

【件名】 面接の日程について

【本文】
○○株式会社
△△部 □□様(名前がわからないときは採用担当者様)

(自分の名前)と申します。(学生だったら名前の前に学校名も入れる)
面接日時のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。
それでは○月○日△時に貴社にお伺いします。
よろしくお願いいたします。

シンプルですが、これでいいと思います。

もし、会社が指定してきた面接の日に都合がつかなかったときのメールの例文としては・・・

【件名】 面接の日程について

【本文】

○○株式会社
△△部 □□様(名前がわからないときは採用担当者様)

(自分の名前)と申します。(学生だったら名前の前に学校名も入れる)
面接日時のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、○月○日は(~の理由で)都合がつかずに、貴社にお伺いすることができません。
もし可能でしたら、面接はほかの日時に変更していただけないでしょうか。
お手数をおかけして恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

上の2つの例文は、文章を編集するなどしてコピペして使ってもらってかまいません。

コピペするときは、一度「メモ帳」にコピペして、それをまた選択してメールにコピペすると、文字を小さくできますよ。

面接の日時を変更をしてもらったお礼は、メールで送ってもいいですが、面接の当日に人事担当者に会ったときに、ひと言お礼をいえばいいと思います。

「私の都合により面接の日程を変更いただきまして、ありがとうございました」と、面接の最初の挨拶で伝えたほうが印象もよくなります。

また就活では日程が重なってくるので何を優先するのかしっかりと決めておくことも大切ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク