面接会場への到着時間は開始何分前が一番いい?

就職活動の面接では会場に何分前に着いたらいいのか?

会社の面接をすることになって、例えば「面接は13時から」と会社から指定があったときは、13時が面接の開始時間になります。

ですので、その時間ピッタリに面接会場に到着すると、もしかしたら面接官が先に部屋で待っている可能性もあります。

遅れて部屋に入ってくると印象もよくないので、面接のときはちょっと早めに面接会場に到着するようにしましょう。

面接のときはだいたい、開始時間の5~10分前に会場に入って、待っている状態がベストだと思います。

「面接開始13:00~」とか指定があったら、12:50~12:55ぐらいに面接会場に入るようにしたいですね。

面接開始の30分前とか、ちょっと早めに面接会場に来る方もいらっしゃいます。

待合室などがある会社は、そこで開始時間まで待ってもらいますが、早く到着したからといって特に面接で有利になるようなことはありません。

面接官も面接の準備がまだだったり、ほかの仕事をしていることもありますので、「あまり早く来られても・・・」と思っているかもしれません。

予定より早めに到着したときは、会社付近のコンビニとか喫茶店などで時間をつぶして、5~10分前に面接会場に行くようにしましょう。

就活の面接のときは、遅刻だけはしないようにしたいですね。

会社説明会のときは会場に何分前に着いたらいいのか?

会社説明会や就活セミナーの場合は、多くの人が集まるために、受付開始の時間を指定していると思います。

説明会・就活セミナー開始の30分前から受付が始まるのなら、その時間にあわせて早めに会場に行って待っていてもいいですし、開始時間の遅くても5分前には到着していたいですね。

人気のある会社の説明会やセミナーなら、はやく行って席を取ったほうがいい場合もあります。

また説明会が始まってから、こっそりと会場に入ってくる方もいらっしゃいます。

まだ選考が始まっていない説明会の段階なら、遅刻をしても影響はないと思います。

でも、ほかの参加者に迷惑をかけますし、へんに目立ってしまいますので、遅刻はしないほうがいいですね。

「遅刻厳禁」と書いてある会社は、特に遅れないように気をつけましょう。

はじめていく場所は道に迷うこともある

就活の面接会場がはじめていくような場所だったら、道に迷ってしまうことがけっこうあります。

それが原因で、予定の時間に間に合わずに遅刻してしまうこともありますよね。

スマホやパソコンの地図検索で、電車やバスに乗る時間を調べたり、家から面接会場までの道順を調べたりするとは思いますが・・・

自分でよくわかったと思っても、当日に道に迷って焦ってしまうことがあります。

スマホ片手に地図検索しながら行くことはできますが、そうした操作に慣れていないときは、あまり頼り切らないほうがいいでしょう。

面接会場も道が入り組んで、わかりにくい場所にあったり、会場についても建物の中が広くて、「どこで面接をやるのかわからない!」なんてこともあります。

知らない場所に訪問するときは、時間に余裕を持って行動しましょう。

特に合否を左右する面接は大事なときです。

絶対に遅刻しないように、あらかじめ自分で場所を確認したほうがいいですよ。

面接の前日に場所の下調べができればいいのですが、そうでないときは1時間ぐらい時間に余裕を持って家を出て、面接会場を探しましょう。

面接会場内がビルの中で、建物内に自由に入れるのだったら、何階のどこの部屋でやるのかもしっかり確認しておくのです。

都内のビルだと、エレベーターによって到着する階が決まっている場合もありますので。

場所が確認できたら、会場近くの喫茶店やファミレスやファストフード店で、コーヒーでも飲むか、近所を散歩したり公園で休んだりして、時間が来るまで待っていればいいのです。

そうすれば道に迷って時間に遅れることもないですよね。

日本の会社は遅刻にきびしい

日本の会社はどこでも、時間の厳守にかなりうるさいです。

たとえ1、2分の遅刻でも、面接官は「約束した時間に遅れてきた」ことに悪い印象を持つこともあります。

もし面接の時間に遅れそうなときは、面接開始前に会社に電話して遅れることを伝えるようにしましょう。

面接が始まる時間に遅れそうだと思った時点で、電話してしまったほうがいいです。

また道に迷ってしまって、どうしても面接会場にたどり着けないときは、会社に電話すれば、会社の人が近くまで迎えに来てくれるはずです。

面接の始まる時間前に、そうした連絡をすれば印象はそれほど悪くなることはありません。

でも面接が始まってから電話をしても、「対応が遅い」ということで、評価を下げてしまいます。

メールで連絡する方法もありますが、メールだと相手が読んでくれたのかどうか確認できません。

緊急のときは電話で会話をしたほうが、確実ではやいです。

それに遅刻したことを、あとからメールなどの文章で謝罪しても、おそらく効果はありません。

できればそうしたことがないように、前もって場所を確認しておきたいですね。

面接会場の場所の確認などは、めんどくさがってやらない方も多いと思いますが、多少時間を割いてもやっておきましょう。

面接に遅刻したことや、遅刻しても対応がまずかったことが致命傷になって、不採用になることもあります。

また面接の時間前にギリギリで会場についたけど、道に迷った焦りでドキドキしたまま面接を受けるのもどうかと思います。

面接前は気持ちを落ち着かせる時間も必要ですから、必ず時間に余裕を持たせたほうがいいでしょう。

就職活動の特に大事なときは、緊張感から思わぬミスをしてしまうこともありますので、焦らないように、できる限りのことはしっかりしておきたいですね。

電車やバスの遅延で遅れそうなときの電話での言い方

面接の時間は過ぎているのに、応募者は面接の会場にも来ていないし連絡もなしとなると、対応の悪さが目立ってしまいます。

遅れそうなときは気持ちがいらだって、連絡することを忘れてしまうこともありますが、そんなときも冷静に対処すれば面接官もわかってくれます。

寝坊してしまったときや、事故や渋滞、台風や雪など天候が悪くて、バスや電車の遅れて時間に間に合わないときも、わかった時点ではやめに対応したほうが印象もよくなります。

電話のかけ方の例としては、

「○○時に御社に面接の予約を入れました、○○と申します。

電車の遅延で到着が○○分ほど遅れそうです。申し訳ありませんがよろしくお願いします。」

でいいと思います。

それで面接の時間に遅れてきたとしても、その前にしっかり電話で遅れることを面接官に伝えていれば、選考で不利になることはありません。

そして遅れて面接会場に到着したときは、自分のせいではなくても、予定していた時間に遅れてしまったことを、ひと言お詫びしておきましょう。

面接したあとに、遅刻したことへの謝罪のメールや手紙はいらないですが、どうしても気になるのだったら送ってもいいと思います。

そうしたマナーをしっかりふまえていれば、遅刻したことも大きく響かずに内定をもらえるはずです。

そのほか腹痛など当日の体調不良で面接に行けそうにないときも、できれば連絡はしっかりしておきましょう。

寝坊して面接に遅刻してしまっときは?

また、「ハッ」と気づいて起きたら、もう面接の時間に間に合わない時刻だったり、もう面接がはじまっている時間になっていた・・なんてこともありますよね。

それか面接の日時を勘違いしていて、会社からかかってきた電話で「今日が○○会社の面接日?」と気がついたりとか。

そんなときはパニックになってしまって、どうしていいかわからなくなりますよね。

ほかの理由や言い訳とかでとりつくろわずに、とりあえず文句を言われることを覚悟で、お詫びをかねて面接の予定を入れた会社に電話してみましょう。

そのときは誠心誠意をつくして謝罪したほうがいいですね。

会社によってどういう対応を取るかはわかりませんが、正直に言ってきた人にはもう一度チャンスを与えてくれる会社もあると思います。

目が覚めて間に合わないと思ったときに、そのまま何も連絡なしで面接を無断欠席してしまう人も多いです。

でも正直に「寝坊しました」と伝えることも、ひとつの手ですね。

「もう間に合わないし、これはもうアウトだな」と思って、何も行動を起こさないであきらめたら、そのまま不採用となります。

まだ何もしていないのに、ちょっとしたミスでチャンスを逃してしまうのも、もったいないですよね。

面接を受けてみたら自分に合いそうな会社ということもありますので、何かミスしたときは早めに正直に伝えましょう。

誰でもドジを踏むことはあるものです。

大事なのは、そのあとにどういう行動を取るかです。

そこにその人の性格が出ますし、そのあとにどうしたかで、その後の明暗が分かれることもあります。

新卒のときでも中途採用のときでも、会社によっては遅刻をしても、面接を通過できたり採用されることもありますよ。

遅れそうになったときの連絡はお早めに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク