就活用の「靴」を購入するときに注意したい点

靴を買うときはまずためしに履いてみる

就職活動をはじめるにあたって靴を選ぶときは、みなさんどうしていますか?

人によって対応はさまざまだと思います。

適当なところで自分の感性で買ってくる方もいるでしょうし、ブランドの靴でないと許せないとこだわりを見せる方もいるでしょうし。

成人式のときに買った靴が就活でも使えないかと悩む人もいますし、靴を買うのが惜しくて人から借りて履いていき、靴づれをおこして足が傷だらけになって後悔する人もいます。

でも靴は、自分用の履きなれているものを用意したほうがいいですね。

就職活動中は靴を履いて歩いて、いくつもの会社を訪問することになります。

きつい靴やブカブカな靴よりも、自分の足にフィットしたストレスの少ない靴を選んだほうが、足の疲れもまったく違ってきます。

家に帰ってきて靴を脱いだら、足にすり傷ができていて、お風呂に入るときも傷口がしみるし、次の日もその靴を履いて外出するとなれば、ちょっとイヤになりますよね。

新しく靴を購入するときは、色やかたちなどのデザインやブランドにこだわることも多いですが、まずはお店でためしにはいてみて、歩いて感触を試してみて、「履き心地」がいいかどうかはよく確かめましょう。

特に革靴など硬い靴が履き慣れていない方は、歩いているときに靴づれをおこすことも多いですので、靴を選ぶときには注意したいですね。

就活用の靴の選び方

就活用の靴は、リクルートスーツを買うときに店員に進められて、セットで買う方も多いと思います。

そのほうがスーツの色と合わせて買うことができますよね。

ただスーツ量販店で靴を買うとなれば、値段のほうもちょっと高くなります。

スーツ量販店の「洋服の青山」の男性用の靴のサイトを見てみましょう。

いくつかのブランドの靴のサイトが用意されていますが、いろいろ見てみますと、だいたい男性用の靴は標準的な値段が1万円ぐらいです。

2万円の靴も多くそろっていて、一番安い靴でも7800円ぐらいですね。

おそらくお店で買うとなったら、店員の方も1万円台の靴をすすめてくるのではないでしょうか。

女性用のパンプスは、だいたい7~9000円あたりの値段が多いようです。

ほかのスーツ量販店の「AOKI」や「コナカ」「スーツカンパニー」などもだいたい同じぐらいの値段です。

感想としては「ちょっと高い?」と思うかもしれませんが、就活する人だけでなく社会人の方も、スーツはだいたいこうしたお店で買っています。

多くの人が利用しているだけに、そこに売っているスーツが世間一般のスタンダードになっていて、「それを履いていれば間違いはない」ということにもなります。

スーツに限らず、靴に関しても同じです。

似ているものであればOK

「でも、もうちょっと安い靴がほしい」と思ったときは、無理をしないでほかのお店で買いましょう。

会社説明会や面接のときに、面接官から「そのスーツや靴はどこで買ったの?」とか「値段は?」「どこのブランド?」なんて質問はされません。

よほど目立つ格好ならともかく、そうしたことは選考とは関係のないことですので、スーツや靴やネクタイなどは、基本的にどこで買ったっていいのです。

いってみれば、「似ているものを買っておけばいい」のです。

スーツ量販店に売っている品物や、サイトで紹介されているものは、「いい見本」になります。

そこに載っている靴と色やかたちデザインなどが似ているものだったら、新卒でも転職活動でも十分使えますし、特に評価を下げるようなことはありません。

男性用の就活用の靴で言えば、その特徴は、

・色は黒かブラウン系

・紐付き(たまに紐なしもあり)

・靴の先端があまりとがっていない

といったところを気をつけて、ほかの店で靴を買ってもいいのです。

安いことで有名な「イオンの靴のサイト」を見てみましょう。

こちらでデカデカとすすめている「ビジネスシューズ」は、値段が5900円とかなりお手ごろです。

スーツ量販店の靴と同じく本革を使っていますが、安い分だけ若干光沢に違いがあるように見えます。

でもこの靴だったら就活で十分使えますし、会社明会や面接ではいていってもおかしくはありません。

靴を売っている専門店でも、就活用の靴は売っていますので、そちらで自分の好きなものを選んでみてもいいでしょう。

ネットや通販で靴を買うときの注意点

靴は必ずためし履きして、自分の足にあうものを買いましょう。

新品の靴もまだ自分の足になじんでいないときは、履き続けていると、どこかに負担がかかって、自分の足が痛くなってしまうときがあります。

サイズだけ合わせても、本革の靴などは硬くて合わないときもありますし、女性用のパンプスもつま先やかかとが痛くなるときもありますよね。

できるだけお店に出向いて、ためし履きして歩いたときの感触もよく確かめて、靴を買うようにしましょう。

ネットや通販で靴を買うのもいいですが、最近は自宅で靴の試着ができて、返品送料が無料というサイトもあります。

アマゾンのサイトでも、30日間返品送料無料のサービスをおこなっています。

家の中でいいので、一日ぐらい靴を試着したまま生活してみて、特に問題がなければ購入すればいいですし、何か問題があったら返品すればいいのです。

靴はしばらく履いて使ってみないとわからないことがありますので、こうしたサービスを使ってみてはどうでしょうか。

足元はきれいに見せる

就活で男性のはく「靴下」の色ですが、色はスーツや靴の色に合わせて黒や紺、ダークグレイなどの落ち着いた色のほうがいいでしょう。

それとくるぶしぐらいまでの短いスニーカーソックスではなく、イスに座ったときに、足の肌がすべて隠れる長さの靴下のほうがいいですね。

たまに白系の明るい色の靴下を履いていたり、柄の入った靴下を履いている人をみかけることがあります。

それがいけないわけではないですが、社会人になったら無地の落ち着いた色の靴下をはくのがビジネスマナーになっています。

新卒の方がスーツに白い靴下を履いていたら、「まあ仕方がないかな」と思えますが、ある程度社会人としての経験のある方が、白い靴下を履いていたら、面接官からちょっと変な目で見られるかもしれません。

そのへんは気をつけたいですね。

また足元も見られていると思って、気を配っておきましょう。

面接前に靴が汚れていたときは、ハンカチやコンビニに売っているウェットティッシュで軽く汚れをふき取ってきれいにすると、ピカピカになって見栄えもよくなります。

それと雨や雪の日は、傘を差していても足元が濡れてしまいます。

面接会場に着いたら、靴やパンツのすその濡れた部分は、ハンカチなどで軽く水気や汚れをふきとっておきましょう。

靴が汚れていると「足元には気が回らない人かな?」と思われてしまうこともありますので、そうした点もお忘れなく。

また靴の臭いが気になる人は、消臭剤を使うなどして手入れもしっかりしておきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。