ハローワークへ行くときの服装と必要な持ち物

初めてハローワークへいくときは?

まずは受付の人に初めて来たことを伝える

仕事を探したいけど、どうやって探したらいいかわからない方は、まず家の近くにあるハローワークの場所を調べて行ってみましょう。

ハローワークの利用時間は、

月~金曜日 8時30分~17時15分 もしくは~19時00分まで開いているところもあります。

また地域によって、土曜日に利用できるところもあります。

全国ハローワークの所在案内で身近にあるハローワークを確かめてみましょう。

日曜日や祝日は休みで年末年始も長期の休みとなりますが、夏のお盆休みのときは利用できます。

「お盆休みの間はハローワークは開いていない」と思っている方も多いですが、公共の機関ですので通常通りに利用できます。

会社が休みのお盆休みに、ハローワークに行ってみてもいいですね。

どこのハローワークも、建物の中に入れば、まず「受付」があります。

その受付にいる職員の人に「初めてきたのですけど、どうすればいいですか?」と聞けば、いろいろとていねいに教えてくれます。

「初めてで、何もわからないのですが」と正直に言っても、恥ずかしくはないですよ。

ハローワークがどういうところなのか、わかっていない人もたくさんいますので、受付や職員の人も初心者の対応に慣れています。

最初から説明してもらった方が分かりやすい

登録や手続きの仕方や、仕事の探し方などは、順を追って説明してくれます。

もともとハローワークは、誰でも自由に出入りできる場所ですし、仕事の探し方がよくわからなければ、職員に聞けば順番に相談にのってもらえます。

みんながみんな、就職活動の仕方をくわしく知っているわけではありません。

ずっとひとつの会社で長年勤めてきた人などは、「初めてハローワークに来た」という人もいるでしょう。

就職活動を支援するための施設ですから、ていねいに教えてくれます。

「仕事の探し方も知らずに、ちょっと恥ずかしい」と思う気持ちもあるかもしれませんが、わからないことはしっかりと聞いておきましょう。

知ったかぶりをするよりもハロワの職員から、就職活動のやり方を教わったほうが、役に立つこともありますよ。

ハローワークへ行くときの服装と必要な持ち物

ハローワークは、仕事探しや相談をしにいく目的なら、持っていくものは特に必要ありません。

雇用保険の申請に行くときは、勤めていた会社から届いた「離職票」を持っていくだけで、あとは手続きしてもらえます。

初めてハローワークに来たときは、自分の個人情報を用紙に書いてカードを作るようになります。

おそらく備え付けの鉛筆などは用意してあると思いますが、念のために鉛筆や消しゴムなどの筆記用具を持っていったほうがいいですね。

履歴書や印鑑などはいりません。

服装はみんな、普段どおりの私服で行っています。

ジーンズにサンダルという格好の人もいますし、上下ジャージという人もいます。

仕事帰りのため、ネクタイを締めたスーツ姿の人もいます。

服装はみなさん自由です。

ハローワークの職員の方に服装のチェックを受けるわけではないですし、就職には何も影響はしません。

自由といってもほかの人の目もありますので、だらしない格好や汚い身なりをしていくのは避けたほうがいいでしょう。

求人検索や仕事の紹介、雇用保険の受給などの場合は私服で十分ですが、模擬面接を受けに行くときは、しっかりスーツを着ていった方がいいですね。

また、ハローワークのインターネット求人のサイトは、自宅のパソコンでも見ることができます。

ハローワークにあるパソコンを使わなくても、同じ内容の求人を自宅で見ることができますので、そちらもチェックしてみてはどうでしょうか。

ハローワークの求人情報は、全国で一元化されていて、近隣の求人だけでなく全国の求人も見ることができます。

仕事を探すときは、まずハローワークも無料で利用できますので、求人検索や、仕事の相談などに利用してみましょう。

ハローワークインターネットサービスには載っていない求人もある

また会社側がハローワークに求人を出すときに、「ネットへの公開を希望するかどうか」のチェック欄がありまして。

「希望する」にチェックを入れれば、ハローワークインターネットサービスにその求人が掲載されます。

チェックを入れなければ、ハローワーク内のパソコンでしか、その求人を見ることができません。

本当はネット上に求人を公開したほうが、たくさんの人が見ることになって、応募者もたくさん集まって、その中で仕事ができる人が見つかる確率も高くなると思うのですが・・・

ネットに求人を公開しない理由は、

「必ずハローワーク経由で求人に申し込んでほしいのか?」

「遠方からの応募をことわっているのか?」

その辺はよくわかりません。

ハローワークインターネットサービスでは公開されずに、ハローワークにあるPC端末でしか見ることのできない求人もあるということです。

たまには最寄りのハローワークに出向いてみる

そうしたネットで見ることができない求人が、どのくらいの割合であるのかはわかりません。

でもそうしたハローワークインターネットサービスにのっていない求人を見つけるためにも、自宅のパソコンで探すだけでなく、

たまにはハローワークに出かけていって、ハローワークのパソコンで求人検索もしてみることをオススメします。

最寄のハローワークが自宅から遠ければ、そんなにひんぱんに通うこともできませんが。

毎日ハローワークに通わなくても、週に1~2回ぐらいは、最寄のハロワに出向いてみてパソコン検索したほうがいいかもしれません。

ハローワークが遠ければ交通費もかかってしまって、行くのがイヤかもしれませんが・・・

くわしいことはハローワークの職員の人に聞いてみるといいですね。

ハローワークはブラックの求人ばかり?

今はネットの就職サイトで求人を探すことが当たり前のようになっていますが、就活のときはハローワークで求人を探すこともしてみましょう。

ネットにある就職情報を見ていると、

「ハロワの求人にはろくなものがない!」

「ブラックできつい仕事ばかり・・」

などの書き込みを見かけます。

確かにハローワークへ求人を出すときは、会社側もお金もかからずに掲載できます。

無料で応募者を集めることができますので、ネットの求人や就職情報誌にくらべて簡単に求人を出せます。

でもよく探してみれば、意外と条件のいい会社が見つかることもあります。

ハローワークにある求人は、その地域の中小企業がほとんどですが、中には自分にとって働きやすい会社もあるはずです。

ネットに悪口を書き込む人も、たまたまハローワーク経由で入った会社があまりよくなくて、その経験から「ハロワはダメだ」という感想を書いているだけかもしれません。

ハローワークにある全部の求人を見て調べたわけでもないですから、そうした情報に惑わされないようにしましょう。

求人は自分でよく確かめてみる

ただ求人票に書いてあることだけ見て、求人先の会社のことをあまり調べない方も多いです。

今はインターネットもあるのですから、まずネットで会社名で検索して調べることからはじめてみましょう。

その会社のホームページがあったら、それをよく読んでみるのです。

そこで疑問点があったら、面接のときに聞いてみましょう。

ネットに書かれている会社の悪口なども、それを読んでいるとだんだん不安になってきて、応募するのをやめたくなってくるかもしれません。

でもそれは書き込んだ人がそういう感想を持っているだけで、その会社で働いているほかの社員の方は、それとは違う感想を持っているかもしれません。

ネットの情報は会社への悪口なども多いですし、いいことばかり書いてあるほうが逆に怪しいですよね。

どの会社にも、良い点や悪い点は必ずあります。

優良企業かどうかの見分け方というのはむずかしいかもしれませんが、ネットの情報は参考程度に知っておくぐらいのほうがいいでしょう。

社員それぞれ、働いている会社に対しての印象は違う

「会社にどんなことをのそんでいるのか?」また「どんな点が不満なのか?」

それは同じ職場で働いている人も、それぞれ違った感想を持っていますし、みんな同じではないんですよね。

「残業なんてしたくない」という人もいれば、反対に「残業代が出るならできる限り仕事をしたい」という人もいます。

「給料はちょっと少ないけど、仕事はそれほどきつくないし、転勤がなくていい」とか、人によって会社に対して求めているものは、けっこう違います。

なにかネットで気になる点を見つけたら、面接でそれとなく聞いてみてもいいと思います。

入社する前だからこそ、自分でよく確かめておきたいことは聞いておきたいですね。

面接に行って会社の雰囲気を確かめてみる

面接に行ったときも、「会社の雰囲気はどうなのか?」「はたらいている人はどんな人なのか?」よく観察してみることをオススメします。

面接で緊張してしまって、それどころではないかもしれませんが、それでわかってくることもあります。

給与や福利厚生や、仕事内容、残業の有無、休日出勤など、面接で聞きづらいと思うこともあります。

そうしたことは内定をもらってから、採用担当者に細かい点までよく聞いて、納得してから入社する決断をしましょう。

入社前にできるだけ、その会社のわからないところや疑問点を質問してみて、そこであまり乗り気にならなかったら、あとで内定を辞退してもいいのです。

「ハロワの求人はブラックしかない」といわれていますが、それを鵜呑みにしないで、自分で面接まで行ってみて、その会社の雰囲気を確かめてみることをオススメします。

もしかしたら、自分に合ういい求人があるかもしれません。

仕事を探しているときは、できるだけいろんな媒体を使って探してみたほうがいいのです。

そのほうが自分で求人の良し悪しを見分ける目も養われてきますから。

他人に言われただけで毛嫌いせずに、まずは自分の目で確かめてみましょう。

求人に応募した後は?

ハローワークで応募したい求人を見つけたときは、それを用紙に印刷するなどして、職員のところへもっていきます。

承認されると「紹介状」を発行してもらえます。

紹介状があると選考で有利になるわけではないのですが、とりあえず紹介状は応募先の会社に提出します。

また職員がその場で、応募先の会社へ電話をしてくれます。

応募をすることを伝えて会社からOKをもらえると、そこで選考の仕方がわかるのですね。

書類選考がある場合は、履歴書や職務経歴書、紹介状や添え状を封筒に入れて会社に郵送します。

添え状の書き方

書類選考なしですぐに面接となったら、履歴書や職務経歴書、紹介状が汚れないように封筒に入れていって、面接のときに封筒の中身を人事担当者に渡すようにしましょう。

採用選考の方法は、会社によってやり方も変わってきます。

書類選考があるときは、返事が来るまではだいたい1週間ぐらいはかかりますが、これは大体の目安です。

数日で結果の連絡が来る場合もあれば、1ヶ月近く待たされる場合もあるかもしれません。

書類選考なしで面接があるときは、その場で面接の日程を決めるようになります。

もしかしたら「今から、面接に来れますか?」とか「明日面接に来てください」など言われるかもしれません。

ですので履歴書などは、すぐに書いて用意できるようにしておきたいですね。

ハローワークで紹介してもらった会社に応募しなかったときは?

ハローワークで求人を見つけて、職員のところに相談に行って応募することを会社に伝えたものの・・・

書類を郵送しなかったり、寝坊してしまって面接に行かなかったり、やっぱりイヤになって会社に面接キャンセルの連絡も入れないで、そのままバックレてしまう人もいます。

「○○さんの面接の予定が入っていたのですけど、結局来ませんでした」とか、面接に行っていなかったことが、ハローワークに伝わっている可能性もあります。

そうなるとちょっと気まずいかもしれませんね。

でも、あまり気にすることはありません。

そのあともハローワークへ求人を探しに行きましょう。

またハローワークのパソコンで求人を探して、気になった求人を印刷して相談員の人のところへもって行くと・・・

職員は、それまでの求人の申し込みの履歴などをパソコンで見ることができますので、「前回の面接は行かなかったの?」と聞かれるかもしれません。

そんなときは「面接をキャンセルしようと思ったのですが、連絡し忘れてしまって・・」といった理由でもいいのではないでしょうか。

ハローワークの職員の方も、面接にいかなかったことに対して、特に何か言ってくることはないと思います。

でも連絡なしで面接に行かないのは、面接をする会社の採用担当者にも迷惑がかかりますので、いかないときは電話で応募先の会社に連絡だけはしておきましょう。

面接の結果が出た後のハローワークへの報告は?

応募した会社の面接が終了したあと、何日後かに採用か不採用かの結果が、応募者本人に届きます。

会社によって結果の通知の仕方は異なりますが、電話・メール・手紙などで届きます。

この結果をハローワークにも知らせた方がいいのか?

基本的には、ハローワークから応募したのであれば、採用された・不採用になったことは連絡をしたほうが良いかと思いますが、しなかったからといって注意されることなどはありません。

連絡をしなかったからといって、内定取り消しになることもありません。

ただ雇用保険を受給しているときは、再就職手当のこともありますので、採用・不採用の結果はハローワークに伝えたほうがいいでしょう。

ハローワーク以外でも求人を見つけましょう

「ハローワークに行ってみたけど、応募したい求人が一つもなかった」ということもあります。

求人を探せるところは、ハローワークだけではありません。

使えるものは何でも使いましょう。

今はインターネットで、求人サイトから求人を探すことが主流になってきています。

スマホやパソコンから「求人サイト」で検索すれば、いくらでも出てきますので、そこから探しましょう。

そのほかには、

・有料・無料の求人雑誌

・新聞に同封されている求人チラシ

・会社のホームページに載っている場合もある

求人雑誌はコンビニや書店にありますし、新聞を購読していると日曜日あたりに求人のチラシが配られます。

ハローワーク以外の媒体も使って求人を探してみましょう。

20代の年齢層向けの就職サイト

ネット上にも就職サイトは多数あります。

特に年齢が30歳未満の方は、まだ若いため比較的、就職先を見つけやすいです。

ハローワーク以外の就職サイトもよく見て、正社員の求人を探してみましょう。

フリーター・既卒・第二新卒者向け就職サイト

ハタラクティブは、20代をメインとした若年層の就職・転職を支援するサイトです。

私もこのサイトを見てみましたが、大手の転職サイトよりもフリーター・既卒・第二新卒者向けの求人の数が多いです。

またアルバイトぐらいしか職歴のない未経験のフリーター・既卒・第二新卒者にとっては、「職歴がないこと」が就職活動で大きな壁になってきます。

一番重要なこの点は、専門の就活アドバイザーに相談して、会社から内定をもらうためのコツを教えてもらいましょう。

それを専門にしているサイトですので、いろいろと参考になることが聞けるはずです。

そして未経験者だけでなく、職歴のある方のキャリアアップや未経験の業種への転職活動も支援しています。

詳しい内容は下記の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

ニート・フリーター・派遣向けの就職サイト

こちらは東京都がおこなっている、20代のニート・フリーター・派遣向けの就職サイトです。

「これから正社員で働きたい!」と思っているけど、どうしたらいいか分からない方に、 カウンセリングやセミナーなどで育成支援しながら、 正社員として就職できるようサポートしています。

派遣やフリーターとして働いている方だけでなく、ずっと無職で働いた経験がない方の就職活動も支援しています。

ハローワークで求人を探すだけでなく、こうしたサイトを使うことによって、より多くの求人を見ることができますし、その中から自分に合った就職先も探せます。

興味のある方は、下記のサイトから登録してください。

上の2つの就職サイトは、無料で利用できます。

就職活動のサポートもしっかりやってもらえますが、登録していろんなサービスを利用したからといって、ここで必ず就職先を決めなければいけないわけではありません。

自分で気に入った求人が見つからなければ、無理に応募しなくてもいいですし、内定をもらっても辞退することはできます。

これらのサイトに登録して、求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。

これらの就職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。