短い期間でやめてしまった職歴があってもまた待遇のいい会社に就職できる?

短い職歴があるときの対処の仕方

1~2ヶ月ほどで退職したときの職歴は書かなくてもいい?

私も人事の担当をしていますのでその立場で書きますが、履歴書などに書く「学歴」や「職歴」をいつわって書くのだけはやめておきましょう。

就職活動のときに詐称したことがバレなくても、履歴書などはそのまま会社に保管しますから、いつどんなかたちでバレてしまうかわかりません。

職歴詐称がバレたときに、会社がどんな判断を下すのかは、その会社によって反応も変わってくると思います。

せっかくその会社の仕事に慣れて、やりがいも感じてきたときに、自分の立場を悪くしてしまったら後悔しますよね。

やっぱり職歴は全部書きましょう

入社して仕事がイヤになって、すぐに退職してしまった場合。

その短期間の職歴を履歴書に書くかどうか?

あるハローワークの職員の人は、「短期間でやめてしまったことは不利になるから、職歴に書かなくていい」という人もいるようですが。

基本的には、職歴は隠さずに正確に書いたほうがいいです。

すぐにやめてしまった短い職歴を履歴書に書かなければ、その期間は空白期間になってしまいますよね。

会社の面接官は、そうしたところも突っ込んで質問してきます。

「この期間は空白だけど、何をしていたんですか?」といったように、必ずといっていいほど聞いてきます。

ウソをついてばれるぐらいなら正直に話したほうがいい

本当は会社ではたらいていたのに、「家事手伝い」とか「資格の勉強」とか、あたりさわりのない理由で逃げることはできます。

「この際、勤めていなかったことにしようか?」とも思うかもしれませんが、でもやっぱり何らかの理由でバレることはあるのですね。

また面接でウソをつこうと思ったら、話のつじつまが合わなくなって、それでバレてしまうこともあります。

いろんな応募者と会っているため、その人がどんな人なのか、ウソを見抜く目がするどくなっている面接官もいます。

説明する言葉に力がなかったり、目が泳いでいたり、そわそわしていたり・・・それで「あやしい」と感じて、いろいろ質問してきます。

ウソをついて、それがバレた時点で、採用になる見込みは極端に低くなります。

それだったら最初から、正直に言ったほうがいいですね。

短い期間で前職を辞めた理由として

短期間で仕事をやめてしまったことも「なぜ退職したのか?」しっかり理由を説明して、面接官に納得してもらえればいいのです。

これはおそらく聞く側の度量にもよるのでしょうが、まずはあいまいな説明をしないで、しっかり説明できるように準備したほうがいいです。

「自分にとって不利なことをあまり説明したくない」という、何か隠そうとする態度でいると、そちらのほうがよけいに不利になってしまいます。

不利だと思うことをしっかり説明することで、ポイントが高くなることだってあるのです。

辞めた理由は「人間関係」が嫌になったから

前職をやめた理由に「社内の人間関係」を持ち出すのはよくないとも言われています。

でもそれが本当の退職した理由なら、それを包み隠さず話してみてもいいと思います。

格好をつけるために本当のことを隠すよりも、そのほうが誠実な印象を与えることもあるでしょう。

また退職した理由として、前の会社の悪口を一方的に言ってくる人もいますが、それでは面接に行った会社の人も受け入れづらいでしょう。

辞めることになった経緯には、自分にもどこか至らなかったところがあるはずです。

どちらか一方が悪いという結論ではなく、どちらにも否があると認めたほうが、聞くほうとしても受け入れやすいものです。

そうした点も含めて説明してみることをおすすめします。

ほかにも、「面接のときの話と、実際の業務内容が全く異なっていたので、自分のやりたい仕事ができなかった」という人もいます。

そうしたときも、「面接のときにその辺を判断出来なかったのは自分にも非があり、大いに反省しています。

だからこそ、今の就職活動は前の反省をふまえて失敗を二度としないように真剣なんです」

といったような、「自分にも見落としたところがあった」という言い方でもいいのではないでしょうか。

短い職歴があっても就職はできます

不利になる材料なのかもしれませんが、自分がこれまで歩んできた職歴ですから、他人がどう思おうが関係ありません。

自分の職歴は、自分だけのものですから、自信を持って説明することからはじめましょう。

お互いに包み隠さず話しをすることで、信頼関係が生まれますからね。

「あとでバレるんじゃないか」とドキドキして、自信なさげにしていては、いい結果もついてきません。

不利だと思うことを説明するときは、なんとなく言葉に詰まったり表情が曇りがちですが、そんなときこそ明るい感じで話してみましょう。

短い職歴があったとしても、実際に就職している人はたくさんいます。

私の会社にもそうした人はいますし、要は面接のときに、いかに前向きな姿勢を見せられるかが勝負になってきます。

まずは自信を持って面接で対応できるようにしてみましょう。

「職歴なし」は履歴書に書きづらい?

学校を卒業してから、特に仕事をしたことがなければ、履歴書の職歴の欄は「なし」と書くようになります。

職歴に「なし」と書くのは気がひけるかもしれません。

しかし職歴の欄はかなり重要なところですから、いつわらずに正直に書いたほうがいいですね。

学校を卒業してから何年間か、仕事をしていない空白の期間がある場合、

面接のときに「ここの仕事をしていない間は何をしていたの?」といったことは、必ずといっていいほど聞かれます。

そこはどう答えるか、面接前に考えておきたいですね。

職歴の空白期間の説明の仕方

派遣の登録をして単発や短期の仕事をしていたり、週に1~2回でもパートやアルバイトの仕事をしていたのなら、それもしっかりと履歴書に書いておきましょう。

「職歴なし」でもいいですが、短くても何か書ける職歴があったら、なるべくくわしく書いたほうがいいです。

何かあったほうが面接官も興味を持ってくれますし、仕事の経験があるだけでも雇う側としては安心します。

それでも「その仕事以外の空白の期間は何をしていたの?」という質問もされると思います。

それもまた重要な質問なので、答えはしっかり用意しておきましょう。

仕事以外の空白期間の書き方としては、この4つを使ってみましょう。

「資格の勉強をしていました」

「○○スクールに通って勉強していました」

「家の仕事の手伝い、もしくは家族親戚の介護をしていた」

「見聞を広めるために~をしていました」

などがあります。

これらのことは面接官も確かめようがないので、少しでもかじったことがあれば、空白期間の説明として使ってみてもいいですね。

ほんのちょっとしかやっていないのに、本格的に取り組んでいたように言うのは気が引けるかもしれませんが、そこは仕方がないですね。

気が引けるときは、正直に話してみてもいいでしょう。

そして、その内容に関しても突っ込んで質問されることもありますので、あわてずに説明できるようにしておきたいですね。

または「特に何もしていなかった」ことを、その理由も添えて正直に話すのもひとつの方法です。

「ずっと遊んでばかりいましたが、これではいけないと思って就職活動をはじめました」でもいいと思います。

あとはそれを受け取る面接官次第ですが、正直に伝えたほうが相手もわかってくれることもあります。

ウソをついて説明しても、あとで矛盾した点が出てくると、面接官もあやしいと感じてしまいますから。

面接で聞かれたときは、相手が納得いくように説明の仕方を考えておきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。