面接時に履歴書を持参する場合は封筒に入れていくほうがいい?

履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの応募書類を封筒に入れて封をして、郵便局に持っていったりポストに投函して会社に郵送する場合と。

面接のときなどに応募書類をバッグに入れて持っていって、面接のときに担当の面接官に手渡す場合もあります。

それぞれやり方が多少、異なりますのでおさらいしておきましょう。

就職活動の面接のときに履歴書を持参する場合

求人に応募したら書類選考なしで、面接のみで合否が決まる会社もあります。

そのときは面接に出向いたときに、会社の面接官に直接、履歴書などの応募書類を手渡すようになります。

そのときは封筒やクリアファイルに履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの応募書類を折らずに入れて、汚れたり端が曲がったりしないように持って行きましょう。

応募書類は基本はA4サイズの用紙を使います。

履歴書もA4サイズ(A3サイズの用紙を2つ折り)ものが多いです。

ですので封筒は、A4サイズの用紙を折らずに入れることができる、角形2号の封筒を使いましょう。

履歴書はB5サイズもありますので、それに記入して三つ折りにして、長形3号の小さい封筒に入れて持って行ってもOKです。

カバンやバッグの中に、履歴書などを裸で入れておくと、書類が散らかってしまったり、ほかの持ち物で応募書類が曲がってしまったり、よけいな汚れがついてしまうかもしれません。

また雨が降っているときにバッグがぬれてしまうと、中に入れた書類も濡れてしまう可能性もあります。

そんなときはクリアファイルに入っていると、雨にぬれなくて安心できます。

面接官に直接、応募書類を渡すときは、きれいな状態で渡したいですよね。

持参するときのやり方としては、

「封筒に応募書類を入れて持っていく」

「クリアファイルに応募書類を入れて持っていく」

「クリアファイルに応募書類を入れて、それをまた封筒に入れて持って行く」

どれでもいいでしょう。

履歴書の手渡し方

就職活動の面接で、履歴書を面接官に渡すときは、状況によってやり方も変わってきます。

封筒やクリアファイルから履歴書など応募書類だけを取り出して、それだけを相手に手渡すときもあります。

面接官に手渡すときは、履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどはかさねて、賞状を渡すときのように両手で持って渡しましょう。

片手で持って渡すのは、ちょっと無作法な感じに受け取られてしまいます。

受け取る人が書類の文字を読める向きにして「応募書類になります。よろしくお願いいたします」と言って両手で応募書類を持って相手に手渡します。

そうしたときのために、封筒の封はしないですぐに中身を取り出せるようにしておいたほうがいいですね。

また封筒に履歴書などを入れたまま、面接官にそのまま手渡すときもあります。

そのときも封筒を両手で持って渡しましょう。

片手で手渡すと、ちょっとマナーがなっていない印象を与えてしまいますので、気をつけたいですね。

会社が家から近いから履歴書を直接持っていくという場合

就活のときは、履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの応募書類を、封筒に入れて志望する会社あてに郵送するようになります。

でも中には、応募する会社が自宅から近いので、カバンに入れて持って行って社員の人に手渡しして、なんとか自分の顔を覚えてもらいたいと考えている方もいるでしょう。

自分で履歴書を会社に持っていって、受付の人に手渡ししてもいいと思います。

でも、それをしたからといって、特に書類選考で有利になることはありません。

その封筒を会社の誰が受け取るのかはわかりませんが、会社の人事担当者が仕事中に、わざわざ受け取りに来ることはありません。

従業員の少ない会社だったら、人事担当者に渡せることもあるかもしれませんが・・・

それなりに大きな規模の会社だったら、受付の人が受け取って、それを人事の人に手渡します。

言ってみれば、ほかの郵便物と同じようにあつかわれるだけです。

履歴書を渡すときに顔を覚えてもらおうとしても、あまり意味はないんですよね。

受付の人に手渡しするときは「応募書類を持参しましたので採用担当者様にお渡しください。よろしくお願いいたします。」といって渡すか、

もしくは封筒の封をして、会社の郵便箱に入れておくだけでいいのではないでしょうか。

その場合も封筒には自分の名前や住所、郵便番号などは書いておきましょう。

誰からの封筒なのか書いてないと、不審物と思われてしまうこともあります。

結局、郵送したほうが一番無難です。

持参するときの封筒の書き方

会社の人事担当者に直接手渡す場合や、会社の受付の方に提出する場合、面接会場で多くの応募者が順番に提出する場合もあります。

そんなときは、封筒の裏にはしっかりと自分の名前や住所、郵便番号と、封筒の表の左下に赤いペンで「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」と書いておきましょう。

そのほうが封筒の中に何が入っているのか、わかりやすいです。

市販の履歴書を買うと、「履歴書在中」と書かれた角形2号の封筒が入っていることもありますし、そうした封筒はネットでも売っています。

また封筒は郵送するわけではないので、封筒の表に宛先の「郵便番号」「住所」「宛名」などは書かなくて大丈夫です(書いてあってもかまいませんが)。

提出後の応募書類は、それぞれファイルにまとめられて社内に保管されます。

封筒やクリアファイルは、いらなくなってしまいますので、ゴミ箱に捨てられてしまいます。

クリアファイルは多少は使い道があるのですが、大量になってくると捨てられてしまいますね。

そのために「封筒やクリアファイルは家に持ち帰ってください」と、言われることもあると思います。

封筒の表の「履歴書在中」と、裏に自分の名前と住所と郵便番号が書いてあるだけの封筒なら、特に汚れていなければ、またほかの会社で再利用できますので、持って帰りましょう。

クリアファイルも特に汚れてなければ、また使うことができますよね。

添え状は、郵送するときに封筒の中に入れるものですので、持参して人に手渡しするときは必要ありません。

持参して提出する場合は、その会社の人事担当者の指示に従ってください。

履歴書のコピーはとっておきましょう

それと履歴書や職務経歴書、エントリーシートなど会社に渡す書類は、かならずコンビニでコピーをとっておきましょう。

コピーを取って手元に置いておかないと、あとでどんなことを書いたのか、自分で確認できません。

自分で書いたことを忘れてしまうこともありますし、面接の前に自分が書いたことを確認できたほうが安心しますよね。

書類選考なしで、面接も持参したときの1回ですむのなら、履歴書のコピーはいらないかもしれません。

でも、何かあったときのために念のためとっておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。