企業の「口コミサイト」を利用してみた感想

転職活動をする時に、志望先の企業の評判や、そこに勤めていた人の書き込みを見ることができるサイトがあります。

前々からちょっと興味がありましたので、登録してみることにしました。

そして自分の勤めている企業の書き込みなどを見てみたのですが・・・

まあ、私の知らなかった社内のいろんなことが書かれているので、けっこうおもしろかったのですが。

今回はクチコミサイトで有名な「転職会議」「VORKERS」を見てみました。

口コミサイト「転職会議」

「転職会議」の登録の仕方

転職会議」のサイトに行って、右上にある「無料会員登録」をクリックします。

そして「社会人」か「学生・就活生」を選択します。

「学生・就活生」を選ぶと、姉妹サイトの「就活会議」への登録となります。

新卒や既卒・第二新卒の方は「就活会議」を利用してみてもいいですね。

「社会人」を選択して、ログインするための「メールアドレス」と「パスワード」を自分で設定します。

メールアドレスは、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールでも登録ができます。

あとは登録したメールアドレスに「会員登録完了ページ」メールが届いていますので、その「登録確認URL」をクリックします。

そのあとは個人情報を登録していきます。

「自分の名前」「住所」などから「最終学歴」「年収」「現在・過去にいた企業」の情報を記入していきます。

この辺はサイト管理側も、書き込まれた情報の真偽を確かめようもないのですが、できるだけ正確に書いておきましょう。

完了したあと、企業の口コミを読むには、これまで自分が勤めてきた企業の口コミを書き込まないと見ることができません。

口コミ投稿には最低でも「150文字」の説明が必要になります。

おかしなことを書いてしまうと削除されてしまいますが、登録が終われば、すぐにほかの人が登録した企業の口コミが見ることができます。

ポイント制になっていますが、1回の口コミの投稿での閲覧期限は、投稿日から「30日間」です。

期限内であれば、いくらでもクチコミを見ることができます。

期限が過ぎたら、また同じ会社の情報でもいいので、何か書き込むとまた口コミが見ることができます。

また「980円」を支払えば、「30日間」口コミが見ることができます。

ログインして、「クチコミを探す」をクリックすると、上の画面が出てきます。

「業界」や「本社所在地」「企業名」などを入力して「検索」をクリックすると、その企業の情報やクチコミが登録されていれば、見ることができます。

「転職会議」の口コミを読んでみた感想

転職会議などの口コミサイトを見てみた感想は、まずとてもよくできた仕組みのサイトだと思います。

このサイトにたどり着く人は「転職」を考えている人が多く、次の転職先の情報を探すために、前に勤めていた企業の情報や感想を書くようになっています。

そうしたかたちで、口コミも増えるようになっています。

掲載されている口コミをいろいろ読んでみた感想は、もっと感情的な誹謗中傷のコメントがたくさんあるかと思いましたが、あまりに過激なものは管理者が消しているのでしょうね。

中には退職した企業の悪口を書く人もいますし、反対に自社の評判をよくしようという目的でいいことだけ書き込む人もいるでしょう。

でも全体的には、企業の良い面や悪い面をバランスよく理性的に書いてあるといった印象です。

確かに口コミを書く欄には、【良い点】【気になること・改善した方がいい点】といった注意書きがあります。

書き込む人もそれに沿って内容を入力する人が多いのでしょう。

それにこのサイトにログインして、口コミを読むための権利を得るには、とりあえず無難なことを書いておけば十分ですからね。

あまり波風を立てる必要もないのでしょう。

また突っ込んだ内容を書けば、書いた本人が特定されてしまう可能性もありますので、書き込む方もその辺も考慮している(?)と思います。

ただ同じ会社の口コミでも、職種によって感想もバラバラになってきます。

大手の企業になれば、配属先や部署によって仕事内容も職場の環境も違ってきますので、仕方がありませんね。

どこまで信用できるのかはわかりませんが、それでも同じような投稿内容がいくつかあれば、その情報の信憑性も増すのではないかと推測はできます。絶対ではありませんが・・・

企業を★の数1~5で評価していますが、これも相対的な評価だと思ったほうがいいでしょう。

さすがに大手の企業は、評価が高い傾向にあります。

評価が高くても自分に合う企業とは限りませんので、このあたりも参考程度にみておいたほうがいいですね。

また口コミの「該当時期」も載っていますので、出来るだけ最近の投稿は参考としてみておきましょう。

あと「面接」の項目には、実際に面接で聞かれた質問なども書いてありますので、就活の時にはそのへんもしっかり抑えておきたいですね。

書かれている質問内容に対して、事前に対策して答えを考えておくこともお忘れなく。

実際の面接では同じ質問はされないかもしれませんが、もし書き込みと同じ質問が出たら、自分に有利な展開になりますよね。

それと書き込み内容を、面接中や内定後に質問できるようだったら、聞いておきましょう。

けっこうマイナーな会社の書き込みなども多いですし、就職活動で一読してみる価値はあると思います。

口コミサイト「VORKERS」

「VORKERS」の登録の仕方

VORKERS」のサイトに行って、右上の「ユーザー登録(無料)」をクリックします。

次の画面で、「メールアドレス」「パスワード」「氏名」「生年月日」「性別」「住所」「キャリア状況」を入力して、「同意して確認画面」をクリックします。

メールアドレスは、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールでも登録ができます。

登録したメールアドレスに、「Vorkersのユーザー登録が完了しました」というメールが届きますので、そこの「登録確認URL」をクリックします。

その後、企業のクチコミを見る方法は、下の4つから選択できるようになります。

「VORKERS」サイトの右上の「ご利用案内」をクリックすると、上の画面が出てきます。

2.「転職サービス登録プログラム(社会人向け)」

3.「就職サービス登録プログラム(学生向け)」

はクリックしてみるとわかりますが、就職・転職サイトへの登録です。

無料で1分程度できるそうなので、「会社評価レポート」を書くのが面倒なら、こちらに登録したほうがいいですね。

こちらに登録しても、「VORKERS」のすべてのコンテンツを見ることができるようになります。

それ以外には、4.「プレミアム会員登録」として1000円支払えば、同様の権利を得ることができます。

「会社評価レポート」を書き込む方法

1.「会社評価レポートに回答」を選択して、企業のクチコミを自分で書き込むことで、ほかの企業のクチコミを見ることができます。

レポートは、現在もしくは過去に在籍していた企業で、全部で「500文字」の説明が必要になります。

上の「8つの数値評価」は、数値を選ぶだけですが、

下の「10カテゴリーのレビュー」では10の項目に関して、それぞれ空白にするのは許されず、何らかの文字を埋めないといけません。

10の項目に書き込んだトータルの文字数が500文字となります。

それぞれの項目ごとに閲覧できますので、バランスよく文字数を書き込んだほうがいいですね。

私も一応書いてみましたが、500文字はけっこうな文字数です。

書き込んだあとは、すぐにクチコミを見ることができます。

就職・転職サービスへの登録と、会社評価レポートへの書き込みともに、クチコミの閲覧期間は「180日」と、6ヶ月間はけっこう長めです。

企業のクチコミを見るには、一番上に検索窓がありますので、そこに企業名を入力して検索するか、右サイドの「業界一覧」から企業を探すようになります。

さらに不適切な回答をすると、書き込みの「不適切として通知」をクリックされて、書き込みが削除されてしまうこともあるようです。

ほかの方が書き込んだ企業の書き込みを見ると、内容がかなりくわしく記入されているものが多いです。

「転職会議」とはまた違う評価の仕方で、数値による査定が多いような印象です。

企業の総合評価を★の数1~5であらわしていますが、同じ企業を転職会議の星の数と比べてみると違う場合もありますが、相対評価なのでそこは仕方がありませんね。

「VORKERS」の内容はある程度、参考になる書き込みも多いのではないかと思います。

これらと同じようなサイトは「カイシャの評判」「My News Japan」「キャリコネ」などがあります。

企業の口コミは信用できるのか?

「転職会議」や「VORKERS」などの口コミサイトを見ると、その会社で働いている人の情報や感想が書かれていて、転職する際に参考にする方も多いでしょう。

ただこれらに書かれている情報が、すべて信用できるというわけではありません。

会社に勤務して働いてみた感想などを正直に書き込んで、ほかの人に役立ってもらえればいいという意味で口コミを書く方もいますが・・・

匿名で書き込みができますから、自分の一方的な思い込みの感想を残したり、人間関係による恨みやねたみの感情もあって、大げさに悪口を残す方もいるでしょう。

書き込んだ人が特定されないようになっていますから、書き込まれている情報が100%信用できるわけではありません。

勤務時間や休日、残業、昇給、福利厚生、経営者の考え方、企業の体質などの情報がかかれています。

確かにそれらも就職活動する上での貴重な情報になりますが、それだけで働きやすさなどはわかるものでもありません。

ここからわからない点もある

特によくわからないのは「人間関係」ですね。

配属された部署にいる人たちや自分の上司が、どのような人たちなのかは、入社してみないとわかりません。

内定をもらったら、入社前にその企業のことをくわしく調べたいと思うこともあります。

よく調べてみたら悪口もけっこう書かれていて・・・不安になることもあるかもしれません。

でも自分を完全に満足させてくれる企業にこだわっていても仕方がありません。

「働く職場には何かしらの不満はあるもの」と考えていたほうがいいと思います。

それよりも「自分がなぜその企業を選んだのか?」をよく思い出して、その長所をよりどころにして、入社前にあまり不安を掻き立てないようにすることも大事ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。