面接の日程や内定を承諾するときの返信メールの例文

就職・転職活動では、メールで企業とのやり取りをおこなうことも多いと思います。

書類選考後の一次面接や二次面接、最終面接までの面接の日時を、メールで送信してくる企業もあるでしょう。

そのときに企業宛に、返信メールを送らない方もいらっしゃいますが、確認のために送っておいたほうがいいでしょう。

応募者から何も返事がないと「面接の日時を指定したメールを送ったけど、返答がないし、当日は面接に来てくれるのかな?」と人事担当者も不安になると思います。

「返信メールはけっこうです」など書かれていなければ、簡潔な文章でいいので企業宛に送信しましょう。

面接日程を承諾するときの返信メールの例文

応募した企業から「○月○日○時から面接をおこないますが、よろしいでしょうか?」と言った文面で、面接の日程を知らせるメールが来たとき、

その返信のメールの文章は、

【件名】面接日程の件

【本文】

会社名
採用担当○○様(もしくは採用担当者様)

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○(自分の名前)と申します。
面接日程のご連絡ありがとうございます。
それでは○月○日(○)○時に貴社にお伺いします。
当日は、何卒よろしくお願い致します。

でいいと思います。

このメールを送信したあと、企業から「では〇月〇日〇時にお待ちしております」「お会いするのを楽しみにしています」などの返信メールがくる場合もあります。

それに対しての企業宛の返信メールは、必要ないと思います。

返信してもいいのですが、ここでメールのやり取りが途切れても失礼ではないので、この辺にしておきましょう。

面接の日時は企業側から指定してくることが多いですが、それに都合がつかないときは、日程変更の文章を作成して送信しましょう。

あと学生でなければ、学校名や学部は書かずに、名前だけでいいですね。

「面接の日時を選択」「希望の日時を知らせる」メールの場合

企業からメールで、都合のつく面接の日時を候補の中から選択するように言われたときや、希望の日時を自分から指定できる場合の返信メールは、

【件名】面接希望日時の件

【本文】

会社名
採用担当○○様(もしくは採用担当者様)

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○(自分の名前)と申します。
面接日程のご連絡ありがとうございます。
希望する面接の日程は以下のとおりです。

第一希望 ○月○日(○)○時~
第二希望 △月△日(△)△時~

ご調整の程よろしくお願い致します。

文字数も少なくシンプルですけど、これでいいと思います。

「面接の日程がまだ決まっていない」というメールの場合

例えば一次面接は通過したけど、二次面接の予定がまだ調整中で、「決まり次第また連絡をします」というメールが企業から来たときの返信メールは、

【件名】面接日程の件

【本文】

会社名
採用担当○○様(もしくは採用担当者様)

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○(自分の名前)と申します。
面接日程のご連絡ありがとうございます。
○次面接の日時について、ご連絡お待ちしております。
よろしくお願い致します。

「面接の日程の連絡は待っています」ということが伝わればいいのではないでしょうか。

内定承諾の返信メール

内定の通知をメールで送ってくる企業もあります。

その文面に「返信メール不要」などが書いてあれば送らなくてもいいですが、そうした文面がなければ、簡単な文章でいいので返信メールを送っておきましょう。

例文としては、

【件名】内定通知の件

【本文】

会社名
採用担当○○様(もしくは採用担当者様)

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○(自分の名前)と申します。
このたびは内定のご連絡、誠にありがとうございます。
大変うれしく思っております。
貴社よりご指示がありました内定承諾の件は、謹んでお受けいたします。
入社後は至らない点もあるかと思いますが、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

内定後の予定などはまた連絡があると思いますが、とりあえず入社するかどうかを知らせておいたほうがいいですね。

もし内定を辞退するのであれば、その旨はしっかり伝えておきましょう。

内定式・懇親会の返信メール

内定が決まったあとの、内定式や懇親会の案内が来たときの返信メールです。

【件名】内定式(懇親会)の件

【本文】

会社名
採用担当○○様(もしくは採用担当者様)

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○(自分の名前)と申します。
内定式(懇親会)のご連絡ありがとうございます。
是非出席させていただきます。
では○月○日(○)にお伺いします。
よろしくお願い致します。

メール例文のコピペの仕方

就職・転職活動で、面接の日程や内定を承諾するだけの返信メールなら、わかりやすくシンプルな文面で送れば十分です。

メールの文章を考えていると時間がかかってしまいますので、よろしければ上の例文はコピペして使ってください。

文章の加筆や修正をしてもらってもかまいません。

コピーアンドペースト(コピペ)の仕方は、まずマウスで文章を選択した状態で、キーボードの「Ctrl」キーを押しながら、「C」キーを押すとコピーできます。

その後メールの画面で「Ctrl」キーを押しながら、「V」キーを押すとペースト(貼り付け)できます。

上のブログの文章をそのままメールにコピペすると、文字が大きくなってしまうこともあります。

そんなときは「メモ帳」を開いてそこに一度、文章をコピペしましょう。

完了したら、メモ帳にコピペした文章をまたマウスや「Ctrl」+「A」キーですべて選択して、「Ctrl」+「C」キーでコピーします。

それをメールにペーストすれば、文字の大きさは調節できます。

ためしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク