履歴書の趣味の欄は「旅行」「料理」と書いてみた

就職・転職活動で履歴書を書くときに、「趣味」を書く欄が載っている履歴書もあります。

「趣味・・・」といわれてすぐに思いつく人はいいですが、趣味らしいものはなくて、何を書いていいか悩むときもありますよね。

そんな方のために、ちょっとしたアドバイスをここで書いていこうと思います。

履歴書の「趣味」欄の役割

会社の面接官の判断にもよりますが、履歴書の趣味欄の役割といえば、

・その人がどんな人なのか知るため

・面接のときの雑談のネタになる

・採否にはほとんど影響がない

という点だと思います。

「応募して来た人がどんな一面を持っているのか?」という点が、趣味から垣間見えることもあります。

外見はすごく真面目そうに見えるのに、意外な趣味などを持っているのがわかると、やはり印象に残りやすいという点もあります。

中には応募した会社の仕事に関連するような趣味を書いてくる方もいますが、そこまでしなくても、その人となりがわかるようなものであれば、仕事と関連のない趣味でもOKだと思います。

面接中の話のネタとして

後は面接で、採否に影響する堅苦しい話ばかりしていると、場も和まないし応募者も緊張しっぱなしで疲れます。

そのために趣味や特技などの話をして、緊張感をほぐしてしゃべってもらうことも大事なのですね。

特に面接が始まったときは、お互いに話がしやすいように、当たり障りのない話題から入った方がやりやすい場合もあります。

そういった意味で、履歴書の項目の中には「志望動機」や「自己PR」など、合否に大きく関わってくる項目もありますが、それほど影響のない「趣味・特技」などの項目も必要なのです。

ただ「自分の趣味をどう説明してくれるのか?」という、中身よりも説明の仕方を見ている面接官もいます。

あいまいな言葉で逃げないように、しっかり説明できるようにしておきたいですね。

どんな「趣味」だったらいいのか?

とりあえず趣味を書く欄があったら、「なし」と書いたり空白にしておかないで、何か書くようにしましょう。

「無趣味だから書くことがない」という方もいますが、よく考えれば何かあるはずです。

「なし」と書いたり空白のまま提出してしまうと、「真剣に考えていないのでは?」と面接官に受け止められてしまいますので、何でもいいので書いておきましょう。

履歴書によく書いてある趣味といえば、「読書」「映画鑑賞」「スポーツ観戦」「音楽鑑賞」といったところです。

ただこれだけだとざっくりしていてわからないので、面接官もいろいろ質問してくると思います。例えば、

「どんなジャンルの本を読んでいるの?」

「月に何冊ぐらいの本を読んでいるの?」

「どんな映画・スポーツ・音楽が好きなの?」

といったことは聞いてくることもあります。

それにはしっかり答えられるようにしておきたいですね。

読書に関して言えば

「文学作品が好きで○○(作者名)の作品はけっこう好きで読んでいます」とか、

「いろんなジャンルの本を読んでいまして、最近読んでみておもしろかった本は○○です」など答えられればいいのではないでしょうか。

ただ読書にしても人によって読む量も違ってきますし、読むのが難しい本もありますので、月に1冊とか2ヶ月に1冊というペースの人もいるでしょう。

程度の差はありますが、それでもその人が「本を読むのが好き」であれば、それが趣味となりえるのではないでしょうか。

面接官から「それほど本を読んでいないよね?」と言われたら、

「時間をかけてじっくり読むのが好きなんでです」とか「電車に乗ったときや就寝する前の短い時間に本を読む習慣があります」という方法もあります。

趣味や特技に関しての質問は、合否にそれほど影響はないと思いますが、質問にはしっかり答えられるようにしておきましょう。

記入しないほうがいい趣味

パチンコや競馬などのギャンブル

基本的には自分の趣味を正直に書いたほうが、質問されたときも答えやすいのですが。

正直に書いたために、印象を悪くしてしまう場合もあります。

例えばパチンコや競馬などのギャンブルですね。

パチンコや競馬が好きな人もたくさんいますが、それをまったくやらない人からしたら、やはり印象はよくありません。

その業界に志望するときや、面接官の中にギャンブルに理解がある人がいればいいですが、そうでないときは評価を下げてしまうこともあります。

みんながみんなそうではありませんが、ギャンブルでお金を使い果たして身をくずしてしまうイメージがあるため、趣味にはあまり書かないほうがいいと思います。

アニメ・ゲームは興味を持たれないこともある

また最近多いのは「アニメ・ゲーム」です。

アニメやゲームに対しては、世代間によってとらえ方にギャップがあるように思えます。

年齢の若い人たちにとっては、アニメを見たりゲームをするのは普通の趣味ですが、

年代が上のほうになればアニメやゲームに熱中している人を「子供がやる幼稚なもの」とみなす人も多いのです。

それが履歴書に書いてあることで、「働く年代になって何を言っているんだ?」と、なんとなく軽く見られてしまうこともあるのです。

もちろん理解ある大人もいますし、趣味に書いても問題ないかもしれませんが、あまりこころよく思わない人がいることも確かです。

趣味の欄はそれほど重要な項目ではありませんが、面接官にどう思われるかよく考えて趣味を選んだほうがいいですね。

趣味を「旅行」と「料理」にしてみた

「旅行」の場合

あとは趣味に「旅行」と書く人も多いです。

年に2~3回ほど、海外や国内の旅行に出かける人は趣味が旅行でもいいですが、

旅行が好きでもほとんど出かけた経験がなければ、書いていいか迷いますよね。

それでも自分が好きと思えば、趣味として書いてもいいのではないでしょうか。

年に1回ぐらいの旅行でも、本人が趣味といえば趣味ですし、それほど遠くへ行かないで近場の観光地へ車やバイクや電車で日帰りで行くのも「小旅行」ぐらいになりますよね。

ほとんど旅行に行った経験がなければ、

「最近は旅行に行く機会がありませんが、地図や時刻表などを見てどこへ行こうか計画を立てるのが好きです」

といえば「この人は旅行好きだな」と思ってくれますよね。

「料理」の場合

あとは「料理」と書く人もいます。

本格的に料理が好きな人ならいいですが、これもどこで線引きしたらいいのか、よくわからないものです。

ある男性の応募者に趣味欄に「料理」と書いてあったので、「どんな料理が得意ですか?」と聞いたら、

「インスタントラーメンやお茶漬けの上に、いろんなトッピングを乗せるのが好きなんです」という答えが返ってきました。

「う~ん、それって料理なのかな?」と思いましたが、本人はいろんな具材をためしているらしく工夫もしているので、「料理ではない」とはいいがたいですよね。

趣味として旅行や料理が当てはまるのか、線引きがむずかしいところもありますが、そんなに気負わずにちょっと砕けた会話ができればいいのではないかと思います。

履歴書の趣味や特技であれこれ悩む方もいますが、そこに時間をかけてもあまり意味はありません。

より重要なのは志望動機や自己PRの方ですので、そちらに時間をかけてじっくり考えるようにしましょう。

趣味や特技を書きたくない人は、そうした項目が載っていない履歴書を選んで購入してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。