面接中にその場で「採用!」を言い渡されたらどうするか?

いきなり「採用!」って・・・

就職・転職活動の最終面接で、その場で「採用!」を言い渡されることもあります。

「え~では、あなたは採用ということで・・・いつからウチに来られますか?」

とか言われたら、どう返事をしていいか困ってしまうこともありますよね。

パートやアルバイトの面接なら、その場で採用されることも多いと思いますが、正社員の面接だとちょっとびっくりすると思います。

そんなときはどうしたらいいかを、ここで書いていこうと思います。

その場で「即採用」を言い渡す面接官の思惑

本来であれば採用か不採用か、あるいは面接通過の結果は、面接終了後に何日かたって、電話やメール、手紙などで伝えられることが多いです。

それでも選考のやり方というのは、会社によってその方法も変わってきます。

最終面接の場で面と向かって内定を告げられたり、面接が終わった当日のうちに電話がかかってきて、内定を言い渡されることもあります。

「入社する人材を選ぶ時は慎重になって時間がかかると思うけど、なぜ簡単に即決できるんだろう?」と疑問に思う方もいると思います。

会社側にもいろいろと思惑があるのですね。その理由としては、

・面接の場に採用の決定権を持つ人がいる

・応募者が必要な人材だと判断して、早めに確保しておきたい

・とりあえず人手がほしいので即決した

などがあります。

どんな場合で「即決」するのか?

面接の場に採用の決定権のある面接官がいれば、その人の判断で応募者に内定が言い渡されることもあります。

最終面接でその会社の社長が面接官として出席していたり、または小さい会社で社長が一人で面接をおこなっているところは、そうしたことがあります。

それでも大手の企業になると、求人への応募数も多くなります。

そのときは即決などしないで、人事担当者の中でどの人にするか時間をかけて話し合われて、結果の連絡は後日というところがほとんどだと思います。

また「優秀な人材を確保しておきたい」と考えることもあります。

新卒採用の面接で「この人は将来性がありそう」と判断できたり、中途採用でも「高い専門性やスキルを持っている」と判断できたら、

「ほかの企業にとられないうちに、内定を出しておこう」と判断するかもしれません。

たとえ第一志望の企業でなくても、会社側がはやめに採用の返事を出すことによって、応募者の気持ちが自分の会社に向くこともありますよね。

面接中に採用を言い渡すことによって、「ぜひわが社に来てほしい」という意思表示を出すこともあります。

急に人手がほしくなったとき

それ以外には、会社が慢性的な人材不足だったり、事業拡大で急に人手がほしくなったときに即決する場合もあります。

そのときは、応募者がある程度の条件をクリアしていれば、比較的簡単に内定を出したりするのですね。

まずは早急に人手をそろえることを優先して、あまり能力や経験がなくても特に問題のない応募者だったら「では明日から来てください」という求人もあります。

もしくは営業などで、ある程度の人数を最初に雇ってしまって、実際に仕事をやらせてみて、

その中でいい成績を残せて生き残れる人材だけを残すというやり方もあります。

入るのは簡単だけど、仕事は比較的厳しいという離職率の高い会社は、即内定を出すところは多いのではないでしょうか。

その場で採用を言い渡された時の対応の仕方

面接の最後に、

「ここで面接の結果を申し上げますと、あなたは採用となりました。よろしいでしょうか?」

といわれた日には、

「えぇ!?」

って驚きますよね。

面接の結果をその場で告げられるのは予想外だし、心の準備もできていないので、どうしていいかわからないと思います。

そんなとき、特に断る理由がなければ「はい」と承諾しておけばいいと思います。

家に帰ってからまたよく考えて、納得できなかったら電話で辞退する電話を入れればいいのですから。

いったん承諾しても後で断ることはできますし、違法ではありません。

会社の人事担当者も受け入れてくれるでしょう。

その場でサインはしない

しかし面接官も「はい」の返事をもらったら、「ではこの書類にサインしてください」と、たたみかけるように内定承諾書を出してくる場合もあります。

内定承諾書に法的な拘束力はありませんが、あいまいな気持ちのままサインをしてしまうとあとで面倒なので、とりあえずその場では口約束だけにしておきましょう。

会社への内定承諾の返事は、ちょっと時間をもらって待ってもらうのです。

面接の場でどんなにいい条件が提示されたとしても、その場で簡単に承諾の返事をしないで、いったん家に持ち帰ってよく考えてみましょう。

面接のときは、相手の言葉とその場の雰囲気に飲まれて「入社してもいいかも」と思うときもありますが、家に帰って冷静に考えてみれば、いろんな考えがめぐってくるものです。

「即決に対して即決で返すのが礼儀」とは思わずに、多少は考える時間をつくりましょう。

返答にはあせらずに考える時間をつくる

返答を待ってもらうときの文句としては、

「内定の返事をいただきまして大変うれしいのですが、多少考える時間をいただきたいのですが、よろしいでしょうか?」とか。

「家族とも話し合いたいので、承諾の返事はまた後日でもよろしいでしょうか?」とか。

またほかに面接を受ける予定があったり、結果待ちの会社があれば、それを正直に面接官に伝えてもいいと思います。

「今、合否の結果を待っている企業があるのですが、その結果がわかってから返事をしてもよろしいでしょうか?」など。

複数の求人に応募していることもめずらしくはないので、その辺も考慮してくれると思います。

返事も面接の翌日か2~3日後か、1週間ぐらいなのか、どのくらい待ってくれるのかは、会社によって違ってきます。

そのへんの交渉も簡単に折れずに、自分の主張はしておきましょう。

家に帰ってひとりで考えたり、家族と話し合ってよく考えた結果、辞退することを選んだときは、会社に電話をかけて断っておきましょう。

「面接のときに承諾する返事をしましたが、よく考えた結果、申し訳ありませんが辞退させてください」といえば、相手も文句は言えません。

即日採用する会社はブラックなのか?

これらの理由をふまえると、その場で採用を出したからといって怪しい会社とは言い切れません。

中には条件のいい会社もあると思います。

ただ何もスキルがなく未経験でも簡単に雇ってくれる会社は、慎重に決断をしたほうがいいでしょう。

仕事内容や給与、福利厚生や休日などのことは面接官が離してくれると思いますが、

そうしたくわしい話がほとんどなく採用の返事が来たときは、自分のほうからよく聞いておきましょう。

聞きにくい状況であっても自分自身のことですから、採用の返事に承諾する前に、疑問に思うことや納得のいかないことは、その場で確認しておきましょう。

あいまいな部分を残したまま簡単に承諾の返事はしないようにしたいですね。

志望度が高い会社から、その場で採用をもらえたらうれしくなると思いますが、これから毎日通う職場になるのですから、よく考えてから決断したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。