履歴書に印鑑を押す欄がないときは押さなくてもいい?

コンビニや書店、文房具店など市販で売っている履歴書を見てみると、「押印(印鑑を押す)欄」がない履歴書が多くあります。

それを見て「あれ?昔は履歴書に印鑑を押す場所があったような・・・」と思う方もいるでしょう。

「履歴書に印鑑は必要」だと思って、名前を書く欄などに印鑑を丁寧に押してくる方もいますが・・・

今はどういう決まりになっているかといいますと。

履歴書に「印鑑」を押す必要はなくなりました

平成9年に閣議決定された「 押印見直しガイドライン」によって、現在のJIS規格の履歴書には押印欄は廃止になりました。

これは新卒の就職活動や中途採用の転職活動用、パート・アルバイト用の履歴書ともに同じです。

「 押印見直しガイドライン」の記述の中身を引用しますと、

 ア 押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。

(注)次のような文書は、上記に該当すると思われる。

úA 履歴書、住所変更届、廃業届等で、単に事実・状況を把握することのみを目的としているもの

という総務庁からの見直しがあったため、履歴書に印鑑を押すことは廃止になりました。

ですので押印欄がなければ、印鑑を押す必要はありません。

「記名のみでよいこととする」と書いてありますので、履歴書に本人の氏名が書いてあればそれでOKなのですね。

昔は「この履歴書は、間違いなく本人が書きました」という誓約の意味を込めて印鑑を押したようですが、

履歴書には本人の名前も書いてありますので、次第に印鑑の役割がうすれてきて「印鑑は押さなくてもいいよ」ということになったようです。

履歴書に印鑑を押す場合は?

日本には横書きの場合、署名(記名)のすぐ右側に押印する慣例的な決まりがあります。

でもそれは、就職・転職活動のときはやらなくていいでしょう。

履歴書だけでなく「職務経歴書」や「送付状(添え状)」「封筒」の自分の名前の横に印鑑を押す必要もありません。

そうした取り決めはありませんし、企業からの指定もないのに印鑑を押しても意味はありません。

ただ大学など学校で独自で作っている履歴書や、企業がつくっているエントリーシートの中には、押印する欄や場所があるかもしれません。

そうしたところにはしっかりと印鑑を押しておきましょう。

それと実は市販で売っているJIS規格の履歴書の中にも、押印欄がある履歴書があります。

「押印見直しガイドライン」があったとしても、それは強制というわけではないのでしょうね。

履歴書を作っているメーカーによっては、上のような押印欄のある履歴書も売っています。

上の赤丸の「印」の欄がある履歴書を自分で選んだ場合には、印鑑は忘れずに押しておきましょう。

押す場所がない履歴書のときは、印鑑を押す必要はありません。

印鑑を押したくなければ、押印欄のない履歴書を選んで書きましょう。

自分で履歴書をパソコンで作成したときも、印鑑はいりません。

またまれに履歴書に押印欄がないのに、押印を求めてくる企業もあるかもしれません。

企業の人事担当者からそうした指示があったときに印鑑を押せばいいので、最初から無理に押さなくてもいいのです。

提出した履歴書に印鑑が押してなかったからといって、採用で不利になるようなことはありません。

履歴書の印鑑は100円ショップの印鑑でもOK

印鑑の種類は「実印」「銀行印」「訂正印」などいろいろ種類があります。

その中で役所や役場や銀行などで印鑑登録されていない印鑑のことを「認印(みとめいん)」といいます。

認印を印鑑登録したものは「実印(じついん)」といいます。

要は、ハンコが売っているお店や100円ショップで買って登録していない印鑑は、そのまま認印となりますが、それを印鑑登録をすれば実印になります。

履歴書には認印を使いましょう。

実印を履歴書に使ってもかまわないのですが、個人情報保護の点から、履歴書用の認印を用意しておいたほうがいいですね。

認印はハンコを売っているお店か、100円ショップに行けば売っています。

自分の苗字のみが彫刻されているハンコが売っていますので、それを履歴書用の印鑑として使いましょう。

認印は今後も使うことが多いので、ひとつ持っておくといいですよ。

シャチハタを使う方もいますが、シャチハタは印鑑ではなくスタンプですので、履歴書などの公式の書類には使わないほうがいいでしょう。

あと用意するのは「朱肉」です。

朱肉を持っていないときは、ハンコが売っているお店や、書店、文房具店に売っています。

印鑑のきれいな押し方

印鑑を持って、自分の苗字が彫られた面を朱肉にポンポンと3、4回ぐらい押します。

そして履歴書の押印欄に印鑑を押すのですが・・・

硬い机の上に履歴書を置いて印鑑を押すと、印影の一部が欠けたり、かすれてしまうなど失敗してしまうことが多いです。

こうなるとせっかく書いた履歴書も、台無しになってしまいます。

失敗した上からかたちにそって押し直しすると、よけいにおかしくなってしまいますし、失敗した印影に二重線を引いて、その横に新しく印鑑を押すなんてこともできません。

押印は修正のきかない一発勝負ですので、失敗したときは、新しく履歴書を作り直しましょう。

ですので印鑑を押すときは慎重に。

こうしたかすれてしまう失敗を避けるためには、よく朱肉をつけて印影が薄くならないようにして、

履歴書の用紙と机の間に、何かクッションになるものをはさみましょう。

ノートなどクッションになるものをはさんでもいいですし、「捺印マット」を購入してもいいですね。

捺印マットは、ハンコが売っている店やアマゾンなどで買えますよ。

そして履歴書にいきなり印鑑を押さずに、コピー用紙などで何度か押印の練習を必ずしましょう。

履歴書にいきなり押すとたいてい失敗します!

印鑑を押すことに慣れていないのですから、一発勝負のために、慣れるまで練習しましょう。

机の上にクッションを置いて、その上にコピー用紙を乗せて何度も印鑑を押してみて、かすれたりななめにならないように押し方を練習してみてください。

印鑑を押したときに「『の』の字に押す」ということをよく聞きます。

押したときに印鑑を動かさないようにして、『の』の字の感覚でぐるぐると印鑑に力を加えて、かすれたりしないようにしましょう。

履歴書に押す印鑑は、多少は斜めになってもかまわないと思いますが・・・

上の写真の一番左側と右側の印影は、ちょっとななめすぎる気がします。

あまり傾かないようにまっすぐにして、印影の角度にも気をつけたいですね。

また押印欄の枠の中の真ん中の位置に押すようにして、枠からはみ出さないように気をつけましょう。

履歴書を書く前に、最初に印鑑を押してから書き始めてもいいですし、全て書き終わってから印鑑を押してもいいでしょう。

最初に印鑑を押したときは、文字を書いている途中で印影の部分に触れてかたちを崩したり、汚れたりしないように注意したいですね。

使った印鑑は、テイッシュなどで印面をきれいにふき取って、就職・転職活動やその他の機会にまた使えるように保管しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク