求人に載っている「資本金」や「従業員数」からわかること

ネットの求人を見ていると会社の情報として、「資本金」や「従業員数」が掲載されいていることがあります。

ハローワークの求人票にも、右上あたりにそうした情報が載っていますよね。

また会社のホームページを見ると、「会社概要」といったページにそうした情報が載っています。

単純に資本金の額や従業員数が多ければ、その会社の規模が大きくて、安定している印象を持つこともありますが。

こうしたことは就活の会社を選ぶ上で役に立つ情報なのか、ここで説明したいと思います。

「会社概要」で見ておきたい点はどこか?

どの企業でもホームページや、パンフレットなどには「会社概要」というものが載っています。

だいたいどういう会社なのかが、おおまかに紹介されているのですね。

例として就職や転職情報・求人を提供している企業「マイナビの会社概要」を見てみますと、

1.会社の商号

2.本社所在地

3.代表者

4.設立年月日

5.事業の目的

6.資本金

7.主な株主

8.取締役及び監査役

9.社員数

10.許可

11.取引銀行

といった情報を見ることができます。

企業によって会社概要のせる情報も多少は変わってきますが、だいたいこうしたことが書かれています。

就活するときは3の代表者(代表取締役社長の名前)と、5の事業目的は軽くおさえておきたいところです。

社長の名前を知っているか面接で聞かれることもあるかもしれないので、念のため覚えておきましょう。

そして「資本金」と「社員数(従業員数)」も書かれています。

資本金の額が大きければ安定した会社?

資本金というのは、株主が会社に出資をしたお金になります。

出資してもらった資本金の額が大きければ大きいほど、安定した会社というイメージもありますが、一概にそうとは言えません。

会社を一から起業するときに、株主から○○万円を会社に出資をしてもらうとか。

または会社の規模が大きくなって、追加で設備投資するときに、これまでの株主や新たな株主を募って、またお金を出資してもらう。

そのときに集まったお金が資本金です。

例えば一からラーメン屋を作りたいと思ったとき、店舗代やラーメンを作る設備や道具、材料などを自分の手持ちのお金だけでそろえてはじめるのは大変です。

お金を持っている人に出資してもらったほうが、はじめるのも簡単ですよね。

そして、そのラーメン屋も経営がうまくいって、もう一店舗増やしても儲かると思ったとき。

また出資してもらってお金を集めて、そのお金を使って新しいお店を作るといった具合です。

いってみれば資本金は、過去に出資を受けた合計金額ということになります。

資本金の額はあてにならない?

資本金が大きいと、それだけ過去の実績は大きい企業といえますが、それはあくまで「過去」の話です。

現在の経営状況がわかるような数字ではありません。

また出資してもらった資本金を元に商売をして利益を出したとしても、その利益の額が資本金には反映されないのですね。

あくまで出資してもらったお金が資本金となります。

そのため資本金が1000億円ほどあっても、経常利益がマイナス数百億円という企業もありますし。

反対に資本金が数千万円程度でも、売上が黒字で数億円単位で儲かっている企業もあります。

資本金が少ない企業でも、利益を出している企業はたくさんあります。

ですので資本金は、企業を判断する目安となるものではないのですね。

「従業員数」からわかること

従業員数が多い方が、企業としては規模が大きくて安定しているイメージもありますが・・・

大きな企業でたくさんの従業員をかかえていても倒産することはありますので、それを全て信じるわけにはいかないですよね。

また創業したばかりの企業で、従業員数が10~50人とか少なければ、今後も成長していく可能性もあると思いますが。

創業から10年以上たっても従業員数が10~50人とかなら、経営者は規模を大きくする気がないのか、会社を大きくするのが得意ではないのかもしれません。

だいたい同じ従業員数で長年続いている会社は、アットホームな雰囲気で人間関係が濃い会社も多いと思います。

そうしたところに入社してなじめるかという点も、面接などで確認しておきたいところです。

「資本金」と「従業員数」から何がわかるのか?

「資本金」と「従業員数」から何がわかるかというと、それによって企業が区別されるようになります。

「大企業」なのか「中小企業」なのか「小規模企業」なのか分類されるようになるのですね。

中小企業や小規模企業の定義は、「中小企業庁」というところで公表しています。

そのサイトに掲載されている図を見てみますと、

となっています。

上のように、「中小企業」というのは定義が明確に決まっています。

そしてそれは「資本金の額」や「従業員数」で分類されるのです。

「中小企業者」以上の資本金や従業員数がある企業は、大企業となります。

また中小企業に分類されると、企業は各種税制優遇などいろんな恩恵を受けることができるのですね。

就職活動ではあまり意味がない?

「資本金」や「従業員数」を見て企業を分類することはできます。

そうした意味合いのもので、就活している人にとっては、特に意味のある数字でもないですよね。

「資本金」や「従業員数」の数字が大きいと大企業になるので、そうした企業は「将来が安定している」と安易に連想しがちですが・・・

大手企業でも倒産することはありますし、反対に中小企業でも経営が安定して成長している企業もたくさんあります。

企業の大きさと安定性は、あまり関係ないと思ったほうがいいでしょう

志望先の企業の情報を集めてみて「今後の企業の成長が望めるのか?」「安定しているのか?」といったところを研究する方もいます。

しかし過去の数字をどれだけ並べてみても、将来がどうなるのかまでは予想はできないと思います。

「今後つぶれそうな企業」よりは「安定・成長している企業」に入社したいと思うものですが、それを見抜くのはむずかしいです。

それよりも企業選びをするときは、「自分のやりたいことができるか」といったことや、給与や福利厚生やその他の条件をよく知っておいたほうが間違いはないでしょう。

「資本金」や「従業員数」や会社概要の情報は、軽くおさえておくぐらいにしておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。