フリーターで結婚すると「将来はこうなるだろう」という未来予想

愛情だけでは結婚生活は続かない?

「結婚するにはタイミングが大事」とも言われます。

結婚したいと思える相手が見つかった時に、その時の勢いに任せて結婚してしまうカップルもいますよね。

もしくは妊娠して子供ができてしまったために、結婚せざるを得なくなったとか。

そして結婚して一緒に暮らすようになってから、相手のこれまで見えてこなかった部分が見えてくることが多いです。

「短気、だらしない、ケチすぎて相手のことがいやになった」とか、「浮気していた」とか、「借金があることが分かった」などなど。

一緒に暮らしてみて、そうしたことがわかってしまい、後悔してしまうこともあります。

特にフリーターで結婚する場合、結婚後に夫婦の間でよく問題になるのは「お金」です。

ほかにもいろいろ問題はあるのですが、「お金の問題」で夫婦の間に亀裂が入って、関係がこじれていってしまうことが結構多いのですね。

もちろんフリーターでお互いの関係がうまくいっている夫婦やカップルもたくさんいます。

でも最低限、生活に困らないだけのお金があったほうが、お互いの関係は良好に保てます。

生活していくお金が不足することで、だんだん不満がたまっていって、互いの関係がギスギスしだして、そのうち話もしなくなり、別居や離婚など別れてしまうことがよくあります。

それまでまわりが引くほどのラブラブのカップルだったとしても、相手の金銭感覚のなさを見て一瞬で目が覚めて、あっという間に二人の間に亀裂が入ることがよくあります。

そうならないように気をつけたいですね。

付き合っている彼女がフリーターの場合

「彼は正社員として会社で働いているけど、彼女のほうはバイトをしているフリーター」というカップルもいます。

この場合、経済的に生活を支えていくのは、男性のほうになると思います。

パートナーになる男性の考え方にもよりますが、

彼女が正社員だろうと、派遣社員やパート、アルバイトをしているフリーターや無職でも構わないという方も多いでしょう。

中には世間体のために「女性も正社員じゃないとダメ」という考えの持ち主だったり。

経済的に苦しいから、しっかり共働きしてほしいという方もいます。

しかし男性のほうは「結婚後は出産や育児もあるし、彼女にはある程度の時間的な余裕があったほうがいい」と考える方もいます。

男性は結婚相手の女性の経済力を、さほど気にしない人も多いと思います。

そのカップルの事情にもよりますが、「彼女がフリーター」という理由で結婚を嫌がる男性はそうは多くはないです。

付き合っている彼氏がフリーターの場合

「彼氏がアルバイトをしているフリーター」となると、付き合っている彼女としては将来不安ですよね。

20代前半だったら、まだ何となく許せても、20代半ばを過ぎても彼がフリーターだと困惑しますよね。

そんなときは、

「これから先もずっとフリーターなのか?」

「将来はどう考えているのか?」

を聞いてみましょう。

将来のことを真剣に考えていなかったり、考えていても全く行動に移さない男性と結婚して一緒になっても、これから苦労する可能性が高いです。

その男性との相性なども結婚する上では大事なことです。

しかし「この人は、しっかりお金を稼いできてくれるのかどうか」も、別の視点をもって冷静に見極めましょう。

「お金を稼ぐ能力がない、もしくは稼ぐ意欲がない男性」

「お金は彼女のほうに頼り切って、なるべく働きたくないという男性」

と結婚するとかなり大変です。

その上に貯金もなく、借金があって浪費癖があると、アリ地獄に引き込まれるような生活になって後悔してしまいます。

親からの援助があるならともかく、そんなお荷物を抱えると自分自身の将来も危うくなります。

「お金がなくても愛情をもって彼を支えたい」という女性もいますが、相手にだまされていると思ったほうがいいでしょう。

女性と男性では考え方が違う

男性のほうが主夫として家事や育児などを担当して、女性が外で働いて生活を支えるという役割分担ができていればいいのですが。

それすらあいまいなまま、仕事や家事や育児などがほとんど女性のほうが受け持つような生活になったら、体がもちませんよね。

特に女性の場合は「出産」があります。

育児休暇があったり、出産後や子育ての休みの間の生活を保障してくれる会社ならいいのですが、そんな会社ばかりではありません。

働けない期間ができてしまうため、やはり家計は男性に支えてもらいたいと思っている女性も多いでしょう。

また女性の両親がしっかりした人だったら、

「フリーターなんかしている男に、うちの娘はやれない!」

というでしょうね。

世間体もありますが、両親からすれば今後自分の娘が、お金で苦労することが目に見えてわかってしまうために、結婚に反対されることもあります。

女性の場合、フリーター男性との結婚は、よく考えてからの決断をおすすめします。

2人ともフリーターの場合は結婚できない?

男女ともにフリーターとして、共働きする場合もあります。

仮にアルバイトで1人が月15万円稼いだとなると・・・

2人いるので、15×2=30万円/月となります。

年収は、30×12=360万円。

2人で年収が360万円というのは、20代の年齢ならまずまず(?)なのかもしれません。

ちなみに20代後半の男性の平均年収は371万円、女性は295万円です(年収ラボ)。

しかし正社員として働いていれば年収が上がる可能性がありますが、アルバイトの場合は働く時間を増やすしかありません。

パート・アルバイトの仕事は、思った以上に稼げません。

「2人で稼げば何とかなる」場合もありますが、今後結婚してよりお金が必要になった時に、苦しくなると思います。

今後お金が必要になってくるときというのは・・・

・出産と子育て

・親の介護

・家族の病気やケガ

という点です。

「お金」はどうしても必要になってくる

子供が生まれればその分だけ、衣食住にかかるお金が人数分だけ増えますし、教育費その他の出費も増えます。

また自分や相手の両親が老いてきて、自分で生活ができなくなり介護が必要になったら、介護のためのお金も必要になります。

そして自分や自分の家族がいつ、大きな病気にかかってしまったり、けがをしてしまうかわかりません。

病気にかかっていることがわかったり、いきなり大きなけがをして、その治療費や入院費が大きな負担になってしまうこともあります。

特に収入を支えている人が、病気やけがになって働けなくなったら、生活も困ってしまいますよね。

また、お金の面で親に頼っていたけど、その親が病気で働けなくなったり、急に亡くなってしまったら、どうしていいかわからなくなりますよね。

自分の両親や親せきが経済面でサポートしてくれれば助かります。

でも誰も助けてくれなければ自分で借金するしかなく、額の大きさによっては途方に暮れてしまうこともあります。

生活はできたとしても、常に借金を抱えてお金がない状態が続き、貧乏から抜け出せなくなってしまいます。

そうならないために、将来のことはよく考えておく必要がありますよね。

パート・アルバイトの仕事を続けるデメリット

正社員と比べてパートやアルバイトの仕事は、働ける時間を選べるなどのいい点もありますが、悪い点もあります。

それをいくつか挙げてみますと、

・仕事を失いやすい

・給料が上がらない

・社会保険がない

・正社員になれない

といった点が挙がります。

アルバイトは派遣社員と同じく、仕事をする「契約期間」が定められています。

契約期間はバイト先によって違いますが、3か月とか半年というところが多いのではないでしょうか。

契約期間が終わりに近づいてきたら、次回の契約を更新するかどうか双方で話し合いになりますが、

バイト先から「次回の契約はしないよ」と言われれば、それで仕事を失ってしまいます。

もちろん仕事をしっかりやっていなかったり、遅刻や欠勤が続けば責任者の判断でクビになることもあります。

いきなり仕事を失ってしまうと、収入が途絶えてしまって、次の仕事が見つかるまでの生活も困ってしまいますよね。

そういう不安は常に付きまといます。

またアルバイトは「時給1000円」とか「日給8000円」とか、働いた時間によってもらえる給料が決まります。

長年勤めてベテランになったら、時給を1000円から1100円に上げてくれる職場もありますが、もらえる給料はそれほど上がりません。

バイト先に貢献して社員並みに働けるようになったのに、それが給料にあまり反映されずにずっと同じ額だったら、不満がたまることもあるでしょう。

基本的にアルバイトとして働くよりも、正社員として働いたほうが給料は多くもらえます。

あとはバイトにもあるようですが、社員であれば有給休暇が使えるようになります。

社員になれば社会保険を負担してもらえる

社会保険もそうです。

日本に住んでいれば「国民健康保険」と「国民年金」には、半ば強制で加入するようになります。

「国民健康保険」は、病気やけがをした時の医療費の自己負担が軽減される保険制度。

「国民年金」は、原則として65歳から年金を受け取ることができる保険制度です。

両方とも毎月一定の金額を支払うようになります。

「社会保険完備」の会社に入社できれば、上の2つの保険料を会社が負担して支払ってくれるのですね。

健康保険料は、原則として会社が半分受け持ってくれますので、社員の金額の負担は軽減します。

また社会保険のある会社に入れば、国民年金は「厚生年金」に変わり、国民年金にプラスして保険料を払ってくれるので、将来受け取れる年金の金額は大きくなります。

アルバイトでも条件を満たせば、社会保険に加入することができます。

ただ社会保険に入れない場合は、国民健康保険や国民年金は自分で負担しないといけないのですね。

アルバイトから正社員になるのは難しい?

そしてアルバイトから正社員になるには、ハードルが高くなります。

正社員からフリーターになるのは簡単ですが、その反対は難しいことが多いです。

その理由は、アルバイトを職歴とみなさない会社が多いからです。

もちろんアルバイトでがんばってきたことを認めてくれる会社もありますが、「バイトしかしていないの?」と判断する会社も多いです。

履歴書や職務経歴書に、これまでのアルバイト歴を書くことができますが、それほど高く評価はされません。

何年も同じバイト先で働いたとしても、それが就職活動で有利になることはあまりないのですね。

正社員として就職する人は増えてきています

厚生労働省の「労働力調査」によりますと、2015年は正社員数が8年ぶりに増えてきています。

一昨年までは正社員数が減少傾向にありましたが、昨年から増加に転じたのですね。

「結果の要約」に書いてあることを引用しますと、

2015年平均の正規の職員・従業員は3313万人と,前年に比べ26万人増加(8年ぶりの増加)

非正規の職員・従業員は1980万人と18万人増加(6年連続の増加)

さらに

2016年1~3月期の正規の職員・従業員は,前年同期に比べ60万人増加し,3325万人。

となっています。

不景気とは言われていますが、雇用環境は改善してきているのですね。

非正規の職員・従業員(「パ-ト」,「アルバイト」,「労働者派遣事業所の派遣社員」,「契約社員」,「嘱託」,「その他」)の数も増えているのですが、

今は、正規の職員・従業員の増加数は、非正規の職員・従業員よりも上になってきているのです。

雇用状況はいい流れになってきていますので、フリーターや無職の方は、前向きな気持ちで就職活動をしてみてはどうでしょうか。

フリーターだと一人で暮らしていくのも不安でしょうし、結婚も考えているのなら、定職に就くこともよく考えてみましょう。

環境を変えるのであれば、早ければ早い程良いです。

年齢を重ねる毎にチャンスを逃していくことになります。

いい機会だと思って、就活をがんばってみてください。

20代の年齢層向けの就職サイト

ネット上にも就職サイトは多数あります。

特に年齢が30歳未満の方は、まだ若いため比較的、就職先を見つけやすいです。

ハローワーク以外の就職サイトもよく見て、正社員の求人を探してみましょう。

フリーター・既卒・第二新卒者向け就職サイト

ハタラクティブは、20代をメインとした若年層の就職・転職を支援するサイトです。

私もこのサイトを見てみましたが、大手の転職サイトよりもフリーター・既卒・第二新卒者向けの求人の数が多いです。

またアルバイトぐらいしか職歴のない未経験のフリーター・既卒・第二新卒者にとっては、「職歴がないこと」が就職活動で大きな壁になってきます。

一番重要なこの点は、専門の就活アドバイザーに相談して、会社から内定をもらうためのコツを教えてもらいましょう。

それを専門にしているサイトですので、いろいろと参考になることが聞けるはずです。

そして未経験者だけでなく、職歴のある方のキャリアアップや未経験の業種への転職活動も支援しています。

詳しい内容は下記の公式サイトからチェックしてみてください。

⇒ 【ハタラクティブ】を見る

ニート・フリーター・派遣向けの就職サイト

こちらは東京都がおこなっている、20代のニート・フリーター・派遣向けの就職サイトです。

「これから正社員で働きたい!」と思っているけど、どうしたらいいか分からない方に、 カウンセリングやセミナーなどで育成支援しながら、 正社員として就職できるようサポートしています。

派遣やフリーターとして働いている方だけでなく、ずっと無職で働いた経験がない方の就職活動も支援しています。

ハローワークで求人を探すだけでなく、こうしたサイトを使うことによって、より多くの求人を見ることができますし、その中から自分に合った就職先も探せます。

興味のある方は、下記のサイトから登録してください。

⇒ 学びながら最大10万円支給+若者正社員チャレンジ事業を見る

上の2つの就職サイトは、無料で利用できます。

就職活動のサポートもしっかりやってもらえますが、登録していろんなサービスを利用したからといって、ここで必ず就職先を決めなければいけないわけではありません。

自分で気に入った求人が見つからなければ、無理に応募しなくてもいいですし、内定をもらっても辞退することはできます。

これらのサイトに登録して、求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。

これらの就職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    別に正社員で結婚してない人もいれば非正規で結婚している人もいますよ。

  2. 匿名 より:

    この記事の馬鹿なとこは
    正社員 フリーター共にメリット デメリットを公平中立に書いて、ではどうしますか?
    と読者に投げかけるのが普通なのに
    正社員のメリット フリーターのデメリットだけ記載して頭ごなしに正社員になれと言ってる低脳さ

    こういう奴に限って自分は正社員で優越感があるが、実は正社員によるストレスも溜まってるという 哀れで愚か

    • 山吉 より:

      なんだかこの記事はいろんな人の怒りに触れるようですが。
      ここではフリーターのデメリットも上げていますが「正社員の求人も増えてきているのでフリーターの方は就職活動してみてはどうですか?」ということを言いたかったのです。
      でもフリーターで幸せに暮らしている方も多いですし「正社員になる必要はない」と言われればそれまでなので。
      仕事のストレスは確かにあるけど、優越感とかは特にないですよ。