履歴書の「本人希望記入欄」には何を書いたらいいのか?

書店やコンビニなど、市販で売っている履歴書の項目に「本人希望記入欄」というのがあります。

履歴書の右下あたりに「本人希望記入欄」があることが多いですが、この項目がない履歴書も販売されています。

新卒や中途採用の就職・転職活動用の履歴書にもありますし、パート・アルバイト用の履歴書にもこの項目があります。

「本人希望記入欄」と言われても、何を書いたらいいのかわからないですし、書くことがない時は未記入のままでいいのか迷いますよね。

ここでは「本人希望記入欄」の書き方を、説明していきたいと思います。

「本人希望記入欄」に記入する内容と書き方

履歴書の本人希望記入欄には「注意書き」があったり、見本には「書き方の例」が書いてあります。

コクヨの履歴書にそれが書いてありましたので、それを抜粋してみますと、

本人希望記入欄(特に給与・職種・勤務時間・勤務地・その他についての希望などがあれば記入)

職種:営業部門

勤務地:東京・名古屋

と書いてあります。

上にあるように、特に「給与」「職種」「勤務時間」「勤務地」「その他」について、本人の希望が書ける欄なのですね。

パート・アルバイトの応募だったら、自分が働きたい曜日や時間などの「勤務時間」を書くようになります。

しかし正社員や派遣・契約社員の応募だったら「勤務時間」は、仕事にもよりますがだいたい決まっています。

ですので「給与」「職種」「勤務地」などが重要になってくると思います。

「本人の希望」だから何を書いてもいい?

「本人の希望を書く記入欄だから、何を書いてもいいよね?」と思ってしまう方もいます。

「給与の希望額は・・・とりあえず月40万円ぐらいと書いておこうか」とか。

「勤務地は必ず東京都内で」と希望をなんでも書きたくもなりますが、そうではありません。

本人希望記入欄に何か書く場合には条件があります。

それは、

・求人票に本人の希望を書いたり選択する項目があり、それに答える場合

・応募者からの連絡事項を書く備考欄として使用する場合

などがあります。

中途採用のときに「前職の給与額や、本人の給与希望額を履歴書に書いてください」と注意書きがある求人票もあります。

企業側も「応募者がどのぐらいの給与を希望しているの知りたい」と思っているのですね。

特に仕事の実績やスキルを持っている方は、低い給与では入社してくれない場合もあります。

その期待に応えられそうになかったら、企業からお断りする場合もありますし、面接のときや内定が決まった後に給与額の話し合いを持つこともあります。

書き方の例としては、

希望給与:600万円/年

など書いた希望額が必ずかなうわけではないですが、「給与」を書く場合は額をしっかり提示したほうがいいですね。

「希望の給与額を書いてください」という企業からの指示がなければ、金額は書く必要はありません。

何も書くことがない時はどうする?

また同じ企業で「違う職種」を同時に募集しているときもあります。

例えば「営業」と「事務」を両方募集しているときなどもありますので、その時は職種を間違えのないように書いておきましょう。

希望していない職種で採用されたら大変ですよね。

そして「勤務地」を選択する場合もあります。

これも企業側から候補地が挙げられていて、そこから選択して記入するようになると思います。

勤務地を一つだけ書くのか、それとも第一希望、第二希望といった感じでいくつか書くのかは企業側の指示によります。

勤務地も必ず自分の希望通りとはいきませんが、記入する場合は必ず書いておきましょう。

求人票に「給与」「職種」「勤務時間」「勤務地」「その他」の希望事項を書く指示がなかったり、

指示があっても特に希望事項を書く必要がないと思ったら、

「本人希望記入欄」には、『貴社の規定に従います』とだけ書いておきましょう。

「特にありません」とか「なし」と書いてもかまいませんが、今は「貴社の規定に従います」と書く方が多いです。

空欄にしておくと記載漏れと判断されることもありますので、何か書いておきましょう。

書くことがない時は、大きくスペースが空く項目ですが、気にすることはありません。

在職中の「本人希望記入欄」の書き方

在学中に学業が忙しかったり、仕事をしながら転職活動をしているときは、日中に電話に出ることができない時もあります。

応募した企業からの電話に出られないときのために、本人希望記入欄に一言書いておいてもいいですね。

例えば、

現在、在職中のため、日中は電話に出ることができない場合がございます。
その場合は、大変お手数ですが留守番電話にご伝言をお願い致します。
確認次第、早急にご連絡させていただきます。

またどうしても電話に出られない時間帯があるときは、それを記載してもいいですね。

現在、在職中のため、下記の時間帯は電話に出ることができません。
電話連絡不可の時間帯:月曜日~金曜日の9~17時

「入社可能日」を記載してくる方もいます。

わかれば書いても構いませんが、在職中は今の会社をいつ退職できるか、明確な日はわからないですよね。

そんな時は無理に書かなくてもいいと思います。

履歴書の職歴の欄などから、現在在職中であることが分かれば、内定が決まって入社するまでに1~2か月かかることはわかります。

入社までの日程は、面接でよく話し合うようにしましょう。

在職中の転職活動をするときは、今の会社をいつごろやめることができるのか、よく確認しておくこともお忘れなく。

会社の「就業規則」の退社するときの注意点をよく読んで、退職の仕方や退職するまでの期間をよく把握しておきたいですね。

余計なことは書かないほうがいい

「本人希望記入欄」の注意書きには、「その他」と書いてありますので、いろんなことを書いてくる方も多いです。

「家の事情により残業や転勤はできません」とか、「給与は最低でも○○万円はほしい」とか、いろいろ希望を書いてくる方もいます。

ただそれが原因になって、書類選考で落とされてしまうこともあると思います。

「本人希望記入欄」には詳細を記載せずに、書類選考を通過して面接に行った時に会社側の意向を聞いたり、自分の希望を面接官に伝えてもいいのではないでしょうか。

本人の希望をあれこれ書いても無視されるか、その内容を面接で突っ込まれることが多いです。

ですので何か希望があれば、面接で口頭で伝えてもいいと思います。

それと「車通勤がOKかどうか?」や「持病を持っている」「子供がいるため残業ができない」などの相談は、履歴書に書いてもいいですが、面接で聞いてみたほうがいいでしょう。

また「本人希望記入欄」に、志望動機や自己PRを書いてくる方もいます。

その場合は、志望動機や自己PRを書くスペースの大きい履歴書を選ぶか、

もしくは自分で履歴書を作成して、志望動機や自己PRの欄を大きくして記入したほうがいいですね。

ほかの項目にまで志望動機や自己PRを書くのは、見た目にもよくないです。

いかがでしょうか。

「本人希望記入欄」を記入するときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。