就職活動は「資格なし」でも普通に採用されます

資格を取れば就職活動が有利になるというウソ

「資格や検定を取れば就職活動をする上で有利になる」なんて話をよく聞きます。

それを信じてがんばって勉強して資格を取って、就職活動に備えようという方もいらっしゃいますが・・・

でも実際のところ、資格や検定を取っても就職にそれほど有利になるわけではありません。

ネットなどの求人をひと通り見て回ってみるとわかると思うのですが、「○○の資格を持っている人を優遇」とか書いてあるのは、そんなに多くありません。

この辺は自分が目指す業界の求人をたくさん見て、調べてみてください。

資格を取れば、履歴書やエントリーシートの「資格欄」に書ける資格や検定の種類は多くはなります。

でも仕事にあまり関係のない資格を書いても、ほとんど意味はありません。

それに仕事に関係のある資格を取ったとしても、それを優遇してくれるかどうかは、会社によって判断が変わってきます。

ただ、がんばって勉強して資格を取ったことを、しっかり評価してくれる会社の採用担当者はいるかもしれません。

しかしそれも、運頼みといった感じになってしまいますね。

資格取得で学んだことが仕事で役に立たない

ちょっと取得が難しい資格を持っていると、「やる気がありそうだね」と、がんばって資格を取ったことを認めてくれる会社もあります。

でも会社がほしがっているのは、資格の知識や「がんばって取ったこと」ではないのですね。

なぜ資格取得者を優遇してくれないかというと、

資格を通して学んだことが、仕事の内容と直結していないというのが理由のひとつです。

例えば「簿記1級を持っています」といっても、簿記1級の知識と、その会社の業務の内容が、重なり合う部分はあまりありません。

本から学んだことと、実際の仕事の現場で必要な知識は、どこかずれているものです。

まったく簿記の知識のない未経験者でも、その会社の業務にある程度たずさわっていれば、その内に仕事の内容を覚えて、普通に仕事をこなせるようになります。

簿記の資格や知識がなくても、それに関連する仕事は、未経験者でもおぼえられます。

医者や弁護士のように、免許や資格を持っていなければ仕事にたずさわることができない業務ならともかく、そうでないのなら資格の有無はあまり問題にならないのです。

こうなってくると「資格って何なんだろう?」と思ってしまいますよね。

必要になるのは資格よりも「実務経験」

資格の専門学校では、「○○の資格が就職に有利」と学校の宣伝として言ってはいます。

実際には仕事で必要になる知識と、資格で勉強する知識はまったく別物だと思ったほうがいいです。

資格の専門学校も、入学してくれる生徒を増やすために、宣伝の仕方がうまいのですね。

でも実際に役に立つ資格なのかどうかは、自分でよく調べてみるしかないのです。

資格の勉強をするのだったら、まずどれだけ就職活動で役に立つのか調べてからでも遅くはありません。

今は求人を見ればわかると思いますが、どこでも資格より「実務経験」がある人が優遇されます。

就職して仕事をして、そこで経験をつんだことが、今後、転職活動で職場を変えるときに重要視されるのです。

勉強すれば取ることもできる「資格」が、重要視されるわけではないのです。

実務経験もなしに、いろんな分野の資格を取得して、「これだけ資格を持っています」と言われても、面接官も困ってしまいます。

それに短期間で取れるような資格で就職できるなら、みんな殺到してその資格を取りに行きますよね。

資格の欄は「なし」でいい

履歴書やエントリーシートの中には、資格・免許欄のスペースを大きく取っているものもあります。

ここをなんとか文字で埋めたほうが有利になりそうな感じもします。

でも資格や検定など何も持っていないのなら、書き方としては空欄にするより、堂々と「なし」と書いておきましょう。

見栄を張ってウソなど書かないほうがいいですし、あとで資格取得の証明書を出すように言われたら、困ってしまいますよね。

資格がまったくないからといって、就活で不利になるようなことはありません。

自動車の免許を持っていなくても、必要なければ不利にはなりません。

また今後、取得見込みの資格がある場合は、現時点ではまだ取れていないため、履歴書の備考欄や職務経歴書などに「○○の資格を取得予定」とか「勉強中」と書いておけばいいのではないでしょうか。

資格欄に書いてしまうと、資格を取得したものだと思われてしまって、よけいな誤解を招くかもしれませんので。

同じ種類の資格は難易度の一番高いものだけ記入しておく

応募者の中には、履歴書の職歴欄にたくさんの資格や検定を書き込んでくる方もいます。

履歴書の資格欄に収まらないぐらいの、たくさんの資格や検定を書いてくる方もいました。

例えば日商簿記のように、「1級」「2級」「3級」の全部を受けて合格していたとしても、それを履歴書に全部書かなくてもいいですよね。

その中で一番難易度の高い「日商簿記1級」だけを履歴書に記入しておけば、本人の簿記のレベルの高さもわかります。

ほかの資格でも、同じ種類の資格だったら、一番難易度の高い資格を記入しておけば、面接官もわかってくれますよ。

資格は仕事をしながら勉強する

今はもう、司法試験や公認会計士などの難関資格に合格しても、就職先がなかなか見つからない時代になってきています。

資格を取ったとしても、就職はむずかしい時代になってきました。

「就職するためにまずは資格を取って・・・」というワンクッションを置かずに、まずはどこかに就職をして、実務経験を積んだほうが確実にキャリアアップになります。

自分の興味のある仕事を見つけて、そこで一応の目安として3年ほど働けば、仕事のスキルも身につきますし、そのあと転職を考えたときも有利に働くでしょう。

在職中にじっくり時間をかけて転職先を探せば、より条件のいい職場に転職することもできるようになります。

また、よほどむずかしい資格でなければ、仕事をしながらそれに関連する資格を勉強するのがベストです。

より若いときに仕事の経験を積んで、それにプラスして、仕事に関連した資格を持っていれば、再就職に資格も有利に働くでしょう。

実務経験・資格がないときに有利になるもの

新卒で就職活動をしていると、まわりが同年代の人ばかりであまりピンと来ないかもしれません。

しかし、就職するにあたって、もうひとつ武器になってくるのは「年齢」です。

みんな社会に出て仕事をして、年齢を重ねた分だけ「経験やスキル」に変えていきます。

若い人は仕事に関しての知識もない未経験者ですが、これから企業の将来をになってくれる存在で、仕事をはやくおぼえてくれるという点で育てがいがあるのですね。

企業も新卒の採用枠を設けて、多くの新卒者を雇うのは、やはり大きなメリットがあるからなのです。

人を採用する際は年齢以外の面も見られるので、一概には言えませんが、それでも就職活動では年齢が若い人のほうが有利になります。

年をとった分を補完する意味で資格などを取っても、あまり意味はないんです。

ずっとフリーターや無職のままでいて、気がついたときにはもう年齢が上のほうまで来ていて、後悔したり就職をあきらめてしまう人もいます。

でも「このままではいけない!」と気付いたら、できるだけはやく気持ちを切り替えて行動したほうが、その後の人生のリスクを減らすことができます。

将来設計をあまり考えずに、そのまま年をとっていって、からだが衰えて着た頃になって気付いて苦労する方もいますので、気をつけましょう。

就活で資格に頼り切るのはやめておきましょう

今はいろんな資格や検定が多くなってきています。

資格取得のためにお金や時間をかけるのは無駄だと思える資格も多いです。

また「これさえあれば就職に有利」という資格は、まずないと思ったほうがいいです。

今は何よりも実務経験のほうが優遇されます。

仕事を探すという目的がある方は、安易に資格に依存するようにはならないでくださいね。

ビジネス系の資格や検定は就職に有利?

「ビジネス系」と呼ばれる資格や検定は、たくさんあります。

ちょっと有名なところで言えば「ビジネス能力検定」、「ビジネス・キャリア検定」、「社会常識能力検定」、「秘書検定」など。

ほかにも『ビジネス』という名前がつく検定は、 「ビジネス実務マナー検定」、「ビジネス電話検定」、「ビジネス文書検定」、「日商ビジネス英語検定」などがあります。

調べてみれば、もっとビジネス関連の検定が出てくるかもしれません。

それにしても、いろいろありますね。

私は、この中で知っているのは「秘書検定」ぐらいです。

あとの検定は、ほとんどよく知りません。

「秘書検定」にしても、名前を知っているだけで、どんな検定でどんなことを学んでいるのかよくわかっていません。

また上の検定の勉強をすれば、「就職活動のマナー」の勉強になるという方もいますが。

就職活動では、ある程度のマナーをおさえておけば、こまかく勉強しなくても大丈夫ですよ。

面接官は資格や検定の事をくわしく知らない

ほかの応募者との「違い」を出すために、資格や検定の取得を考える人もいると思います。

アルバイトばかりしてきた人や無職の人など、あまり職歴がない人は、それをおぎなうために資格を取って、アピールしたいと考えるのでしょう。

でも実際には、就職活動において資格はそれほど重視されません。

もっと厳しい見方で言えば、役に立つものは、ほとんどないと思ったほうがいいです。

就職活動で資格の取得を考えているときは、そのぐらいの厳しい目線で現実を見たほうがいいでしょう。

それに、世間にあまり認知されていないマニアックな資格になると、会社の採用担当者も知らないのですね。

名前は聞いたことがあるかもしれないけど、どんな検定なのか何に役に立つのか、よくわかっていないこともあります。

本人が勉強を必死でがんばって資格や検定の取得して、面接で「○○の検定を取りました!」と言ってみても、「ふーん・・そう」といった感じの、反応の薄いリアクションしかしてくれなかったり。

高い試験代を払って資格や検定を取ったけど、かんじんの会社の採用担当者があまり知らないとなると、アピールにもなりません。

そういうミスマッチも実際にあります。

面接のときに話のネタになりそうな検定はどうか・・

今は資格や検定も、いろんなものがたくさんあって、けっこうユニークなものもありますよね。

「カフェプランナー」とか、「キャンプインストラクター」とか、「世界遺産検定」、「バーベキュー検定」とか。

そうした資格や検定を取得しても、就活で有利になることはないですが、面接官と会話をするときのネタにはなります。

面接の始めに「キャンプに行ってバーベキューをするのが好きなの?」といったところから会話が始まって、お互いに緊張感が解けて、その後も話しやすくなることもあります。

履歴書の資格の欄に「なし」と書くのもいいですが、それだけでは寂しいので、何か資格や検定を書き込みたいという人にはオススメです。

ただマイナーな民間資格は、取得するまでに時間がかかったり、受験料がそれなりに高いところが多いのがネックになることが多いです。

検定を運営するほうも、知名度がないだけに受験料を上げないと、やっていけないのでしょう。

でもこうした資格や検定は、あくまで話のきっかけになる程度のものなので、それ以上のことは、あまり期待しないほうがいいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。