就活面接時の入室から退室するまでの流れと面接中のマナー

就職活動の面接では、応募者も会社の面接官もお互いに初対面になります。

そのために、どうしても相手を見る目も厳しくなりますよね。

特に入室から退室するまでの行動の仕方は、ある程度の手順に添ったものになります。

これを知らないで適当にふるまっていると、面接官から白い目で見られて不採用になってしまうこともあります。

ですので面接前に手順やマナーをよくおさらいしておきたいですね。

ここでは面接のときの入室・退室するときの手順やマナーと、その他2つの身につけてほしいことを紹介していきます。

就職活動の面接での入室・退室のやり方

面接会場への入室するときの手順

面接は「面接が行われる部屋に入るところから始まっている」と思いましょう。

最初から油断しないようにしたいですね。

面接室へ入室するときに、ドアが閉まっている場合には、いきなりドアを開けないで、まずはドアをノックをしましょう。

ドアのノックをする回数は、3回がいいと言われています。

本当は2回でも4回でもいいのかもしれませんが、迷ったらドアノックは「コンコンコン」と、3回にしておきましょう。

ノックした後、部屋の中の人から「どうぞお入りください」という声があったら、「失礼します」といってドアを開けて、部屋の中に入ります。

そしてドアを静かに閉めたら、まずはその場で面接官のほうを向いて一礼します。

最初からドアが開いているときは、ドアの入り口で「失礼します」といって面接官に向かって一礼しましょう。

面接官から「こちらへどうぞ」と、イスの方へうながされたら、自分が座るイスのところまで歩いていきます。

イスの前に来ても、自分の判断で勝手に座ってはいけません。

面接官からの挨拶があった後、イスの前に立って「○○(自分の名前)です。よろしくお願いします」とまた一礼して、

面接官から「どうぞお座りください」といわれたらイスに座って、面接が始まります。

部屋で面接官が入って来るのを待っている場合

また応募者が最初に面接する部屋に通されて、面接官が後から入ってくる場合もあります。

この場合、面接官が入室するまでは、イスに座ってリラックスしていましょう。

ずっと突っ立って待っている人もいますが、そこまでする必要はありません。

面接官がドアを開けて部屋に入ってきたら、立って面接官に一礼しましょう。

ずっと座っていると相手に失礼なので、最初の挨拶のときは立ってするようにしたいですね。

そして「○○(自分の名前)です。よろしくお願いします」とまた一礼して、面接官から「どうぞお座りください」といわれたらイスに座るようにしましょう。

ここまでが入室のときの一連の流れです。

最初の第一印象をよくするために、「姿勢をよくすること」を意識したいですね。

そして普段から声が小さい人は、いつもよりちょっと大きめに声を出してあいさつしてみてください。

その方が元気で活発な感じが伝わります。

またバッグやカバンを置く場所とか、冬はスーツの上に着るコートなどをかけたり置く場所の指示があると思います。

そうした指示がなければ、バッグやカバンはイスの横の床に立てて置いて、その上にコートをのせるようにしましょう。

もしくはコートは、自分が座るイスの背もたれに掛けてもいいですね。

これが面接のときの入室の仕方ですが、実際はこの通りに進まないこともあります。

その時もあわてずに臨機応変に対応しましょう。

特に最初の第一印象は大事なので、あいさつはしっかりやるようにしたいですね。

面接官から名刺を渡されたときの対応の仕方

面接のときに、面接官が名刺を渡してくれる時もあります。

この行為自体は、特に意味はありません。

名刺を渡した人を特別扱いしているわけではなく、面接に来た応募者全員に配っていることも多いですし、ただ名前を覚えてほしいということなのでしょう。

名刺を渡すのは義務ではないですし、面接で自分の名刺を渡さない面接官も多いです。

でも面接の前に「名刺の受け取り方」は知っておきましょう。

名刺の受け取り方

面接官から名刺を渡されたら、座っているときは立って「ありがとうございます」とか「頂戴いたします」といって受け取ります。

そのとき軽く一礼して、両手の親指と人差し指で名刺の両端を持って名刺を受け取りましょう。

そして名刺に載っている相手の名前や会社名、部署などを軽く確認します。

受け取った名刺はそのままスーツのポケットやバッグにしまわないで、自分で名刺の字が見やすいようにテーブルの上においておきます。

面接官が複数人いるときは、片手でほかの人の名刺を持ったまま、両手で受け取るようにしましょう。

また面接官が座っている順に、名刺を横にそろえてきれいに並べておくと、名前と顔が一致して覚えやすいです。

面接官が一人のときも、目の前のテーブルの上においておきます。

そして面接が終わって退室するときは、テーブルの上の名刺を忘れずに持ち帰るようにしましょう。

名刺をまとめて手帳やノートなどにはさんだり、名刺入れにしまうなどすればいいですね。

基本的な名刺の受け取り方はそんな感じですが、よりくわしく知りたい方は自分で調べてみてください。

新卒の就職活動なら名刺の受け取り方を知らなくても、面接官は多少は大目に見てくれますが、中途採用であれば名刺の受け取り方のマナーは知っておきたいところです。

また説明会や面接などで人事担当者から名刺をもらったので、メールや手紙にお礼を書いて送る方もいらっしゃいます。

それで特に就活で有利になるようなことはないですので、無理にメールや手紙などで返事を送らなくても大丈夫です。

応募者の名刺は就職活動では必要ない

新卒の就職活動や中途の転職活動では、応募者は自分の名刺を用意する必要はありません。

学生の方の中には、自分専用の名刺をつくって、それを面接のときに渡してくる方もいます。

また転職活動のときは、在職中の会社の名刺を渡してくる方もいるのですが・・・

そうした名刺をもらっても、特に使い道はないのですね。

名刺に書いてある名前やアドレスなどの情報は、履歴書にも書いてあることです。

ですので名刺をもらう必要もありません。

それに転職活動している方は、会社のためではなく自分のために就活しているのに、在籍している会社の名刺を渡すのは、ちょっとおかしな話ですよね。

応募者から名刺を渡されたら、受け取りはしますが、持っていても仕方がないので、おそらくそのまま処分することになります。

ですので就職活動をするときは、名刺を交換する必要はなく、面接官からもらうだけでOKですよ。

「名刺入れ」があると便利

応募者から名刺を渡す必要はないので、会社の面接官が名刺を渡してくるときは、それを受け取るだけにしておきましょう。

そして、もらう名刺が多くなってきたときは「名刺入れ」があると便利です。

いただいた名刺は、その中に入れておきましょう。

100円ショップに行けば、定番のアルミ製の名刺入れが売っています。

就職活動のときは、それを使っていてもいいのではないでしょうか。

または書店で「名刺フォルダー」を買ってきて、名刺が1枚1枚見やすいように整理してもいいですね。

でも不採用になった会社の面接官の名刺は、ずっと保管しておいても仕方がないので、ゴミとして処分してもかまいません。

面接中に「お茶」が出てきた時の対応の仕方

就職活動では、面接に来た人にお茶やコーヒーなどを出してくれる会社もあります。

会社側も、面接で訪れた人にお茶やコーヒーを飲んでもらって、緊張感をほぐしてリラックスして面接を受けてほしいという配慮なんですね。

会社によっては、お茶と一緒にカステラなどのお菓子まで出してくれるところもあるそうです。

やっぱり行く先々で対応も変わってくるものですね。

私の会社でも、最終面接でお茶を出します。^^

面接でお茶やコーヒーなどの飲み物が出てきたときのマナー

面接でお茶やコーヒーが出てきても、最後まで遠慮して一口も飲まない人もいます。

本当に飲みたくないのなら飲まなくてもいいのですが、せっかく会社の人が入れてくれたものです。

面接に来た人に飲んでもらうために用意したものなので、遠慮しないで飲んでも大丈夫ですよ。

気をつけたい点は、まずお茶やコーヒーを運んできてくれた人に「ありがとうございます」などのお礼をひと言いいましょう。

こういう気づかいができるといいですよね。

それと目の前にお茶やコーヒーが運ばれてきたら、勝手に飲んでいいというわけではありません。

マナーとして面接官からの「どうぞ」の一言を待ちましょう。

面接官から「どうぞお茶を飲んでください」といわれたら、「それではいただきます」と言って、手にとってお茶を飲むようにしたほうがいいですね。

断りもなしに勝手に飲んでしまうと「マナーがなっていない」と受け取られてしまいますので気を付けましょう。

お茶やコーヒーは全部飲んでもいい?

面接している間、面接官から「お茶を飲んでください」のひと言がないときは、

会話がひと段落したときに「お茶をいただいてもよろしいでしょうか?」とひと言ことわってから飲むようにしましょう。

出されたお茶やコーヒーなどは、ちょっとだけ飲んであとは残してもいいですし、全部飲み干しても大丈夫です。

のどが渇いていれば、ゴクゴク飲めてしまうときもありますよね。

出されたお茶をやコーヒーを飲んでも飲まなくても、それが採用に影響することはないです。

面接でお茶を出さない会社のほうが多いですが、夏の暑いときに冷たい飲み物が出たり、冬の寒い時に温かい飲み物が出てくるとホッとしますよね。

また面接中に緊張でのどが渇くときもあります。

のどが渇いて声が出にくくならないように、水やお茶などのペットボトルをカバンに入れて持っていってもいいですね。

面接がはじまる前の待合室で飲むのはいいですが、面接中にカバンからペットボトルを取り出して飲むのは、マナー違反になるのでやめておきましょう。

退室するときのマナー

「以上で面接を終わります」と終了の言葉を面接官が言ったら。

イスに座ったまま「ありがとうございました」などの、お礼の言葉を述べて一礼し、それから立ち上がります。

立ち上がったらまた面接官に「これで失礼します」と一礼して、バッグやコートなどを持って、出口のドアのほうへ歩いていきます。

ドアの前まできたら、ここで面接官のほうへ振り向いて、また一礼します。

そしてドアを開けて外に出て、ドアを静かに閉めて終了です。

中には廊下のエレベーターまで見送りにきてくれる面接官もいます。

そんなときはドア前の一礼はしないで、エレベーターの中に入って、ドアが閉まる直前に一礼すればいいですね。

一礼するときも、ある程度、腰を曲げて深くお辞儀をしましょう。

一度鏡の前で、自分のお辞儀をする姿を見て確認することをおすすめします。

お辞儀するときの両手の位置とか、からだを曲げる角度とか、両足を開かない点にも注意したいですね。

首だけちょっと曲げる感じで軽々しくあいさつすると、そんな感じの人間なんだと相手の人に思われてしまいます。

お辞儀は単純な動作ですけど、ほかの人のお辞儀を見ていれば、どういうやり方がいいのかわかると思います。

そうした点も参考にしてみてください。

面接のときの入室から退室までの行動やふるまい方は、面接官の方もよく見ています。

面接に慣れていない方は、ふるまい方を自分で練習してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク