面接で採用担当者に好印象を持ってもらえる自己紹介の答え方

就職・転職活動で企業へ面接を受けに行ったとき。

面接のはじまりで企業の担当者から「まずは自己紹介をしてください」といわれることもあります。

「え、自己紹介?いきなりそんなこと言われても・・・」と、準備していないと困惑してしまいますよね。

面接のときに必ず「自己紹介してください」と、聞かれるわけではないのですが。

面接の最初で失敗しないように、ここでは就職活動での自己紹介の仕方を書いていこうと思います。

就活面接での自己紹介の話し方

自己紹介といっても、そんなにむずかしいことを要求しているわけではありません。

面接官からすれば、面接に来た人にまず自由にしゃべらせて緊張感をやわらげてもらって、体の力を抜いてもらいたいと思っていますし。

また紹介の仕方を見て「どんな人なのか探りを入れる」という意味があると思います。

そして自己紹介は文字通り「相手に自分を紹介をすること」なので、その意味に沿えば何を言ってもいいのです。

でもあまりに変なことを言うと、最初から場がしらけてしまったりドン引きされてしまいますので、言葉の選び方にも気を付けましょう。

でも、だいたい就活での自己紹介のやり方というのは決まっています。

自己紹介で何をしゃべったらいいの?

面接官から「自己紹介してください」といわれたけど、「何をどのくらいしゃべったらいいのか?」見当がつかない時もあります。

「自分の持ち時間は30秒なのか、1分なのか?」

「自分の名前から自己PRまでしゃべっていいのか?」

ということで迷うときもありますよね。

面接官から「自己紹介は30秒ほどでお願いします」とか、「名前と学校名だけ言ってください」などの制約を言ってくれればと、そんなにむずかしくはないのですが・・・

ただ「自己紹介してください」と言われただけだと、やり方もわからず戸惑ってしまいます。

そういうフリースタイルのときは、自己紹介の仕方は面接に来た人に、ある程度任せているのでしょう。

自己紹介の内容を決めてしまうと、決まり切った答えばかりでつまらないので、自由にさせているのます。

面接官も「この人はどんな事を言ってくるのかな」と探る意味でも聞いています。

そんなときは、さじ加減は難しいですが、相手を見ながら調節していきましょう。

やり方が指定されていないので、自己紹介を聞いた面接官の感想は様々だと思います。

でも最初の自己紹介の内容は、それほど重要視されているわけでもないので、うまくできなくても悩まなくていいと思います。

それよりも面接初めの第一印象は重要です。

何を言うかよりも背筋を伸ばして、面接官に聞こえる声の大きさで、あせらずにハキハキ答えるようにしたいですね。

「自己紹介」と「自己PR」は違う?

最初の自己紹介のときに、自己PRまですべて言ってしまう方もいます。

それも間違いではないのですが、面接官も自己紹介とは別に「自己PRはあとで質問しよう」と考えているときもあります。

「自己紹介」と「自己PR」を分けて考えている場合もあるのですね。

この2つの違いを簡単に言うと、

自己紹介は、自分がどんな人間なのかを伝える。

自己PRは、企業向けに自分の長所やできること、やりたいことを伝える。

となります。

両方とも意味が重なり合うところがあって、言い分けるのも難しい部分があります。

でも自己紹介の方は言えることが幅広いですから、自己PRとは別に答えを用意しておいてもいいですね。

また面接では「質問されたことを答える」のが基本的なルールです。

「自己紹介してください」と言われたら、言葉通りに自己紹介をするだけにとどめておいた方がいいかもしれません。

もしくは自己PRを全部言うのではなく、簡潔に短くまとめて言ってもいいと思います。

特に決まりはないので正解も間違いもありませんが、面接官にわかりやすく伝えることを心掛けてみましょう。

新卒と中途採用の自己紹介の例文

新卒の就職活動のときの答え方

新卒の就職活動の面接のときの一番簡単な自己紹介の例は、

「○○大学○○学部の△△(名前)と申します。よろしくお願い致します。」

です。

在学中のときは学校名と一緒に名前もフルネームで答えるようにしましょう。

簡単なあいさつで済むならこれだけでいいと思いますが、自己紹介が短いと思ったら、ほかのことを付け足していってもいいですね。

ほかには、

「自分の出身地」「大学で所属していた部活やサークル名と簡単な活動内容」「簡単な自己PRや志望動機」「趣味・特技」

などを付け足して説明してもいいと思います。

転職活動のときの答え方

学校を卒業した後の転職活動では、自己紹介で自分の学校名(最終学歴)を名乗る方は少ないと思います。

自分の名前だけでもいいのですが、それだと自己紹介も短くなるので、在職中なら現在の仕事の内容や、仕事をしていなければ「前職は何をしていたか」などの職歴を簡潔に述べる方もいます。

例としては、

「△△(名前)と申します。年齢は□□歳です。前職では○○の業務に従事しておりました。よろしくお願い致します。」

という感じです。

これだけでは足りないと感じたら、いろんな情報を付け足していきましょう。

職歴に関しては、面接中にまた質問されますので、自己紹介のときは簡潔に答えるだけでいいと思います。

職歴のない既卒やフリーターの場合は、簡単な志望動機や意気込みなどを語ってもいいのではないでしょうか。

印象に残る自己紹介を考えてみる

「○○大学○○学部の△△と申します。出身は□□です。趣味は読書です。よろしくお願い致します。」

というごく普通の自己紹介でもいいのですが、それだと何となく面白みがないと思ってしまいますよね。

また長々と説明していても、自分で着地点を見失ってしまったり、ただ長くしゃべっただけで印象に残らないことが多いです。

ですので、最後に『意外な答え』を持ってきてもいいですね。

「○○大学○○学部の△△と申します。出身は□□です。特技はけん玉です。よろしくお願い致します。」

面接官「えっ、けん玉?」とちょっと興味を持ってくれますよね。

評価を高めるというよりも、面接官に強い印象を残すことができます。

ほかの人とは違う、変わったところをアピールして「あのけん玉の人ね」と、あとで自分のことを思い出しやすくする方法です。

でもウソをつくのはいけませんし、あまりに奇をてらった自己紹介はハズすことも多いので気を付けましょう。

ほかには「出身は□□で、実家は有名な観光地のすぐ近くです。昔からよく知っている場所なので観光案内ができます」とか。

「私は友達から、芥川賞作家で芸人の又吉直樹さんによく似ているといわれています。」と言って場を和ませてくれた方もいました。

また「座右の銘」「自分の長所や性格」「打ち込んでいること」「尊敬している人物」「趣味・特技」を言う方もいますね。

自己紹介の仕方が自由であれば、自分なりのユーモアのあるやり方を考えてみましょう。

でも会社の雰囲気によっては、ちょっと砕けた自己紹介ができそうにないときもあります。

そんな時は無理をしないで、無難な自己紹介にとどめておくほうがいいですね。

最初からアピールしすぎ?

集団面接やグループ面接など、ほかにも面接を受けに来ている方が面接会場に何人かいると、対抗心からか、最初の自己紹介で自己PRを言ってくる方もいます。

そしてほかの応募者もみんな同じように、自己PRを押しまくってくるのですね。

それだとほかの人と同じになってしまい、あまり印象には残りません。

「自己紹介してください」といわれたときは、自己紹介に徹して、ほかの人とは違う自分のやり方を見せてもいいと思うのです。

そして面接官は、自己紹介の内容以外のところも見ています。

姿勢をよくして相手に聞こえる声の大きさで、自信をもって答えましょう。

特に第一印象をよく見せるときには、これが大事になってきます。

自己紹介の内容も気になりますが、それ以上に面接に臨む態度をよく見ています。

最初の自己紹介のときは、緊張するかもしれませんが、がんばってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。