第二新卒になっても十分世の中を渡っていけます

新卒で入社した方は、会社の仕事には慣れましたか?

「まだ慣れないけど、毎日何とか出社している」という方もいますよね。

企業から内定をもらえて、4月から気持ちを入れ替えて出社したけど。

入ってみたら最初からものすごい激務で、毎日夜遅くまでの残業や休日出勤が当たり前というような企業も実際にあります。

こういう企業に入ってしまうと大変ですよね。

入社前の説明では「残業もそれほど多くないし、有給休暇も取りやすいから」と言っておきながら、仕事に慣れてきたら残業の時間を増やしていって、有給も取りづらくするような企業もあります。

こうした企業の内情は、入社してみないとわからない点もあるのですね。

最近は、入社1年目の新入社員が過労死するという痛ましいニュースもありました。

自分の身を守るためには、ただ会社の言いなりになるだけではなく、自分で考えて決断する必要もあります。

「会社を辞めたいけどやめられない状況」とは?

「毎日会社に行っているけど、本当は精神的にも肉体的にもつらい状況で、いつも会社を辞めたいと思っている」けど。

そんな状態でも「辞める決心がつかない」理由がいくつかあります。

退職後の就活で再就職先が見つかるか不安

「在学中に就職活動をしてせっかく入社した会社なのに、このまま短期間でやめてしまっていいの?」というのは誰でも思いますよね。

特に苦労して手に入れたものや、手にいれたときの喜びが大きかったものは、それを手放すのが惜しくなる心理が働きます。

もったいないという気持ちが出てきてしまうのですね。

それに退職した後は短期間の職歴が残ってしまいます。

就職活動をはじめても「前職のようにすぐにやめてしまうのでは?」と企業の採用担当者に思われてしまって、「再就職先が見つからないかも?」と考えてしまいます。

それで退職することをためらってしまいます。

しかし仕事が厳しくてどうしても耐えられない時は、今後のことをよく考えるのも大事です。

就活をがんばってやっとつかんだ内定先の企業を退職するには勇気がいります。

でも自分に合わなければ、思い切って転職を考えることも選択肢に入れたほうがいいのですね。

新卒採用で会社に入社したけど、数年内に離職して転職活動を行なう若手の求職者のことを「第二新卒」といいますが、

第二新卒の就職活動は、厳しい面もありますが内定がもらえないわけではありません。

「入社してから1週間でやめてしまったとか」「3か月ぐらいでやめてしまった」という人でも、不利ではありますが、本人のやる気次第で何とかなるものです。

自分の意見が言いづらい社内の雰囲気

入社した時の新入社員は「上司や先輩の言うことには必ず従う」というような、一種の体育会系的な雰囲気の会社ってありますよね。

職場にこうした上下関係があることによって、新人の教育がしやすいというメリットもあるのですが、これが新入社員にとって大きなストレスになることもあります。

力関係では上司や先輩の方が上になります。

そのため新人は自分の意見が言い出しづらく、上から言われたことを無視するわけにはいきません。

仕事のことだけでなく残業や休日出勤や飲み会の参加など、やりたくないけど、やらないといけないような雰囲気はどこの会社にもあります。

さらに同期入社の社員が文句も言わずに、上司から言われたことに従っているのを見ると、自分だけが意見を言ったり拒否しづらくなるという面もあります。

自分の意見を言えば角が立つので、上司に気に入られるためになるべく控え目にして、言われたことは絶対に守るという考えに落ちついてしまいます。

度が過ぎてくると「みんなやっているんだから」という理由で、社員のだれもが重労働や長時間労働が当たり前になっていき、辞めたくても言い出しづらくなります。

そしてだんだん耐え切れなくなってきて、体を壊してしまうこともあります。

社内で力関係が弱い新人を守るためのルールや線引きがあいまいで、意見も言いづらいのはつらいものです。

その上からの圧力が強くてだんだん我慢がきかなくなり、退職するかつぶされるかぐらいの選択肢しか残されていないのですね。

親や学校や友人からの期待が大きい

日本では今も「いい大学に入り、いい会社に就職すること」が、一つの目標のようになっています。

その目標をかなえるための周囲の期待も大きく、自分の親や親せきや兄弟、まわりの大人たちも「いい会社」に入っていい給料をもらい、安定して働いてくれることを期待します。

ほかにも就職活動で会社を紹介してくれたり、推薦してくれた大学や教授の顔を立ててあげないといけないという気持ちも働きますし。

それに在学中に一緒に就活をした友人の手前、みっともない姿を見せないように、簡単に会社を辞めるなんてことはできないと思ってしまいますよね。

そうした「世間体」も会社を辞めたいと思う気持ちにブレーキをかける役割を果たします。

「思考停止状態」にならないために

ほかにもいろんな要因がありますが、「会社を辞めたいけどやめられない理由」が重くのしかかってきて、どうしていいかわからず思考停止状態になってしまうことがあります。

そのために毎日出社しているけど、体や精神が徐々におかしくなってしまうこともあります。

それが後々まで影響してしまったらツラいですよね。

その後退職できても何らかの後遺症が残ってしまい、その後の仕事や生活をする上で負担になったら大変です。

親や親せきや兄弟も、仕事の現場を見たり経験しているわけではないので、本人の現状や辛さなどはわかっていないのです。

「ほかの人も頑張っているんだから」とか「もう少しやってみなさい」ぐらいのはげますことしか言えません。

親や上司などは自分の立場もありますので、結局正論しか言いません。

会社で一緒に仕事をしている上司や同僚と自分を比べても、仕事に対する気持ちの入れ方が違います。

「出世したいし残業代もほしいから、毎日終電まで働いても疲れないし平気」という人もいれば。

「仕事は定時で上がって、家族と過ごしたりプライベートな時間を大事にしたい」と思っている人もいます。

同じ残業をしていても、やる気のある人は「よし!やるぞー」とモチベーションも高く保てますが、そうでない人は「また今日も残業か・・・」という気持ちです。

この気持ちの持ち方の差は、いろんなところに影響してきます。

特に「仕事をやらされている感」が強い人ほどストレスもためこみますので注意が必要です。

一番大事なのは自分のからだ

でも仕事がつらくて厳しかったら、「すぐに仕事をやめろ」と言っているわけではありません。

仕事をしていればきつくて大変なこともたくさんありますし、時には不満がたまったり理不尽なこともけっこうあります。

でも嫌なことがあるたびに仕事をやめていたら、どこも雇ってくれなくなりますよね。

それに人間はどんな状況でも耐えて、がんばることによって成長していきます。

その点は否定しませんが、人によってそれぞれ「がんばれる限界」が違います。

ほかの同僚には耐えられても、自分には耐えられないというときもあります。

「ほかの人はできるのに自分にはできない」ことを実感してしまうと、悔しさや敗北感がこみあげてきて泣きたくなることもありますが、それはそれで受け入れましょう。

限界を感じたのなら、そこで今後はどうするのかをよく考えてみるべきです。

そんな心身をすり減らすところにいるよりも、もっと違う場所を探してみてもいいのです。

短期間で仕事を辞めてしまうことは、恥ずかしいことではありません。

自分に合わない仕事や職場もありますので。

大事なのは、まず自分の体を一番に考えて、仕事のことはその次に考えるようにしましょう。

自分の体さえ健康で丈夫なら、またどこでも仕事を始めることができます。

耐え忍んでがんばっても、意味のないこともありますから。

でもそうはいっても、まじめな人ほど仕事の方を優先してしまうんですよね。

退職後の就活は厳しいかもしれないけど・・・

私の知り合いにも新卒で4月に入社して、GW明けぐらいでやめた人がいます。

典型的な5月病ですね。

その人はそのあとの再就職もうまくいって、その後も何度か転職していますが、今も普通に働いています。

ほかにも大手の企業に就職したのに1週間でやめてしまい、その後アルバイトをしながら好きなことをやって、自分で会社をつくって独立している人もいます。

その人が言うには「上司の言うことを聞いているのがアホらしくなったから」とのことですが、元々人の言うことを聞くのが嫌なタイプなんでしょうね。

短期間で仕事をやめてしまったあとの就職活動は大変かもしれません。

でもそのまま会社に居続けることのほうが、より大変な職場もあります。

そういうおかしなブラック企業は、世の中にいくらでもあります。

転職することにもリスクはありますが、今の会社に居座り続けることにも同じくリスクはあります。

どちらが正解かはわかりませんので、自分で答えを見つけるしかないのですね。

また「3か月以内でやめてしまう新人は使えない」とか「入社したら最低でも3年は勤めたほうがいい」などの話を聞きますが、そんなことは気にしなくてもいいのです。

当てはまらない人もたくさんいますから。

短期間でやめたことによって、同期入社の同僚から「アイツは逃げたな」とか「根性なし」とか思われても、そんなささいなことは気にしないでおきましょう。

また違うところでがんばって見返すことはいくらでもできます。

日本では入社した会社でじっくり腰を据えて働くことが評価されていますが、欧米などほかの国では不当な扱いがあったり、待遇に不満があればすぐに転職してしまいます。

文化の違いはありますが、転職は逃げではないですし失敗でもありません。

自分にとって働きやすい職場を見つけるために当たり前に行われていることです。

仕事をやめても何とかなるよ

新卒で入った会社を短期間でやめて、また第二新卒として就職活動をする場合、どこでも言われていますが確かに厳しくなります。

就活を続けても、なかなか内定が決まらないこともあります。

会社の採用担当者から見ても、例えば新卒で入社した会社を3か月以内でやめた人をわざわざ取りません。

特に応募者が多ければ、職歴だけ見て書類選考で落とされることも多いでしょう。

ただ会社によってもいろいろと事情はあります。

若い人がほしいため、第二新卒や既卒の人を歓迎している会社は結構あります。

特に20代でも前半の年齢なら、仕事が未経験でも需要はありますし、就職はがんばればなんとでもなりますよ。

そして就職活動を再開するときは、志望先の企業情報をよく集めて検討しましょう。

会社は入ってみないとわからない点も多いですが、入社前にできるだけ情報を集めることによってわかってくることもあります。

自分の職歴に多少不利なところがあったとしても、いくらでも挽回できます。

今の日本は長時間労働による働き過ぎが問題になっています。

それまで日本人の長所と言われていた「真面目で誠実」や「完璧主義で協調性を重んじる」といった点が逆に、私たちを苦しめるようにもなってきました。

時代の変化に合わせて、私たちも働き方を考えていかないといけないのでしょうね。

いろんな会社を見ていけば、自分に合う会社は必ず見つかるはずです。

就職活動をがんばっていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。