就活専用の腕時計を用意したほうがいい理由とおすすめのブランド

「就職活動に腕時計って必要なの?」と思う方もいるかもしれません。

今は携帯電話・スマートフォン(スマホ)を見れば時刻を知ることができるので、腕時計を持っていない方も多いですよね。

しかし就職活動で会社説明会や面接に行くときは、腕時計をしていた方がいいです。

その理由から説明していこうと思います。

就職活動に腕時計は必要ない?

「携帯電話・スマホさえあれば十分なのに」と思うかもしれませんが、腕時計が必要になる理由を挙げてみますと、

・腕時計をするのが常識

・スマホがマナー違反になる

・試験会場に腕時計しか持ち込めない

こうした点が主な理由になります。

腕時計がスマホより優れている点

会社員になると多くの人が腕時計をしています。

中には腕時計などしないで、スマホで時刻を確認している人もいますけどね。

今はスマホもありますし、部屋の中を見渡せばどこかに時計が設置されていることが多いです。

駅前や建物などにも大きな時計がありますし、現在の時刻が分からなかったら人に聞けばいいのですが・・・

会社員になるとスケジュールに沿って仕事を進めますので、時間を守ることが大事になってきます。

なのでいつどこでも素早く時間を確認できることが求められるのですね。

特に「素早く」というのが重要です。

スマホをバッグに入れていると「バッグを取って中からスマホを取り出して画面を見る」という動作をしないといけません。

これがモタモタした感じに見えてしまうのです。

スマホをスーツのポケットに入れていても同じです。

腕時計のほうが「サッと」はやく時刻を確認できますよね。

「いつでも素早く時刻を知ること」が、会社員にとっては仕事をする中でしみついてしまっているのです。

そして腕に巻き付けていることで「スマホのように落とす心配がない」という点もあります。

腕時計をすることが常識になっている?

それに「社会人になったら腕時計をするのが常識」と思っている方もいます。

特に年配の方に多いですね。

会社の面接官にも、そういう方はいると思ったほうがいいです。

面接に腕時計をしていかなかったら「あなたは腕時計をしていないの?」と聞かれるかもしれません。

そうした面倒な質問もありますので、身だしなみのひとつとして就職活動のときは腕時計をしておきましょう。

ただ、スーツやワイシャツを着ていれば、腕時計は裾に隠れて見えないことも多いです。

それでもかたちだけでもしていったほうがいいですね。

スマホを見ることがマナー違反になることも

スマホやガラケーでも時刻を確認することができます。

でも特にスマホなどはそうですが、いろんな機能がてんこ盛りで何でもできてしまうがために、いらない誤解を受けることもあります。

本人は時刻を確認するためにスマホやガラケーを手にして見ていても、ほかの人からは「何をしているのかわからない」のですね。

特に試験のときは時刻を確認するつもりでスマホを見ても、まわりからは「答えを調べようとしている!」と、変な誤解の目で見られてしまうときもありますので気をつけましょう。

スマートウォッチなどの多機能な腕時計も変に疑われたりしますので、就活であまり使わないほうがいいですね。

また試験会場にスマホなど携帯電話の持ち込みが禁止で、その上、会場に時計が設置されてない場合もあります。

時間が分からないと困ってしまいますよね。

そしてエチケットの面でも、スマホよりも腕時計のほうがいい場合もあります。

会社説明会や面接やOB訪問のときなど他人の前では、スマホを取り出して触っていると失礼だと思われてしまうこともあります。

時刻を確認するなら腕時計でしたほうがスマートに見えます。

そんな理由がありますので、就職活動のときは腕時計を用意しておきましょう。

就職活動用の腕時計の選び方

就活用の腕時計は「デザインがシンプルなもの」を選びましょう。

安いものでも高級なブランドの時計でもどちらでもいいのですが、あまり派手なものをしていかないほうがいいです。

就活のときはシンプルでアナログなものをおすすめします。

面接官は面接に来た人の腕時計に注目したり確認することはほとんどありません。

でもちょっとデカくてキラキラ光っているなど、派手な色やかたちをした腕時計がチラチラ見えたら目がいくこともあります。

「大きめ」「分厚い」「ゴールド」「色がカラフル」などの目立つような腕時計は、面接の場ではあまりふさわしくはないでしょう。

派手な時計をはめていったら、面接官それをみて「その時計カッコイイね!」などほめてくれるかもしれませんが、決して印象が良くなるわけではありません。

時計を自慢しに行くわけではないですから。

お気に入りの腕時計は、就職活動以外のときに使えばいいのです。

今は値段の安い腕時計でも十分性能はいいですし、簡単には壊れません。

プライベート用とは別の「就活用の腕時計」を用意しておいたほうがいいです。

面接官が腕時計を見て「安物の時計だね」なんてことは言いませんので安心してください。

どんな腕時計を買ったらいい?

腕時計が売っているところはホームセンターやヨドバシカメラなどの家電量販店、ドンキホーテなどがあります。

おもちゃでなければ、だいたい2000円ぐらいからの値段で売っています。

安い腕時計でいいというのは、腕時計自体は目立つものではないですし、それが高価なものだからとして評価が上がるわけでもありません。

「腕時計をしている」という身だしなみをしっかり整えておけばいいのです。

それに値段が高いものでも安いものでも、時計のデザイン自体はそれほど変わりはありません。

特にシンプルな形の腕時計は見分けがつきませんので。

腕時計で必要な機能は、針が3本「短針・長針・秒針」にカレンダー機能があれば十分です。

ベルトはステンレスや革のどちらでもいいですし、色は黒や茶色、シルバー系が多いです。

文字盤の色は白や銀や黒が多いですが、色の濃い青や赤でも大丈夫です。

全体の色については、スーツの色を基準に考えて合うようにしましょう。

おすすめのメーカーは男性でも女性でも、セイコー、シチズン、カシオあたりが無難です。

新卒や中途採用のどちらでも通用します。

男性(メンズ)用のおすすめの腕時計

アマゾンで人気の高い男性向けの腕時計は、

女性(レディース)用のおすすめの腕時計

アマゾンで人気の高い女性向けの腕時計は、

ネットで腕時計を購入してもいいのですが、実際に自分で商品を手に取って、自分の腕にはめて感触を確かめてから買ったほうが間違いはありません。

「バンドがステンレスだと冷たいから苦手」とか「つけてみた感じで重い・軽い」などの感想も出てきます。

上にあげた人気の腕時計と形やデザインが似ていれば、どれでも構わないと思います。

ちなみに腕時計の付け方は、利き腕とは反対の手首につけることが一般的です。

就職活動が終わった後は?

内定先が決まって就職活動が終われば、就活用の時計の役割も終えます。

そのまま継続して使ってもいいのですが、働いてお金が入ってくれば、自分の好きなブランドやデザインの時計をはめたくなりますよね。

「就活用の時計はそのあとどうするか?」というと、

・そのまま自分で使う

・ほしい人にあげる

・ハードオフなどのリサイクルショップに売る

・ヤフーオークションやメルカリなどネットで売る

・転職活動用に保管しておく

などがあります。

「もう必要ない」という場合に手っ取り早いのは、ハードオフやオフハウスに持って行って売ってしまうことです。

2000円ぐらいの腕時計なら、売っても100円にもならないかもしれませんが、引き取ってくれるならいいですよね。

就職活動では自分の好みのおしゃれな腕時計をつけたくもなります。

しかし「就活用にふさわしい腕時計」もあります。

安いものでいいので、できればそちらをつけていくことをオススメします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。