就職するなら大企業か中小企業か!それぞれのメリットをくらべてみた

就職活動のときは企業選びで迷うと思いますが。

企業の選び方のひとつとして「大企業にするか?中小企業にするか?」で自分の就職先を決める人もいます。

中には「どこでもいいから、何とかして大企業に入りたい」という人もいますが、果たしてそれが正解なのか?

「中小企業に就職すると何かメリットはあるのか?」などを説明していこうと思います。

ちなみに、

大企業と中小企業は何を基準にして分かれているというと、「中小企業基本法」という法律によって決められています。

一部例外はありますが「資本金が3億円以下、並びに常時雇用する従業員数が300人以下」にあてはまる企業を中小企業と分類しています。(中小企業庁HPより

そして、この中小企業の基準を超える企業が「大企業」になります。

大企業の社員になるメリット

大企業は給与が高い

大企業の社員の給与がいいのは確かなのですし、年収で1000万円以上の社員の方も多いです。

でも実際はそれほど多くもらっていない人も多く、このへんは大企業によってもピンキリです。

大企業と中小企業によって給与額がわかりやすく分かれているわけではなく、中には中小企業のほうが給与が多い会社もあります。

大企業でも業界によって給与に差が出てきます。

例えばメガバンクなどの大手の金融や広告や商社、マスコミ関連の企業は比較的高いですが、飲食などのサービス業や小売、介護などは低いところも多いです。

また役職によって給与も違います。

社長や役員などの経営者や管理職と、役職についてない一般社員では、給与に格差があって当然ですよね。

「会社の平均給与額」は、高額の給与をもらっている社長や役員が平均の額を大きく引き上げてる可能性もあります。

よく調べてみたら、大企業でも一般社員の給与額が低いなんてこともあるんですよね。

それに会社の儲けを出している花形の部署と、そうでない部署でも差があります。

やはり利益を出している部署のほうが給与面でも優遇されます。

営業や事務や研究など職種の違いによっても差が出てきます。

大企業に勤めていても、実際は残業なしで手取り20万円にもならず、残業して働かないと厳しいという方も多いでしょう。

大企業の社員なら給与が高いのも事実なのですが、すべての人が高給取りではなく、そうでない人もいるのです。

福利厚生が充実している

福利厚生は、給与以外の会社からの援助やサービスのことを言います。

主な例としては、会社員になると会社が負担してくれる健康保険に加入して保険証をもらえますが、実はこれは2種類あります。

中小企業に多い「協会けんぽ」と、大企業に多い「組合健保」の2種類です。

どちらの健康保険も保険証を持っていれば、医療費の3割を自己負担するだけで、全国どこでも平等に医療サービスを受けられるという点は同じですが・・・

大企業に多い「組合健保」のすごいところは『医療費がいくらになっても自己負担額は上限が決まっている』という点です。

会社で「自己負担額が2万円まで」と決まっていれば、医療費が100万円かかろうと1000万円かかろうと、本人は2万円払えば、残りの額はすべて負担してくれるのですね。

社員にとっては素晴らしい制度なのですが、最近では負担が大きいために組合健保の組合数は減少傾向にあるそうです。

それ以外にも社宅や社員寮や保養施設があったり社内に食堂があったり、住宅手当や家賃補助退職金などの手当てや、育児支援などのサービスなどがあります。

新入社員への教育制度も整っていますし、大企業の福利厚生の充実ぶりは魅力的ですよね。

経営が安定していて倒産が少ない

大企業はその規模の大きさから、中小企業に比べて経営が安定しています。

そのため会社が倒産して職を失うようなことはそれほどないでしょう。

それでも比較的安定しているというだけで、不況の波をかぶれば大企業でもどうなるかわかりません。

大企業でも常に他の企業との競争がありますし、経営トップの判断一つ間違えれば大損を食らってあっという間に経営難になってしまうこともあります。

どんなに大きくて安定感があっても沈まない船はないのですね。

さらに社内でも競争があります。

特に優秀な人間が集まってくる大企業では出世争いも激しくなりますし、そこで勝ち残ることは容易ではありません。

今は一部の上場企業でも成果主義が導入されてきていて、ただ会社にいるだけで毎年給与が上がるようなシステムもなくなってきています。

大企業に勤めていてもあまり成果の出せない人は、毎年の基本給与が上がらなかったり、または下がる人も出てきています。

そして経費削減や人員削減のためにリストラされて会社を追い出されることもあります。

景気がいい時は社内に余剰人員を抱えて待遇もよかったのですが、景気が悪くなってくると余計な人を雇っていられなくなるのですね。

大企業に勤めているネームバリューを持っていても、実際は低賃金で長時間労働で、まわりの人はリストラされたり他部署や子会社へ移動させられているという職場もあります。

「大企業は安定している」というイメージがありますし、規模が大きい分だけ無駄も許されるところもあるのですが、社員にとってはそんなに楽ではなく、厳しい環境でもあることには間違いないと思います。

中小企業の社員になるメリット

早い段階から出世できる可能性が高い

大企業と比べて中小企業は、社員数も多くないためにライバルも少なくなるので、出世がしやすいという点があります。

社内での競争率が低くなるために、がんばればその分早いうちに、高い給料をもらえたり出世のチャンスが出てきます。

また大企業と違って中小企業では、会社のトップである社長などの経営者との距離も近くなります。

そのため、いろんな提案や悩みをトップに言うことができたり、仕事ぶりを見てもらえて評価してもらえたり、経営者視点の仕事のやり方を学ぶことができます。

人が少ない分だけ、会社組織内の風通しがよくなるという利点はあります。

大企業では組織が大きいため仕事がそれぞれ細分化されていて、自分で担当する仕事の範囲は限られてきますが、中小企業では幅広い業務を一人で担当するようなこともあります。

それこそ営業や人事や事務処理などのいろんな業務を掛け持ちしたり、社内の掃除や蛍光灯を取り換えるなどの雑務まで何でもこなせるようにならないといけないときもあります。

役割が明確に分担されていないだけに、仕事の量がどんどん増えてしまうなどのデメリットもありますが、会社の業務の全体を把握することができてやりがいを感じることもあります。

「中小企業」でひとくくりにできない面もある

2014年の時点で日本には382万社もの会社があり、そのうち中小企業は380.9万社と全体の99.7%を占めています(大企業は約1.1万社で全体の0.3%)。(中小企業庁HPより

日本のほとんどの会社が中小企業ですし、380万社もの会社があれば、本当にいろんな会社があります。

大企業にも負けないほどの給料で福利厚生も整っていて、今後の会社の成長も見込める働きやすい職場もあれば。

小規模でアットホームな職場のまま、会社の規模を拡大しないでマイペースに経営を続けている会社や。

新しい技術や知識をもとにして会社を立ち上げて急成長していくベンチャー企業や。

家族経営だったりワンマン社長がトップにいるような会社もありますし、今後どうなっていくかよくわからない企業など、中小企業といってもひとくくりにできない部分があります。

社員として働く上では、当たりもあるし外れもあるでしょう。

入社してみないとその会社の内情がよくわからない点もありますが、就職活動で失敗しないためにはなるべくその会社の情報を集めて、面接でも自分でよく相手を観察したほうがいいですね。

大企業と中小企業、就職するならどっちがいいか?

結局、就職するときは大企業と中小企業のどちらを選んだらいいのかというと・・・

新卒採用で入社するのなら、やはり大企業がおすすめです。

新卒の就職活動のときが一番、いろんな業種の企業を選択できるときですし、大企業はそのときにたくさんの人員を確保します。

大企業で中途採用もおこなっているところもありますが、基本は新卒で採用した人を育ててその人たちが中心になって会社を運営していくようになります。

ですので、それほど多くの中途採用者を取らない傾向があります。

また大企業から中小企業へ転職する人は多いですが、中小企業から大企業へ転職する人は多くはありません。

そういった意味でも、最初に大企業に入ったほうが有利です。

ただ誰でも大企業に入社できるわけではないんですよね。

限られた人しか入社できませんが、新卒で大企業に入れなかったとしても、落ち込む必要はありません。

中小企業の中にも福利厚生などの条件が良くて働きやすい会社はたくさんありますし、今後成長が見込めて給料や役職が上がっていく会社もあります。

そういう会社を探して入社できれば、将来設計もしやすくなるのではないでしょうか。

それに中小企業で幅広い仕事をこなしてきた方が、転職する際に次の会社で生かせる知識やスキルも磨けますし、今後自分で新しく会社をつくるときの勉強にもなるでしょう。

働きやすいのはどっちか?

また大企業と中小企業は、学校で例えれば「クラスの数が多いか少ないか」の違いでしかありません。

大企業は従業員が300人以上の企業ですので、1クラス20人のクラスが15組あるようなものです。

中小企業はクラスが2つか3つとかそんな感じです。

仕事の内容は変わりますが、仕事の難易度自体はそんなに変わりません。

忙しい会社は忙しいですし、ゆるいところはゆるいです。

残業時間や休日出勤の多さもまた、どちらも似たようなものです。

定時でしっかり帰れる会社や深夜まで残業するような会社などは、どちらにもあります。

大企業と中小企業の両方とも、個々の企業ごとに労働時間が変わってくるといったほうが正しいです。

ただ年間休日120日以上の完全週休二日制は大企業で多いですし、有給休暇の取りやすさは、大企業のほうが取得しやすい雰囲気もあります。

でもこのへんもまた、すべてがそうではなく企業ごとに状況が違うといった感じです。

また大企業では配置転換や転勤などで自分の上司や同僚が変わっていきますが、中小企業ではそうした人の入れ替えがなかなかおこならないため人間関係が重要になります。

とはいっても人の入れ替えが比較的ある職場のほうが、人間関係が必ず良好というわけではないのですが・・・

いかがでしたでしょうか。

大企業と中小企業という分類はありますが、規模の大きさで分かれているだけで、中身を見てみるとそんなにくっきり分かれているものでもありません。

大企業と中小企業にもそれぞれにメリットやデメリットがあります。

その人によって向き不向きもあるでしょう。

大企業か中小企業かにこだわって会社を選ぶよりも、その会社の特性などをよく見て、自分が求めているものがあるかどうかを判断したほうが良いと思います。

ここでは簡単な例を挙げただけですが、就職活動のときの参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。