就活の面接で「大学を選んだ理由」を質問されたときの答え方

就職活動の面接のときに「大学へ進学した理由」や「今の大学を選んだ理由」を質問されることもあります。

特に大学在学中の新卒採用のときに聞かれることがあります。

大学に進学してもほとんど勉強しないで遊びやバイトばかりしている学生も多いため、面接官も「大学へ進学した理由」「なぜその大学を選んだのか?」を聞きたくなるのでしょう。

この理由をあまり考えたことがなければ、すぐにいい答えも浮かんできませんよね。

こんな時はどう答えたらいいのか?

「大学を選んだ理由」として挙げられるもの

大学入試のときに面接があって、大学の志望理由を考える機会があれば回答もすぐに出てくると思いますが。

試験だけを受けて大学に入った人にとっては答えもあいまいな感じではないでしょうか。

今の大学に入った理由は人それぞれありますよね。

例えば、

1.大学のブランドイメージがよかったから

2.自分の学力で入れそうな学校を選んだ

3.大学で勉強したいことがあったから

4.得意な科目から大学や学部を選んだ

5.家から近くて通いやすいから

6.国公立大でお金があまりかからないから

7.就職に強そうだから

8.これと言って理由はないけど、何となく大学を選んだ

など、いろいろありますけど答えとして言いづらいものもあります。

本当は正直に答えたほうがいいのですけど2、7、8は理由として選ばないほうがいいでしょう。

面接官から質問をされている以上は、自分の意見を明確に答えるようにしないといけません。

「何となく大学を選んだ」とか「親に行けと言われた」「友だちも一緒に行くから」「ほかに行きたい・行ける大学がなかった」などの自分の意志ではなかったり消極的な理由はあまりいい印象を持たれません。

それが本当の理由だとしても、ほかの理由を考えたほうがいいですね。

「今の大学を選んだ理由」の答え方の例

また「なぜその大学を選んだのか?」ということも説明できないといけません。

ほかにもたくさんの大学がある中で、その大学を選んだ理由があるはずです。

それもしっかり説明できるようにしたいですね。

選んだ理由として挙げやすいのは、その大学の「イメージ」や「印象」です。

大学によってそれぞれ特色もありますし、その大学を見た感想を伝えてみましょう。

答え方の例としては、

「大学に進学する前に、気になる大学をいくつか見て回ってみました。その中で一番雰囲気がよくて自分に合いそうな大学だと思い、この学校に入学しました。」

「私は箱根駅伝を見るのが好きで〇〇大学は△年に優勝しました。私は選手ではないのですがファンとしてそのときの印象が強烈に残ったのがきっかけとなってこの大学に入りたいと思いました。」

など、自分で調べてみて大学の魅力に気付いたこととか、大学の実績を理由としてもいいと思います。

ほかには勉強したい学部や学科があったことも理由になります。

「大学では経済の勉強したいと思い、いろんな大学の経済学部を調べていたところ、私の大学では金融に関することに力を入れていることが分かり、それを勉強したいと思ったため入学しました。」

こう回答すると「金融に関しての質問」をされると思いますので、その方面の知識を多少持っておくことも大事です。

大学のホーム-ページをみると、大学の特色とか詳しく書いてありますので、そこから理由を考えてもいいですね。

また大学の学部や学科と関係ない職業に就いている方もたくさんいます。

大学在学中に興味のあることや目標が変わることもありますので、大学で学んだことと就職先に関連がない時は、その説明もできるようにしておきましょう。

ほかにも「金銭的な理由」や「地元の通いやすい大学を選んだ」でもいいと思います。

こういう質問は変に答えをつくるよりも、基本は正直に答えるようにしたほうがいいでしょう。

その方が相手に伝わりやすくなります。

面接官はより突っ込んだ質問をしてくることもありますので、それに矛盾なく答えられるようにしておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク