WEBで履歴書やESを提出するときの証明写真の作り方

就職活動で企業へWebエントリーするときに、履歴書やエントリシート(ES)と一緒に写真もWeb上にアップロードすることがあります。

やったことがない方はどうしたらいいか迷いますよね。

ここでは「どうやって証明写真のデータを用意するのか?」「写真の加工の仕方」などのやり方を説明していきます。

Webで使う就活用の証明写真の用意の仕方

基本的にWeb上で使う写真の撮り方は、紙に印刷されている写真と同じです。

1.スマートフォンやデジカメを使って自分の写真を撮る

2.駅前やスーパーの横に置いてあるスピード写真で撮る

3.写真館で写真を撮る

の3つの方法があります。

スマートフォンやデジカメで写真を撮る

一番安上がりなのは1の「スマートフォンやデジカメを使って自分の写真を撮る」方法ですね。

自宅で白い壁などを背景にして、スマートフォンのカメラやデジタルカメラを使って家族や友人などに自分の写真を撮ってもらいます。

もしかしたら自撮り棒を使って自分自身を撮影する人もいるかもしれませんが。

撮影したらその写真の画像をパソコンやスマホに保存して、Web上にアップロードすればいいですよね。

お金もかからず便利なのですが、この方法はあまりおすすめしません。

企業から「スマホなどで撮った写真でOK」と指示があるなら別ですが、履歴書やESに使う証明写真はきっちりとキレイに撮ったほうがいいです。

写真撮影に慣れていない素人の写真は、どことなく「素人感」が出てしまいます。

照明が天井のライトや外の光だけなので顔の表情に影ができてしまったり、背景に何か余計な模様などが写っていたりとか、スナップ写真の切り抜きみたいな仕上がりの写真もあります。

こうした写真を企業に送ってしまうと印象もあまりよくないですよね。

証明写真がきれいに撮ってあるほかの応募者と見比べたときに、写真の出来栄えの悪さが目立ってしまいます。

ほかの写真と比較できてしまうので、その点も考慮したほうがいいですね。

スマホやデジカメで撮った写真でも企業から内定がもらえることもありますが、証明写真は本人確認で必ず見るものなので、できればきれいに撮ることをおすすめします。

スピード写真で証明写真を撮る

大きな駅やスーパーの横にボックス型のスピード写真も最近は進化してきています。

こちらの証明写真機Ki-Re-iでは、撮った写真の画像をスマホに保存してWebエントリー用に利用できます。

料金は、

1.証明写真エクセレント・モード 1000円

2.肌美プラス 900円

3.男前プラス 900円

4.証明写真レギュラータイプ 800円

の4つのメニューがあります。

証明写真機Ki-Re-iの使い方は、

1.無料のKi-Re-iアプリをスマホにダウンロード

2.スマホのWi-Fi設定をONにしてネットにつながることを確認

3.あとは証明写真のボックスで画面の指示通りに操作するだけ

写真撮影後は自分のスマホに写真データが送られてくるようになります。

営業時間は24時間。

いつでも写真を撮ることができるので便利ですね。

写真館で証明写真を撮る

近所にある写真館に行けば証明写真を撮ってもらえます。

ただ写真館によっては撮った写真をデータとしてもらえない場合もあります。

そんなことがないように写真のデータをもらえるのかどうか最初にお店の人に聞いておきたいですね。

全国展開している写真屋さんとして有名なのは「カメラのキタムラ」です。

こちらではこうしたサービスが受けられます。

・写真サイズ:縦4.0×横3.0cmを4枚 1620円

・写真データの入ったCD-Rがもらえます

・WEBデータ加工 864円

・スマホデータ転送サービス 540円

・プレミアム仕上げ 2160円

・就活応援パック 5400円

くわしくはカメラのキタムラのHPを見てください。

こちらでは写真だけでなく、写真データの入ったCD-Rがもらえます。

このCD-Rを自宅のパソコンに入れて写真データをパソコンに保存した後に、ネット上の履歴書やOpenESに写真をアップロードすることができます。

自宅にパソコンがない場合や、自宅のパソコンがCD-Rに対応していないときはネットカフェのパソコンを使いましょう。

ネットカフェのパソコンにCD-Rを入れて、ネット上に写真をアップすることができます。

無料でできるスマホへの写真データ転送

またカメラのキタムラではスマホデータ転送サービスが有料ですが、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールを使っていれば無料で写真のデータ転送ができます。

就活でフリーメールを使っている方も多いですよね。

フリーメールを使えばパソコンとスマホのデータ転送は簡単にできます。

パソコンの「Gmail」で説明すると、左上の赤い「作成」をクリックして新規メッセージの画面を出します。

新規メッセージの画面がでたら、件名はわかりやすいように「写真」とか書いておきます。

そして下のカメラの形をした「写真を挿入」をクリックします。

写真を選んでメールに貼ることができたら、右上の×印の「保存して閉じる」をクリック。

そうしたら今度はスマホで「Gmail」を立ち上げて、左上の三本の線をタップして「下書き」を選びます。

ここに先ほど保存したメールがあるので開きます。

そしてスマホに写真を保存することができます。

Webデータ加工も無料でできる

写真のデータをもらったけど、Webの履歴書やエントリーシートに貼るときにファイルの容量が大きすぎて貼れなかったり、縦と横のサイズが合わないこともあります。

そんなときのためにカメラのキタムラでは「WEBデータ加工」を有料で行っていますが、これも自分で処理できます。

スマホで写真加工ができるアプリ「Snapseed」などがありますが、ここではパソコンで写真データを加工する方法を紹介します。

Windowsパソコンにある「ペイント」を使います。

Windows10で説明しますと、まず画面左下のスタートボタン(窓ボタン)を左クリック。

「よく使うアプリ」の下の方に行くと「Windowsアクセサリ」に「ペイント」があります。

あとは画像の大きさを変更する方法を参考にしてみてください。

「ペイント」が起動したら左上の「ファイル」→「開く」の順にクリックして編集する写真画像を選択します。

写真が表示されたら「サイズ変更」をクリックして「ピクセル」を選択し、縦横の大きさを変えます。

「縦横比を維持する」にチェックが入っていると「水平方向」に数字を入れると「垂直方向」に自動で数字が入ります。

写真サイズも縦横が4:3などの比率があると思いますが、ある程度の大きさに縮小して写真の見た目に違和感がなければそれでOKです。

縦横が4:3の比率なら縦600:横450ピクセルぐらいがいいのではないでしょうか。

写真を縮小すればファイルの容量も小さくなります。

そのあとは左上の「ファイル」タブ→「名前を付けて保存」をクリックして「JPEG画像かPNG画像」を選択します。

これでサイズを縮小した写真を保存できるようになりますが、ファイル名を変更しないと、画像は上書き保存されます。

ファイル名を自分でわかりやすいように変更してください。

ファイル名を変更したくない場合は、ファイルの保存場所やファイルの種類などを変更してください。

そしてWebに写真を貼った時に違和感がなければ完成です。

最初にCD-Rの写真をパソコンに保存して、パソコンの写真を使ってトリミングしたほうがいいですね。

スピード写真と写真館ならどちらがいいか?

「証明写真機Ki-Re-i」など、最近のスピード写真はきれいに撮れるようになってきています。

値段も安いのでお得ですが、やはりカメラのキタムラなどの写真館で撮ることをオススメします。

証明写真の出来は自分だけで判断するのではなく、撮影者の意見も参考にした方がいいのですね。

顔に影ができていたり、顔の向きや髪型などがおかしくても誰も指摘はしてくれません。

ほかにも「メイクが崩れていないか」「ネクタイが曲がっていないか」など身だしなみの確認を、撮影者にしてもらえるのも大きな利点です。

写真館の人も就活用の写真を撮り慣れているために、撮影時に「もうちょっと顔の向きを変えて」とか「顔がはっきり見えるように前髪を変えましょう」などのきれいな顔写真が撮れるアドバイスもしてくれます。

スピード写真だと自分一人で撮影できますが、写真の出来栄えば自分一人で判断するしかありません。

自分ではよく撮れた写真だと思っても、他人から見たら「ちょっとおかしい」と思われてしまうこともあります。

スピード写真も悪くはないのですが、ちょっとお金を足して、できれば写真館できれいに撮ったほうがいいですね。

証明写真を撮るときの注意点

就職活動用の証明写真を取るときの服装や身だしなみで気をつける点を挙げると、

・上半身はスーツ、シャツを着て男性はネクタイを着用

・就活生らしい髪型で寝ぐせなどないように直前にチェックする

・髪の色は業種にもよりますが、明るめの髪色は避けたほうがいい

・化粧は基本的にはナチュラルメイク

・ピアスやネックレス、ヘアバンドなどははずしておく

・眼鏡はかけていてもOK

・背景の色は派手にしない(基本は白か青)

といった点を気をつけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。