就活は志望動機で内定をつかみ取れ!独創的な志望動機の作り方

就職活動ではエントリーシートや面接でいろんな質問をされると思います。

中には変わった質問もありますが、どこの企業でもよく聞かれて選考の結果に大きく影響してくる3つの重要な質問があります。

それは、

・志望動機

・自己PR(ピーアール)

・学生時代に頑張ったこと

です。

「学生時代に頑張ったこと」という質問は、主に新卒の就職活動でよく聞かれると思いますし、「志望動機」と「自己PR」は新卒でも中途採用や転職活動でもよく聞かれますので、聞かれる前に答えは必ず考えておきたいですね。

他人とは違う自分だけの志望動機の作り方

「志望動機」と「自己PR」の違いは何?

就活で重要な3大質問の中では「志望動機」は他とちょっと違います。

「自己PR」や「学生時代に頑張ったこと」という質問は、自分の過去を振り返って、自分の優れている面や知ってもらいたい点、がんばったことを答えるようになります。

言ってみれば企業の採用担当者には話の内容が本当かどうか確認できないので、多少話を盛ってもバレないことが多いです。

ただ、あまりにも話が出来過ぎていると逆に怪しまれてしまうし、話の矛盾点をつかれて答えに困ってしまうとウソがばれてしまうこともありますのでやり過ぎには注意したいですが、「自己PR」や「学生時代に頑張ったこと」という質問はそういう面があります。

それに対して「志望動機」は「なぜこの企業を志望したのか?」ということを説明しないといけません。

おおざっぱに言ってしまうと、

「自己PR」「学生時代に頑張ったこと」→「自分の良い点を説明」

「志望動機」→「志望先の企業の良い点を説明」

ということになります。

「志望動機」の説明には、志望先の企業の情報をある程度知っていないと作れません。

企業のことは採用担当者の方が当然詳しいですし「自己PR」のように話を盛ってごまかすこともできません。

言ってみれば、この志望動機をどうやって説明するかが、就活の大きな分かれ目になってくるのです。

志望動機の作り方のコツ

やりたいことがハッキリしていれば志望動機もすぐ書けると思いますが、なかなか思い浮かばなくて苦労するときもあります。

志望先を「給料がよさそう」「通勤が楽」「企業名を知っているから」「なんとなく決めた」といった理由で決めると悩みますよね。

志望動機を答えるときに明確にしておきたいことは、

「なぜその仕事を選んだのか?」

「なぜその企業を選んだのか?」

という2つことをはっきりさせておきましょう。

それさえわかれば文章もつくれます。

志望動機が思い浮かばない時は、まずは企業の情報集めからはじめてください。

相手のことをよく知ることで志望動機もつくれるようになります。

企業情報の集め方としては以下の方法があります。

・ネットや本で調べる

・会社の商品やサービスを試してみる

・会社説明会に参加する

・OBOG訪問をする

といったやり方があります。

ネットや本で調べる

まずはインターネットで志望先の企業を検索してみましょう。

これは多くの方がやっているとは思いますが、まずは企業の公式サイトやSNSをよく読んでみてどんな企業なのかを押さえておきましょう。

この時に同業他社の公式サイトとも比較して、どういう点に両社の違いがあるのかを見ると相違点もよく分かります。

それとその企業や業界では最近どんなニュースがあったのか「ニュースの検索」もしておきたいですね。

また就活サイトに行って選考に関するアドバイスや口コミを見ること大事ですが、それは多くの方がやっていることでしょう。

それ以外にネットや本で調べてほしいのは、その企業の「強み」や「歴史」です。

特にネットでその企業名や口コミや評判などを検索することはあっても、本屋へ行ってその企業や関連業界に関する本や雑誌など読む人は少ないと思います。

実はその中にいい情報が隠れていたりするのですね。

いろんな本を探してみて「創業から現在までの歴史」や「競合他社とはどんな関係なのか?」「企業の主力となる商品やサービス」「今後の展望」など調べてみましょう。

企業の社長の話や生い立ちが本や雑誌に掲載されていたり、企業がどんな社会貢献をしてきたかなど、いろんな材料を集めてみるのです。

こうした企業研究をすることで志望動機として書けそうなネタが見つかることがあります。

他の応募者と差をつける志望動機を書くためには、時間をかけた企業研究と独自の視点でつくるしかありません。

その準備に時間はかかるし、時間をかけてもいい志望動機が思いつかなくて苦労するかもしれませんが、採用担当者が納得する志望動機が書ければ内定をもらえる確率が高くなるのは確かです。

そのためにがんばってみましょう。

企業の商品やサービスを試してみる

また企業が出している商品やサービスなどを自分で手に取ってみたり試してみましょう。

店頭に並んでいる商品があれば自分で購入してみたり、そのお店のサービスを自分で試してみたり、企業の雰囲気や店員の働き方などをチェックしてみたり。

売れ筋になっている商品・サービスを見つけてその理由を考えてみたり、他社との違いをよく研究してみることもおすすめです。

「そんなことに手間はかけられない」と思ってあまりやらない方も多いですが、実際に志望先の企業の店舗をたくさんめぐってそれぞれの特徴を研究して、社員でも知らなかった点を導き出して内定をもらった方もいます。

社員目線とお客様目線では、見るべき点もかなり違ってきます。

お客様目線で見ていると、いろんな発見があると思います。

その中から志望動機として使えるものも出てくるのではないでしょうか。

会社説明会に参加する

今は企業の個別の会社説明会に参加しないと次の選考に進めない企業もあります。

会社説明会への参加が必須ではなくても、その会社の情報を集めるためには必ず参加して担当者の話を聞いたほうがメリットは大きいです。

その企業で働いている人事担当の方がどんな企業なのかを説明するのですから、そこでしか聞けない話も当然出てきます。

そうした重要な情報を聞き逃したら、内定から何歩か遠ざかってしまいますよね。

有益な情報を聞き逃さないためにも個別の会社説明会には必ず出席するようにしましょう。

会社説明会に参加する目的は何といっても「志望動機などのエントリーシート(ES)に書く内容を見つけるため」です。

ですので説明会に参加する前に、できればその企業のESを見て、どんな質問に答えるようになるのか知っておきましょう。

先に質問内容を知っておいた方が説明会の話の内容も頭に入りやすいですし、説明会前に企業のことはネットでなるべく調べておきたいですね。

その上で合同説明会でも企業ごとの個別の説明会でもいいので、社員の方にいろいろと質問をしてみましょう。

OB・OG訪問をする

会社説明会以外で企業のことを詳しく知るには、そこに勤めている社員の方から話を聞いたほうが効率がいいです。

できればOB・OG訪問をして、社員の方からいろんな話を聞いたほうがためになります。

OB・OG訪問をした時に聞いておきたいこととしては、

「給与・福利厚生」「残業時間」「休日数や休日出勤数」「仕事をしていて辛いこと」「会社の良い点・不満な点」「入社前後で会社の印象は変わったか?」「尊敬できる人はいるか?」「離職率(入社後すぐにやめてしまった人など)」「これからもこの会社で働きたいか?」「内定を得るためのコツ」

などがあります。

それ以外にESや面接対策で聞いておきたいことは、

・同業他社との違い

・会社が力を入れている分野

・仕事をする上で必要な能力

・仕事のやりがい

・入社した理由

なども聞いておきたいですね。

「内定を取るためのコツ」とか「入社した理由」「他社との違い」など、本当は一番聞きたい質問だと思いますが、会っていきなりそうした質問をすると相手も困惑すると思います。

初めて会うOB・OGの方だったら、なるべく失礼のないように応対したいですね。

最初に会ったら挨拶と自己紹介をして相手がしゃべりやすい雰囲気をつくることも大事です。

同業他社との違いはどこにあるのか?

志望動機はその文字通り「なぜその企業に入りたいと思ったのか?」という質問です。

よく誤解する方も多いのですが、業種や職種とかではなくその企業に焦点をあてて志望動機をつくらないといけません。

例えば「〇〇の仕事にたずさわりたいと思いまして御社を志望しました」と答えると、面接官から、

「〇〇の仕事はほかの会社でもやっていますけど、なぜ当社なんですか?」と言う質問が必ずと言っていいほど返ってきます。

ここで答えに困ってしまうと、かなり不利な状況になってしまいます。

志望動機をつくるときは「同業他社との違い」をしっかり押さえておく必要があります。

これがなかなか見つからないために会社説明会やOB・OG訪問などで社員の方から話を聞くことが重要になってくるのですね。

ネットや本でも他社との違いを見つけることはできますが、現場の方の声はなるべく聞いて参考にした方がいいですね。

内定をもらいたかったらできるだけ他社と比較して志望動機を詰めていきましょう。

それをしっかりやるだけでも内定をもらえる確率はぐんと上がります。

志望動機の書き方

履歴書やエントリーシートに志望動機を書くときに気をつけたい点は2つあります。

・わかりやすく書く

・結論を最初に持ってくる

という点です。

わかりやすい文章を書くこと

履歴書やESを書くときには文章の「わかりやすさ」「読みやすさ」というのはかなり大事です。

応募数の多い企業にはたくさんのESが届きます。

多いところでは数百、数千万枚のESがきますし、それを読む採用担当者もほんの数人という場合もあります。

時間もないので1枚のESを読む時間も短くなってきます。

「採用担当者はESを隅から隅までしっかりと読んでくれる」というイメージがあるかもしれませんが、選別することを目的としていますので「足きりするESを探している」という面もあります。

30秒以内でさっと中身を見て、意味が分からない内容だったらその場ではじかれてしまうこともあるでしょう。

忙しい時は読み返してもくれません。

文字数を多くするために遠回しな表現を入れたり、わかりづらい文章で書いてしまうと、読むほうも理解するのに時間がかかります。

「何が言いたのかわからないな~」と思われたら、その場でアウトになってしまうこともあります。

わかりやすい文章を書くということにも気を配りたいですね。

結論を文章の最初に持ってくる

採用担当者もESを最後まで読まないこともあります。

ですので文章を書くときに「起承転結」に従って結論を最後に書いても、そこまで読んでくれない可能性もあります。

ですので結論は最初に書いてしまいましょう。

例えば

私は以前から〇〇の仕事に興味があり、特に貴社の□□という点に魅力を感じました。(中略)自分のやりたいことがあり、それがかなえられる環境が貴社にあると思い応募しました。」

など最初に自分が一番言いたいことを持ってくるのです。

最初に重要な言葉を持ってくることで読み手も興味を持ってくれますし、それにつられて最後まで読んでくれることも多くなります。

結論は最後に書くことが多いですが、最初に読み手の心をつかむような文章に仕上げたほうがいいですね。

文字数はどのくらいがいい?

志望動機を書くときの文字数が指定されていればいいのですが、そうでないとどのくらいの文字数で書けばいいかわからないですよね。

ただ履歴書やESの場合は、志望動機を書くスペースの大きさも決まっています。

そんなときは相手が読みやすい字の大きさを意識して、志望動機の欄の中を8~9割は文字で埋めるようにしたいですね。

2~3行だけ短く文章を書いて、その下の半分以上が空白になっているようでは、やる気も疑われてしまいます。

とはいっても文章も長く書けばいいというものでもないですから、言いたいことを正確に伝えらることに気を配りましょう。

400~600文字程度なら、志望動機も一つのことに絞って説明できるのではないでしょうか。

面接での話し方

面接での志望動機の話し方は、履歴書やESに書いた志望動機を暗記してそれをすべてしゃべってもいいですし、多少言い方を変えて説明してもいいと思います。

面接官は提出された履歴書やESを見ていると思いますので、書いてあることと面接でしゃべって説明する内容が同じであれば問題ないです。

ただほかの企業の内容と混同してしまって、書いてあることと話の内容が違うと怪しまれますので、自分で書いたことは事前によくチェックしておきたいですね。

自分と企業の「接点」はどこにあるのか?

志望動機は文字通り、その企業を志望した「動機」を書かないといけません。

動機とは「人が意志を決めたり、行動を起こしたりする直接の原因」と、gooの国語辞典に書いてあります。

要は、自分が何がきっかけでその企業に興味をもって志望する気になったのか、それでどんな行動を起こしたのかを書くのです。

接点を持つことになったきっかけはちょっとした小さなことでもいいのです。

具体的な例で言えば、

貴社の製品を見に店頭に行ったところ、スタッフの方がわかりやすく説明してくれて対応がとてもよく、笑顔で楽しそうに仕事をしているのが印象的でした。その時に対応してくださったスタッフの方のように、私もお客様にベストな製品を提案できて笑顔で対応できる仕事がしたいと思いました。

または、

貴社のことは業界研究をしているときに知りました。特に本に書かれていた〇〇に非常に興味を持ちまして独自に調べてみました。誠に勝手ながら〇〇をうまく改良すればより売り上げが上がるのでないかと考え、貴社に興味を持ち応募しました。

「結論」→「きっかけ」→「興味を持った点や感じたこと」→「これからどうしたいのか?」

というストーリー仕立てで書いてもいいですね。

上の例は簡単に書いたものなので、そのままパクらないでくださいね。^^

ご自分で加筆・修正して自分の志望動機にする分には問題ありませんので。

未来について語る

人は将来のことについて前向きに語る人間に好感を持つそうです。

「私は入社してからやってみたいこと」とか「会社をこんな風にしていきたい・貢献したいこと」などのこれからのことについて語ってみましょう。

それがちょっと間違っていたり的外れだったとしても、そこからやる気を感じますしその心意気を買ってくれます。

大きな夢でなくてもいいので、将来のことについて志望動機に付け加えてみましょう。

なぜこの会社に入社したいと思ったのか?

繰り返しになりますが企業ごとに志望動機はよく考えてみましょう。

企業の採用担当者は「なぜうちの会社を志望したのか?」を単純に知りたいと思っています。

日本国内にはほかにも何百万社という数えきれないほどの多くの会社があり、同業他社も多い中で「なんでこの会社なのか?」という点は明確にしておきましょう。

こうした素朴な質問にしっかり答えることができれば、相手の心にも届きやすいのです。

採用担当者は自分が所属している会社に愛着はあるものの、長く働いていれば会社の嫌な部分も見えてきます。

そんなときに応募者がこの会社の良いところを見つけてくれて、入社を希望してくれるのを見ると単純にうれしくなりますし、この会社の長所を再発見する機会にもなります。

また「うちの会社のことをしっかり知ってくれた上で入社してくれるのかな?」という点も探っています。

「入社してみたらどこか違うからやっぱり他社に転職します」というミスマッチがなるべくないように、当社のことをしっかりわかって志望しているのかも見ています。

「入社後も長く働いてくれそう」と思わせるような答えを考えて書いてもいいですね。

こんな志望動機はやめておいた方がいいという例

志望動機を書く上でよくない例としては、

「給料がよさそうだから」「家から近い」「よくわからないけど好きだから」「経営が安定しているから」という理由のほか、「ネットや就活本の例文の丸写し」「企業のホームページに書いてあることをまとめただけ」などがあります。

パートやアルバイトの応募ならこうしたありきたりな理由でもいいのですが、正社員になるための志望動機としては弱いです。

よく聞く悪い例として「当社への入社を希望した理由を教えてもらえますか?」という面接官の問いに、

「御社の企業理念に魅力を感じました」と答える方もいらっしゃいます。

企業のホームページに企業理念は書かれていますので、とりあえずそれを言っておけばOKかなと思うかもしれませんが、そんなありきたりな答えでは不採用になる確率の方が大きいです。

簡単に思いつく答えというのは、ほかの応募者でも同じです。

「御社の企業理念に魅力を感じました」と答えると・・・

「またその答えか、たくさんの応募者から同じ答えを何度も聞いたよ・・・それ以上のことは深くは考えていないんだな」と口にはしないですが心の中で思っているかもしれません。

特に同業他社の志望動機を書くときは、内容もだいたい似てくるため使いまわしすることもあるでしょう。

それでも志望動機は重要な質問ですから、「他人とは違う視点」または「他人とは違う表現の仕方」で採用担当者の気持ちを引き込む工夫をしましょう。

志望動機の欄は必ず埋める

志望動機が書けないからといって何も書かないで空欄のままにしたり、「特にない」と書いて提出しないようにしましょう。

志望動機がわからないというときは、自分でも気づいていない点があるのです。

「私はどうしてこの企業に応募しようと思ったのか?」という点があいまいで、うまく説明できない時もあります。

そんな時は適当に志望動機をつくらないで、じっくりとよく考えてみてください。

誰にでも思いつくような回答では読む人の心にはあまり響かないですし、自分だけの回答は必ずあります。

理由を深く掘りだして考えて想いを伝えることができれば、深いことに気づける人間だということが相手にも伝わります。

そういう人はものがよく見える人間だと思われますし、こうした人材は社内にもいい影響を与えてくれるだろうという評価にもつながってきます。

この質問からはそういうところまで読み取れてくるのです。

時間をかけて自分なりの志望動機をつくってみましょう。

注:文中で使っている「貴社(きしゃ)」と「御社(おんしゃ)」は両方とも相手の会社のことを指します。

使い方の違いは、

貴社・・履歴書やESなど文章を書くときに使う

御社・・面接のときなどしゃべるときに使う

という違いがあります。お間違いのないように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク