求人先へ応募の電話をするときのかけ方の例

自分の知らない番号へ、初めて電話するのが苦手という人もいますよね。

特に就職活動で、気に入った求人を見つけて応募したいと思ったけど、これから電話すると思ったら、緊張して心臓がバクバクすることもあります。

そんなときはどうしようかと躊躇してしまいますが、思い切って電話をかけてしまいましょう。

でも「電話をかけたときに、最初はなんて言ったらいいか?」で迷ってしまうこともあります。

電話をかけて相手が出たときに、言葉がうまく出てこないときもあります。

そんなときのために、メモ帳や紙などに自分の言いたいことを書いておいて、相手が電話に出たらそれを読むだけにするのもいいと思います。

基本的に申し込みの電話の仕方は、新卒や中途の正社員や派遣・契約社員、パートやアルバイトの求人も、応募の際は同じかけ方です。

電話するときは緊張するでしょうが、思い立った時に電話をしてしまいましょう。

企業への応募の電話のかけ方

でも、電話のかけ方は、そんなにむずかしいことではありません。

求人に書いてある会社に電話をかけて相手が出ると、

「お電話ありがとうございます。○○(会社名)です。」

と、最初に会社名を名乗ると思います。

もしくは「はい、もしもし」としか言わない人もいるでしょう。

そうしたらこちらの最初のひと言は、

「お忙しいところすみません。○○(求人情報誌の名前、就職サイトの名前)を見てお電話しました。採用担当者様はいらっしゃいますでしょうか?」

でいいと思います。もっと簡単に開口一番は、

「お忙しいところすみません。求人情報を見てお電話したのですけど・・・」

といえば、(求人の応募の用件だな)と、電話に出た会社の人もわかってくれます。

最初は自分の名前を名乗らなくてもいいでしょう。

電話に出た社員の方が採用担当者でなければ、

「担当者に代わりますので、しばらくお待ちください」

といわれて、電話は転送されて担当者に変わってもらえます。

採用担当者が電話に出たら、その先の会話の流れは・・・

採用担当者「お電話変わりました。採用担当の○○と申します。」

「お忙しいところすみません。○○(求人情報誌の名前、就職サイトの名前)を見てお電話したのですが、求人の募集はされていますでしょうか?」

採用担当者「はい、募集しております。応募希望ですか?」

「はい、よろしくお願いします」

採用担当者「ではお名前から教えてください。」

そして自分の名前や連絡先などを伝えます。

その際に「履歴書や職務経歴書を送ってください」と言われたり、面接をするのであれば面接の日程をその場で決めることになります。

用件が済んで、電話を切るときは、

「ではよろしくお願いします。失礼いたします。」

といって電話を切りましょう。

メモできるものは用意しておく

このような感じで会話が進むわけではありませんが、だいたいこのような会話の流れになります。

また採用担当者と面接の日程を決めたりと、重要なことを書き留めておいたほうがいい場合もあります。

電話をかける時には、メモ用紙と筆記用具を手元に用意しておくことを忘れないようにしましょう。

求人に「履歴書を送ってください」とだけ書いてあったら、郵送する前に会社に電話連絡をしないで、履歴書や添え状を入れた封筒を郵送すればいいと思います。

または「電話連絡の上、履歴書を送ってください」とか書いてあったら、とりあえず郵送前に会社に電話だけしておきましょう。

応募の電話をしたときに断られることもある?

応募の電話をしたときに、採用担当者もいくつか質問をしてくることもあります。

その条件に合わないときは、その場で応募を断られることもあります。

あるいは募集が終了している場合も、同じですね。

また電話対応の仕方を判断材料にする採用担当者もいるでしょう。

タメ口や横柄な言葉遣いの電話対応だったら、やんわり断られることもありますので、その辺も注意したいですね。

電話対応のマナーを厳しく問われるわけではありませんが、言葉遣いにも気を付けましょう。

会社に電話するときの最適の時間帯はいつ?

就活での応募の電話や、その他の用事で会社に電話するときは、何時ごろがいいかというと・・・

どの会社も基本は、平日の朝9時から定時の夕方17時までは、電話の受付はやっています。

会社にもよるのかもしれませんが、どの時間帯でも電話には出てくれます。

でもその中でも、気を使って電話をさけてほしい時間帯といえば、お昼休みの12~13時のときでしょう。

電話に出られないこともないのですが、お昼休みの時間帯は社員の方も昼食をを食べていますし、ゆっくり休みたいですよね。

それでも電話がかかってきたら出ないといけないので、その対応はしますが、できればお昼休みの時間はさけてもらって、ほかの時間にかけたほうがいいでしょう。

また飲食業は、ランチタイムや夕食時などは、かなり忙しいです。

その場合は、その時間帯は避けたほうがいいですね。

朝と夜の時間帯は電話をするのはやめたほうがいい?

朝9時ぐらいの出勤直後の時間だと、朝からやらないといけない仕事がたまっていたり、会議などがあって忙しいときもあるかもしれません。

でもそれは、ほかの社員の人が電話に出て、用件なども人事担当者に伝えるので、気にしなくてもいいでしょう。

気になるのであれば、午前中の10~12時午後13~16時の時間に電話をかければ、問題なく対応してくれます。

また夕方の17時以降でも、あまり遅い時間でなければ、人事担当者も残業していることもあります。

その時間帯にかけても、特に失礼ではありません。

担当の人が帰宅してしまって会社にいなければ、仕方がないですけどね。

個人的には、午後の13時以降の時間帯に電話をかけてもらったほうが、眠気覚ましにはなります。

無理にその時間まで待たなくても、9~17時に電話をかければ会社の人が対応してくれますので、ご心配なく。

休日のときはどうする?

土曜日や日曜日・祝日は、会社が休みで誰も出勤していなければ、誰も電話に出ないか、留守電に伝言を残すようになります。

社員の人が会社にいれば、その人が対応してくれるでしょう。

その場合は「休み明けに電話してください」と言われるか、連絡先を聞かれて折り返し電話がかかってくることもあるでしょう。

求人に曜日の指定がなければ、土日祝日の休みの日に電話をかけても迷惑にはなりません。

また応募の仕方も「電話」「メール」「ネットの応募フォーム」など選べる求人もあります。

基本的にどれを使っても同じで、どれを使えば有利とかはありません。

自分のやりやすい方法を選べばいいと思いますよ。

会社の採用担当者から電話がかかってきたときに出られなかったら?

また会社の人から電話がかかってきたときに、何かの用事や移動中で電話に出られなかったときや、留守電が入っていたときは。

自分のほうから折り返しの電話をして、用件を聞きましょう。

会社の人も、電話に出てくれなかったら、またいつ電話をかけようか迷っていると思います。

その上、ほかに仕事が忙しくなれば、電話するのが後回しになったり、忘れてしまうこともありますので、連絡があったら折り返しの電話をして聞いたほうがいいでしょう。

また電話がかかってくるのを待っているよりは、はやく用件を聞いてしまったほうが、対応も早くできますよね。

初めて会社に電話をするときは緊張すると思いますが、電話のかけ方の例として参考にしてみてください。

選考中のわからないことは企業の担当者に聞いてみる

「説明会や面接は私服でOKと書いてありますが、どんな服を着ていけばいいですか?」

「○○社の試験のときは、何を持っていけばいいですか?」

「面接が終わってな1週間経ちますが、結果の連絡がこないです」

などの質問を、ネット上で見かけることがよくあります。

今はネットで、就職活動の情報を集めることも多くなってきましたが。

上のような質問を、ネットで誰かに聞いて、確かめようとする人も多いです。

こうした質問の答えは、その会社の人事担当者にしかわかりませんので、直接電話して聞いてみたほうがいいですね。

そんなことは当たり前のように思えますが・・・

ネットの情報で判断しないように

中には電話して確認することが恥ずかしくてできなくて、ネット上の情報を頼りに、誰かに質問して判断してしまう人もいるのですね。

確かでない情報をつかんで、大事な場面でミスしてしまうこともあります。

その会社のことだったらそこで聞かないとわかりません。

直接会社に連絡して確かめてみましょう。

わからないことを電話して聞いたからといって、「常識がない」とか、「評価が下がる」なんて思われることはありません。

それよりもよくわからないことを信じてしまっては、問題解決にもなりません。

ちょっと勇気を出せば電話できますし、電話するときも言葉に気をつけて尋ねれば、会社の採用担当者も丁寧に答えてくれます。

「わからないことがあったら、その答えを知っている人に直接聞いて、正確な答えを知る」

ことは仕事をする上でも大切なことです。

ネットの情報ばかり頼りにせずに、その会社のことは会社の人に聞いたほうが、正確な情報が得られますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。