ESに記入する研究室・ゼミの「研究テーマ」の回答の仕方

就活のESの「研究テーマ」の書き方

就職活動ではゼミや研究室でおこなっている研究テーマやその概要を、エントリシート(ES)に書かせる企業があります。

企業によってどのように研究テーマを書かせるか違いますので、質問の内容はよく読んでどう回答したらいいのかしっかり理解しておきましょう。

回答を記入するスペースの大きさにもよりますが、単に研究のテーマや概要だけを1行だけ簡単に書く場合もありますし、500~1000文字ぐらいの文字数でくわしく記入する場合もあります。

多くの文字数を記入するときは、概要として大まかな研究の説明を書いておきましょう。

その研究テーマを選んだ動機や理由・目的のほか、研究で力を入れていることや学んだことなどを書く場合もあります。

例えば理系の学部で研究室に配属されて研究を進めている方の場合「○○教授のご指導の元、△△というテーマで□□という課題を研究しています」など。

文字数が指定されているときには、その文字数の8~9割ぐらいは埋めるようにして、空白の部分をあまり残さないように詳しく書いたほうがいいですね。

面接官への説明の仕方を工夫する

また面接で研究テーマを聞かれたときには、それを自分の言葉でどう説明するかという点も見ています。

研究テーマがその志望先の企業の業務と関連しているのであれば、専門的な用語での説明も必要になってくると思いますが。

志望先の企業の業務と研究テーマが関連のないときは、専門的な用語を使って説明されても素人の面接官にはよくわかりません。

そういう場合は素人でもわかるような説明が必要になってきます。

その知識がない人にも理解できるように説明の仕方も考えておきましょう。

研究テーマがまだ決まっていないときの書き方

研究テーマや課題が決まるのは4年になってからなので、就活の時期はまだ何も決まっていないというときもあります。

ESに「研究テーマがまだ決まっていない場合は『未定』と記入してください」と書いてあるのなら「未定」と書いてもいいのですが。

文字数をある程度書く場合などは「未定」だけで終わらせてしまうとアピールにはなりませんので、スペースを文字で埋めることを考えてみましょう。

まだ何も決まっていない時でも、「これからどんな研究を行おうとしているのか」などの取り組む予定の研究テーマでもいいですし、ある程度予定が決まっていればそれを説明していきましょう。

研究テーマに関して何も決まっていない場合は「これから自分で取り組みたいと思っている研究」を書いてもいいと思います。

例えば、

「私の大学は4年次からゼミや研究が始まりますので、今は研究テーマは未定です。今後の希望としては〇〇のゼミ・研究室に所属して、△△について研究したいと考えております」

このように書いてみてはどうでしょうか。

ゼミや研究の内容がよくわからない時は、大学のホームページなどを見れば、ゼミや研究室の内容がわかりますので、自分で調べて書いてみましょう。

担当教授名まで書くときに、まだ決まっていない時は「未定」にしておくしかないですね。

ESに書いた予定と研究テーマが違うものになったとしても、そのことを企業の採用担当者に伝えれば特に問題はないと思います。

研究テーマで合否が決まるわけではないので、予定が変更したとしても影響はないでしょう。

ゼミや研究室に所属していない時は?

またゼミや研究室への所属が必須ではない大学もあります。

それでも何か書かないといけない時は迷いますよね。

ゼミや研究室へ所属していない時は、最も力を入れて勉強した専門科目や印象に残った授業などについての説明でいいと思います。

研究テーマが決まっていないときでも、ESで質問されたときには空欄にしないで何かを書くようにしましょう。

ESの項目はすべて企業の採用担当者への自己PRになりますので、適当に書いたりしないで面接のときも詳しく説明できるように準備しておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク