「ここがマズイ!」履歴書に書く志望動機のよくない例文

「これはやめたほうがいい」志望動機の悪い例の一覧

就職・転職活動で履歴書やエントリーシートの「志望動機」を書くときは、どういう内容を書こうか迷うこともありますよね。

迷わずスラスラ書ければいいのですが、志望していてもその動機がうまく書けない時ってあります。

よく考えてみたけど、いい文章が思いつかずに、簡単に書いて済ませようとしてしまうこともありますよね。

実際にそういう文章をたくさん見てきましたが、ほかの人と差別化ができる志望動機の項目を軽く見て、それで不採用になってしまう方も多いです。

よく考えないと書けない項目だけに、考えるのが嫌で面倒になって適当に書く人もいます。

そういう厄介な項目だけに、時間をかけてじっくり文章を練らないといけないのです。

最初からいい文章を書こうと思っても、どう書けばいいかわからないですよね。

そんな時はまず、反面教師として悪い例をしっかり押さえておきましょう。

志望動機を書くときに「これはやめておいたほうがいい」という悪い例を、下にいくつか上げてみました。

・会社のホームページやパンフレットに書いてあることをまとめただけ

・「御社のスキルを学ぶため」「自分を成長させるため」

・「長く勤めたい」「安定していそうだから」「将来性があるから」

・「家から近いから」

・「給料が高い」「福利厚生がそろっている」「年間の休みが多い」「残業がない」

・「以前からここではたらきたいと思っていた」

・「仕事が楽しそう」「仕事が楽そう」

・本やネットから例文の丸写し

こうしたことを書いてしまいがちですが、志望動機の文章としてなってなかったり、説得力に欠ける文章になってしまいますので、気をつけましょう。

パートやアルバイトの志望動機なら、上の例でも通るかもしれませんが、正社員で応募するときの志望動機としては不十分だと思われてしまいます。

自分本位の志望動機では採用されない

上の悪い例にもあるように、「給料がほしかったから」とか、「安定しているから」とか、「御社のスキルを学ぶため」とか。

それが志望動機としての本音かもしれません。

でもそれだと聞くほうとしては、「採用したい」とは思わないのですね。

自分がその会社に求めていることを、そのまま素直に志望動機に書き込んでも、自分を売り出し方としては失敗しているのです。

これらの志望動機は、応募者の「自分本位」の考え方を述べているだけです。

会社の人事担当者から見れば「とりあえずはたらくから、給料はちょうだい」と言っている様に聞こえるだけなんです。

その会社の良い点を上げて「よいしょ」したつもりでも、相手の気持ちには全く響かないことはよくあります。

自分が会社に役に立つかどうか

会社はモノやサービスを売って、利益を得ることで経営が成り立っています。

モノやサービスが売れなくなってくれば、その会社も経営が苦しくなってしまい、そのうち倒産してしまいます。

逆に売り上げが上がれば、会社ももうかって、社員の給料も上がります。

人を雇うとなれば、そうした「会社の売り上げ」に貢献してくれる人を、優先して採用したくなりますよね。

即戦力としてのスキルや経験があれば、それが自分を売り込むときの武器になりますが、それがないなら、会社の売り上げに貢献してくれそうな人を選びます。

就職活動でのアピールは、「自分が会社に役立てるかどうか」という主張がベースになってきます。

特に仕事での実績のない未経験者だったら、将来活躍してくれるだろうという「期待」を、相手に匂わせないといけません。

志望動機で明確にしたい点は2つあります

パートやアルバイトのときには、志望動機もそんなに深く考えなくてもいいですが、定職につくときはしっかり考えた文章にしたいですね。

就活の志望動機は、その文字通り、

「なぜこの仕事を選んだのか?」

「なぜこの会社を選んだのか?」

の2つの点を明確に書いておきましょう。

相手がいる以上は、相手ののぞんでいることもよく知って、それをふまえて志望動機を書かないと採用にはいたりません。

そのためにはその志望する会社のことや、仕事内容をよく調べて、そこから志望動機をつくってみましょう。

そこから自分が、どんなふうに会社に貢献できるかを伝えてみたりとか。

またどんな小さなことでもいいので、自分とその会社や業界との接点を見つけて、そこから志望理由を書いてみるのもいいですね。

自分との何かつながりがあったほうが、面接で担当者に聞かれたときも説明もしやすいと思います。

志望動機が書きなれていないときは、最初は箇条書きで小さなことでもたくさん書き出してみて、そこから文章にしてみましょう。

むずかしく考えずに、まずは気軽な気持ちで書いてみるといいですよ。

出来上がったら、ほかの人に見てもらうなどして、意見をもらいましょう。

志望動機や自己PRなどは、ほかの応募者との違いを出せるアピールポイントになります。

この項目は、時間をかけてよく考えて、自分なりの回答が出せるようにしたいですね。

志望動機を本やネットからパクるのはやめましょう

志望動機や自己PRなどの例文は、就活の対策本にもたくさん載っていますし、ネット上にもいろんな例文があります。

自分で書くのがめんどくさくて、その例文をそのままコピペで履歴書やエントリーシートに丸写ししてしまう方もいると思いますが。

それはリスクが高いです。

面接官はたくさんの履歴書やエントリーシートを見ます。

応募者がたくさんいれば、書いてある内容も似たようなものが多いのですが・・・いくつか読んでいると、

「あれ?この文面はどこかで見たことがある・・・」なんて感想を面接官にもたれるかもしれません。

自分が、本やネットからコピペしてきた例文を、ほかの応募者がそのまま使っていることも、十分考えられます。

「この人と、この人の志望動機の文が、一字一句までまったく同じ・・・」

と、バレたら印象も悪いですよね。

良い内容でなくても自分で文章を作ってみましょう

志望動機や自己PRは、できるだけ自分で文章を書きましょう。

書きなれていないと最初はなかなか難しいかもしれませんが、そんなときはたくさんの参考例文や、

反対にダメな文章も検索して参考にしてみると、一応の文章のかたちの整え方はわかってきます。

それをよく研究した上で、自分で書き始めてみるとやりやすいですよ。

本やネットの例文を参考にするときは、そのまま丸写しするよりは、文章をできるだけ書き換えたほうがいいですね。

ほかの誰かと文章がかぶってしまったら、やはりあやしまれます。

志望動機や自己PRは、ほかの人と差別化できる重要な項目です。

ここは下手でも、自分の言葉で説明したほうがいいでしょう。

ほかの人とは違う自分だけのアピールが書けるように、時間をかけて取り組んでみれば、いいものが書けますよ。

ホームページがない企業もある

就職活動で求人の応募をするときに、企業のことをネットで調べようと思ったら・・・

検索してみても会社名が出てこなくて、ホームページ(HP)などがない会社もあります。

あったとしても情報が古かったり、情報を更新していても特に参考になる情報などなかったり・・・・

会社も業種によって様々ですので、どこもすべて、HPを持っているわけではないのですね。

特に中小企業になると、そういうところも多いです。

「今どき、HPすらつくっていない会社って、大丈夫?」と不安に思うかもしれません。

でも実際は『 HPを持っていない=おかしな会社 』とは言えません。

HPやブログ、ツイッターやフェイスブックまでやっているけど、よく読んでみると、実際にどんな仕事をしているのか、よくわからない会社だってあります。

ネット上に情報を出していないということは、ネットで自社の宣伝しなくても、利益を上げている会社ともいえます。

ホームページなど必要がない

実際にHPを作ってみたけど、仕事の依頼が来なかったりアクセスが集まらなかったりで、役に立たなくてそのままやめてしまったり、

まったく更新しないまま、ほったらかしという会社もあるでしょう。

あまり意味のないHP作成に時間をかけるより、本業のほうに時間をかけたほうがいいと判断している会社もあります。

就活する側としては、会社の事業内容やその他の紹介ぐらいは、ネット上に載せておいてほしいと思うところですよね。

本当は会社の情報や仕事内容を、HPなどで細かく紹介したほうが、やる気のある応募者が集まると思うのですが・・・

IT関連の企業ですら、HPを用意してなかったり、更新していないところもありますので、その会社の方針なんでしょうね。

履歴書の志望動機はどうやって書く?

ネット上に応募する会社の情報がなくて「履歴書やエントリーシートに、志望動機が書けない!」と悩む方もいると思います。

正直言ってHPやその他に、その会社の情報が載っていたとしても、参考程度にしかならないことが多いです。

会社の広告の役割として、最低限の情報だけ出しているぐらいのものです。

HPに載っている言葉を引用して志望動機をつくっても、ほかの応募者とほとんど同じような内容になってしまう可能性もあります。

「御社のHPを拝見したところ、社内の雰囲気がよかったので・・・」と書いても、アピールにはなりません。

みんな悩みながら文章を作っている

会社の情報が少なくても、それなりに志望動機はつくることができます。

ほかの応募者も少ない情報の中で、志望動機作りに苦労していることが多いのです。

「会社の方針と自分の考えがあっているから・・・」や「待遇や勤務条件がいいから」といった内容でもいいのですが。

事前に会社訪問や企業説明会に参加できるのなら、情報は集まると思いますし、それがないのであれば、

その会社の商品やサービスを実際に利用してみて、興味を持った点から志望動機を書いてみることもオススメです。

同業他社を研究してその仕事に関する情報を集めてみたり、自分がその会社に貢献できそうなことを書いてみるのもいいと思います。

志望動機は、どこの会社でも通用しそうな抽象的なことを書くと「これだったらウチの会社じゃなくてもいいよね?」といった冷たいことを言われるかもしれません。

でも会社の情報が少なければ、書けることは限られてきますので、多少は抽象的な志望動機でも仕方がないと思います。

履歴書に書く志望動機は、面接官も必ず目を通しますので、文章はよく考えて書いてみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。