履歴書はどの大きさのものを使ったらいいのか?

履歴書は「A4サイズ」と「B5サイズ」の2種類があります

文房具店や書店やホームセンター、100円ショップなど、市販で売っている履歴書は、A4サイズとB5サイズの2種類あります。

A4サイズは、A3サイズの紙一枚を両端をあわせて1回折りたたんだのと同じ大きさになります。

最近はそのA4サイズの履歴書が主流になってきました。

今はA4サイズの履歴書を使う応募者のほうが多いですね。

それでもセブンイレブンなどコンビニや100円ショップには、A4サイズよりひと回り小さいB5サイズの履歴書もおいてあります。

昔は、そうしたB5サイズの小さい履歴書が標準でした。

でも今は、会社の書類の用紙の大きさは、A4サイズで統一されるようになってきています。

その影響で就職・転職活動で使う履歴書も、職務経歴書も、同じ大きさの「A4サイズ」を使うようになってきています。

また履歴書といっしょに封筒に入れる添え状も、A4サイズでつくって、大きさを整えておきましょう。

サイズはそろっていたほうが整理しやすい

会社でも、応募者の履歴書や職務経歴書をまとめて保管するとき、2穴パンチで履歴書の左すみにふたつの穴を開けるなどして、ファイルにはさんで保管します。

日本人の特性なのか、まとめるときに紙の大きさが統一されていたほうが、「整理してある」と感じるのでしょうね。

まとめるときに、A4サイズの履歴書の中に、小さいB5サイズの履歴書が入っていると、用紙の大きさが違うだけに、なんとなくまとめづらいと思ってしまうのかもしれません。

A4サイズの用紙の間に、小さいB5サイズの用紙が挟まれていると、何かの拍子にB5サイズだけスルっと落ちてしまうこともありますので・・・

でもファイルの中に入れてまとめてしまえば、どの大きさの履歴書でも関係なくなりますけどね。

どちらかといえばA4サイズの履歴書がおすすめ

違いといえば、だいたいそのぐらいのものです。

A4サイズとB5サイズで、書く内容が違うなんてこともありません。

書き込む項目も、どちらもほとんど同じようなものです。

大きいA4サイズのほうが、たくさん字が書けるような気もしますが、そんなに違いもありません。

基本的には就活で、A4サイズとB5サイズのどちらを使っても大丈夫なのですね。

パートやアルバイトの募集だけでなく、正社員の募集でB5サイズの履歴書を使ったからといって、それだけの理由で不採用になることはないでしょう。

でもどちらにするかといったら、A4サイズの履歴書をオススメしておきます。

理由は、今はそちらのほうが一般的になってきていますからです。

でも大事なのは履歴書のサイズよりも、履歴書に書き込む中身ですよ。

市販の履歴書はいろんな種類がありますので、売っているお店で確認してみてください。

履歴書は手書きよりパソコン作成のほうが早い?

就職・転職活動をするときは、履歴書はボールペンなどで手書きにしたほうがいいのか、それともパソコンでつくって出してもOKなのか?

この論争がずっと続いていますが、でも冷静に考えれば、手書きで履歴書を書いておけば、とりあえず確実なんです。

昔から、それが当たり前でしたので。

ただ手書きにするとけっこう面倒ですし、字を書き間違えたときはその修正もできないので、また新しい履歴書の用紙に最初から書き直さないといけません。

途中まで完璧に書いていたけど、字をミスして最初から書き直しになると、履歴書を書くのもイヤになってしまいますよね。

確かにパソコンでつくってしまったほうが、完成させるのは早いです。

パソコンで一度履歴書を作ってしまえば、文字の修正なども簡単にできますし、後は必要な枚数を用紙に印刷するだけになります。

「履歴書のパソコン作成」を擁護する理由

ネットを見ると、

・今どきパソコンで履歴書をつくるのは当たり前

・パソコンのスキルを面接官に見せるのために、履歴書はパソコンでつくったほうがいい

・今の会社の書類は、ほぼすべてパソコン作成だから、履歴書だけ手書きにするのはおかしい

・手書きにしたところで、その人がどんな人かわかるわけがない!

・外国では、パソコンで履歴書をつくっている

など、いろんな“パソコンで履歴書作成の賛成派”の意見があります。

しかし冷静に見ると、どれも履歴書のパソコン作成を擁護する決定的な理由にはなっていないように思えます。

「パソコン作成でOKなのか?」を会社に確認してみる

日本には2006年の時点で、約421万社ほどの会社の数があるそうです。

それだけの膨大な会社の数があれば、それぞれの会社の面接官の考え方も様々で、一様ではありません。

もちろん会社の中には、「履歴書はパソコンで作成してもOKです!」という会社もたくさんあるでしょう。

ただしこれまでは、会社に応募するときは、履歴書は手書きにすることが当たり前となっていました。

ここ10年ぐらいで考え方も変わってきて、「手書きにするのは大変だし、パソコンで素早くつくってしまったほうがいい」という人も多くなってきました。

そうした人が多くなってはきたと思うのですけど、自分が応募する会社が、パソコン作成でOKなのかどうかは、わかりません。

それを確かめるために応募するときの電話で、「履歴書をパソコンで作成しても大丈夫ですか?」と聞いてみてもいいですね。

許可がおりたらパソコンでつくるのもいいですが、会社の人の返事があいまいなときは、手書きで作ったほうが無難かと思います。

誰が自分の履歴書を読むのかがわからない

私も履歴書は、パソコンで作成したほうが簡単だし、応募者の負担が少ないと思っています。

履歴書を手書きにして、一字だけちょっと間違えてしまって、また最初から書き直しになったときの、すべて投げ出したくなるような感じは、確かに嫌なものです。

「手書きなんていう文化が、何でこの国にはあるんだ!」と、嘆きたくなる気持ちもわかります。

そんなところから、面倒くさくないパソコンで作成を考えるのも当然です。

「今どき、履歴書はパソコンでつくるぐらい当たり前だろ?」と、自分に言い聞かせて、作ってしまいたくもなりますが・・・

自分が作成した履歴書を、どんな人が読むのかわかりません。

そこが怖いところなのです。

もしかしたら年配の面接官で、手書きの履歴書を好む人かもしれませんし、そうした人が担当するかもしれないのです。

「パソコン作成でいいですよ」という採用担当者が読んでくれればラッキーですけど、どうなるのかは応募者にはわからないのです。

「手書きのほうが無難」としか言えない

結論から言ってしまえば、第一志望など志望度の高い会社に応募するのだったら、

「履歴書はパソコン作成でOK」の許可が出ていなければ、リスクを避けて手書きにしたほうがいいと思います。

手書きにするといっても、落ち着いてゆっくり書いても、1枚30分~1時間ぐらいで書き上がるはずです。

手間はちょっとかかりますが、リスクを避けるためにも、ここは無難は手法を選んでおいてもいいでしょう。

もしかしたらパソコンしたものでも通るのかもしれませんが、それは結果論です。

手書きできれいに文字が書いてある、読みやすい履歴書だったら、どの採用担当者も文句は言いません。

これはけっこう大きな意味を持っていると思います。

会社によってとらえ方は変わってくるということ

ネットには、「パソコン作成の履歴書で書類選考を通過しました!」という書き込みもたくさんあります。

でも、自分の応募する会社は、PC作成でOKなのかどうかはわかりません。

「今は、履歴書はパソコン作成が当たり前」という書き込みもありますが、それはどこで確証の取れた意見なのかわかっていないですよね。

「履歴書作成は手書きかパソコンか」というこの論争に関して、いろんな意見がありますが、どっちが正しいというわけではありません。

本当は会社がそれぞれ、どちらにしたらいいのか表記してくれていたら、特に問題はないのです。

手書きにするかパソコン作成にするのか迷うときは、応募する会社に電話で問い合わせたほうがいいでしょう。

どちらを選ぶのかは本人の自由ですが、応募する以上は後悔はしないようにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。