履歴書やエントリーシートの「免許・資格」欄の書き方

就活で使う履歴書やエントリーシート(ES)には「免許・資格」を書く欄があります。

市販の履歴書や学校で売っている履歴書、企業指定のESによって多少の違いがあると思いますが、ここでは「免許・資格」の書き方を説明していきます。

履歴書やESの免許・資格欄の書き方

履歴書やESによって「免許・資格」を書く場合もありますし「資格」だけを書く場合もあります。

この「免許」と「資格」の意味は、

「免許」→自動車やバイクなどの運転免許、教員免許、医師免許など

「資格」→国家資格、民間資格(検定)、TOEICのスコアなど

免許や資格や検定などは多少意味は違うのですが、同じ欄で書かせることが多いです。

検定も資格と同じものとして資格の欄に記入しておきましょう。

免許や資格はひとつもない場合

「免許や資格などは何も持っていない」という方も多いと思います。

でも履歴書やESをみると免許や資格を書く欄があって、そのスペースも大きく取っているのを見ると、「ここには何か書かないといけない!」という気持ちがはたらいてしまいますよね。

しかし何も持っていない時は正直に「特になし」と書いておきましょう。

ウソを書いて後でバレてしまうと立場も悪くなってしまいます。

免許や資格などが何もない時は、他のことでアピールするようにしましょう。

空欄にしておくと「書き忘れたのかな?」と思われてしまいますので、一つもないときは「特になし」と記入しましょう。

保有資格が書ききれないほど多いときは?

逆に資格や検定などをたくさん取得していて、履歴書やESの資格欄に書ききれないという方もいます。

そういう場合の対処法としては、

・応募する企業の業務に関連のある資格や検定を選んで記入する

・同じ種類の資格なら難易度の高いものだけを記入する

ようにしてみましょう。

自分が保有している資格や検定をすべて履歴書やESに書く必要はありません。

数が多い時は、その中から選考で有利になりそうなものだけを選んで記入するようにしましょう。

業務とあまり関連のない資格や検定を書いても、それほど有利にはならないと思います。

また漢検や英検、日商簿記などは級によって難易度のレベルが違ってきます。

これまで合格してきた級をすべて書くのではなく、合格した中で一番難易度の高い級だけ書けば、その人の実力はわかります。

そのようにして保有資格を記入してみましょう。

免許や資格の正式名称とその書き方

履歴書やESの免許・資格の欄に保有資格の名称を書くときは、基本は正式名称で書きましょう。

ただし正式名称は長くてわかりにくい場合もありますので、その場合はわかりやすく書いたほうがいいですね。

就活で人気の免許・資格の略称と履歴書やESへの書き方の例は、

免許・資格の略称「履歴書やESに記入するときの免許・資格の書き方」

・運転免許「普通自動車免許取得」または「普通自動車第一種免許取得」

・日商簿記2級「日商簿記検定試験2級合格」

・漢検2級「日本漢字能力検定2級合格」

・英検2級「実用英語技能検定2級合格」

・TOEIC「TOEIC公開テスト スコア700点取得」

・MOS「マイクロソフト オフィス スペシャリスト Word 2013 Expert 取得」

MOSの書き方はMOS公式サイトに詳しく掲載されています。

免許・資格は取得した順に記載する

免許・資格を書く順番は、学歴・職歴と同じように上から古い順番で書くようにしましょう。

例としては

免許・資格
平成23 5 普通自動車第一種免許取得
平成26 10 実用英語技能検定2級合格
平成28 7 TOEIC公開テスト スコア700点取得

ちなみに普通自動車第一種免許を取得した年月は、免許証の表側の左下に「他」と書いてあります。

そこの年月日が運転免許の取得日となります。

ESによっては「運転免許 有・無」でどちらかに〇をさせる場合や。

TOEICのスコアを書く欄を別につくっているESもあります。

別の欄でもうけているときは、免許・資格の欄に普通自動車免許やTOEICのスコアを書かなくてもいいのではないでしょうか。

微妙な資格や検定は書かないほうがいい?

また「TOEICが300点と低いスコアのため、あまり記入したくない」という場合もあります。

スコアが低すぎて書きたくない時は、資格の欄にTOEICのスコアを書かないことも一つの手です。

「テストを受けたら履歴書やESに必ず書かないといけない」というわけではないですから。

しかし企業側からTOEICのスコアを書くように言われている場合は、書きたくなくても書くようにしましょう。

また「日商簿記検定4級」などの簡単に取れそうな検定や、「世界遺産検定」などマニアックすぎて認知度がほとんどない検定を履歴書やESに書くか迷うと思います。

マニアックな検定などは面接のときの話のネタにはなりますが、履歴書やESに記載するかどうかは本人の判断次第でしょうか。

今後、取得予定の資格の書き方

今は勉強中だったり学校に通っていたりして、今後免許や資格を取る見込みがあるものに関しては。

履歴書やESに記入したいときは、取得予定として書いておきましょう。

例えばまだ車の免許は持っていないけど、今は自動車教習所に通っていて今後免許が取れそうという場合の書き方は、

「普通自動車免許取得予定」または「普通自動車第一種免許取得予定」

と書いておきましょう。

日付に関してはだいたい免許が取れそうな年月を書けばいいですね。

以上になりますが、履歴書やESの「免許・資格」欄に記入するときの参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク