メールでエントリーシートを提出する時の件名と本文の書き方

エントリーシートを添付するときのメールの例文

就職活動で企業あてにエントリーシート(ES)をメールで送付するとき。

メールにESを添付したあと「件名」と「本文」に何を書いたらいいか迷いますよね。

何も書かなくても、メールに添付したESさえ企業に届けばOKなのですが・・・

それだとあまりにも素っ気ないので、簡単でいいので何か書いておきましょう。

メールの「件名」と「本文」の書き方の例としては、

件名:エントリーシートの提出

○○株式会社
採用担当者様

お世話になります。
△△大学□□学部4年の佐藤一郎と申します。

今回、貴社の募集要項を拝見し応募させていただきました。
メールにエントリーシートを添付しましたので、ご確認の程よろしくお願い致します。

————————————-

佐藤 一郎(サトウ イチロウ)
△△大学□□学部□□学科4年
携帯電話:090-1234-5678
e-mail:abc1234@gmail.com

————————————-

と、文面はこんな感じで書いてみてはどうでしょうか。

メールの文章を書くときの注意点

注意点としては、「件名(タイトル)」はどんな用件で送ってきたのかわかりやすく書きましょう。

そして本文の最初は宛先の会社名を記入します。

次に、送り先の企業の担当者名が不明だったり複数人いるときは「採用担当者様」でいいと思います。

送り先の企業の担当者の名前が分かるときは「採用担当 〇〇様」と名前を書いておきましょう。

在学中なら学校名と自分の名前を記入します。

既卒なら学校名を書く必要はありません。

要件もわかりやすく簡潔に記入します。

メール文の最後の署名は、何を記入するか特に決まりはないのですが。

ここでは「自分の名前」「学校名」「携帯電話番号」「Eメールアドレス」の4つを書いておきます。

何か不備があった時にすぐに連絡がもらえるように「携帯電話番号」「Eメールアドレス」は入れておきたいですね。

読み方が難しい名前なら、ひらがなをふっておきましょう。

住所やその他の情報を署名に入れるかは、お好みでどうぞ。

署名に関してはメールを作成するときに、自動で署名が挿入するように最初にメールの設定しておくと便利ですよ。

上のメールの例文はコピーアンドペースト(コピペ)して使ってもらってかまいません。

メールにコピペした時の文字の大きさは「文字サイズ」で調整してみてください。

メールを送信する時間帯は?

メールを送信するときに「何時にメールを送るのが一番いいか?」で悩む方もいます。

電話をするときは、社員の方がいる会社の営業時間内にしたほうがいいですが、メールに関して言えば「何時に送るのが最適」というのはありません。

夜の23時ごろにESが書き終わってメールに添付して送ろうと思ったけど「こんな夜中の遅い時間にメールを送信したら迷惑かも」と考えてしまう方もいると思いますが。

夜中に会社あてにメールを送っても問題はありません。

送信されたメールは翌朝に出勤してきた会社の担当者がパソコンを開いて、翌朝までに届いたメールを確認します。

企業の担当者に迷惑をかけるようなことではないですし、就活の選考で不利になるようなことはありません。

受け取ったメールの日時が深夜1時や2時だとしても「その時間までESを書いていたんだな」ぐらいにしか思いません。

それよりも「あとでメールを送信しよう」と後回しにして、そのまま送り忘れてしまうことの方が怖いですので、できるときにメールを送信してしまいましょう。

ESを締め切りのギリギリに提出するとき

ESを提出期限のギリギリに提出するときに「遅くなって大変申し訳ありません」などの謝罪文をメールに書いてくる方もいます。

締め切りのギリギリの時間でも、間に合うのであれば謝罪文などを書く必要はありません。

企業側は結構ドライに「期限までに間に合えばOK」と思っています。

提出が時間ギリギリになろうと間に合えばいいのです。

「メールを受領しました」という返信メールが来ないときは?

エントリーシートをメールに添付して送信したあとに、「メールを受け取りました!」などの文面が書かれた返信メールが送り先の企業から来るときと来ないときがあります。

このへんは企業によって対応も違いますが、「メールを受け取りました!」という返信メールがもらえると安心しますよね。

「返信メールがないと自分のメールが届いたかどうか不安になる」という方もいますが、宛先のメールアドレスに間違いがなく、メールのエラーもなく送信できたのなら、それでよしとしましょう。

「返信メールがこないため、自分のメールが届いたのかどうか不安になる」というときは、企業へ確認の電話かメールを送るしかありませんが・・・

また「メールを受け取りました」という企業からの返信メールに対しての返信メールは、送る必要はありません。

返信してもいいのですがあまり意味のないことですので、受領したという返信メールを受け取った時点でメールのやり取りは終わりにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク