面接の練習してないけど就活で内定はもらえるのか?

就職・転職活動では企業の採用担当者との面接は必ずあります。

就活では面接を重要視してくる企業が多いので、事前に面接の練習をしたりなど準備をする方も多いでしょう。

しかし反対に「面接の練習などまったくしない」人もいます。

「面接の練習をしたからって、今更上達しないし意味がないから」

「私は慣れているから大丈夫」

などの理由で、ぶっつけ本番で面接に来る人もいますね。

そういう人は面接の結果はどうなるのか?

何も準備してない状態で面接に行くと、その結果は?

面接の練習などしないで、本番の就活の面接を受ける人はどんな結果になるのか・・・

その結果は、受かる人は受かります。

もちろん準備不足で不慣れな面が出てしまって面接に落ちる人も多いのですが、それでも面接を通過して内定をもらう人も中に入るのですね。

私の知り合いにも面接の練習はしてないけど、複数の企業から内定をもらっていた人がいました。

面接の練習をしないで、面接を通過できる人というのはどこが違うのかというと。

・以前に面接の経験があった

・その時の面接にうまくハマった

という点があります。

練習なしで面接で結果を残す人の特徴

就職活動の面接を受ける以前に大学入学前に面接を経験していたり。

または企業のインターンシップの選考で何度も面接を受けていると、本番の面接でも緊張しないで受けることができます。

そのほかにも人前でしゃべったりする機会がある人などは、面接に苦手意識がないこともあります。

以前に何らかの面接の経験があれば、それは就職活動でも生かされます。

そういう人は全くというか、ほとんど面接の練習などしなくても、面接のやり方をわかっているために、就活の面接もうまくこなしてしまうのです。

また面接に不慣れでも、その時に出会った企業の面接官となぜかウマが合って、自分では全然うまくできてなかったと思っていたのに、面接を通過できたり内定をもらえることもあります。

これはまさに偶然というか、幸運なめぐりあわせですよね。

そうあるわけではないですが、そういう強運の持ち主もいるわけです。

しかしそんな人ばかりではありません。

面接の経験もなく、運にも頼ることのできない人はどうしたらいいか?

面接に不慣れな人は練習が必要?

面接対策としては大学などの学校や学外のセミナー、ハローワークなどでおこなっている面接の講習や模擬面接に参加してみましょう。

また自分の親や友人知人に面接官役をやってもらって、本番さながらの模擬面接をしてもいいですね。

それ自体は悪いことではありません。

むしろ模擬面接はしっかりと受けておきましょう。

他人に面接する姿を見てもらうことで

「身だしなみのチェック」

「面接時の入室・退室の仕方」

「面接中の受け答えやマナー」

に関しての客観的な意見をもらえます。

本番の面接では、面接官は相手の悪い点を親切に指摘してくれません。

自分の悪い点に気づかずに直さないまま、いくつもの企業の面接を受け続けたら、受かるところも受からなくなってしまいます。

そうした点は面接前に他人に見てもらって、直せる点は直しておきたいところです。

しかし練習だけでは一番肝心のものは克服できません。

肝心なもの、それは「本番の緊張感」です。

この緊張感のために練習してきたものをうまく出せなくて、不本意な結果になってしまうこともあります。

こればかりは練習するだけでは身につかないのです。

面接では「落ちた経験」があったほうがいい

面接を受けたことがない人にとっては、面接がどういうものなのか、あまりピンとこないと思います。

そういういまいちよくわからない状態で面接の練習をたくさんしても、身につくものには限りがあります。

人間はどんな状況でもそうなのですが、「このままではマズい!」という切羽詰まった危機感を感じて、ようやくやる気のスイッチが入ります。

「面接官の質問にほとんど答えられなかった」「面接で落とされた」という苦い経験をして、「このままではどこからも内定がもらえないのでは?」という危機感や焦りを覚えて、初めて自分の心に火が付きます。

ですので本番の面接の経験は早くしてしまったほうがいいのです。

面接に落ちてなげく人もいますが、その経験によって本当のスタートラインに立てたということです。

落ちてから本気になれるのです。

面接で不合格になることで、それまで見えなかった自分の足りない部分が見えてきます。

「あいまいな気持ちで就活に取り組んでいたこと」

「志望動機や自己PRが中途半端」

「面接でうまくしゃべれない」

などの課題がハッキリ見えてきます。

そこから本気で対策を考えるようになるのですね。

面接の準備を短期間で済ます方法

そして「自己分析がまだ済んでいないから」「面接を受けるのはまだ早い」といった理由で何もしない人もいます。

しかし自己分析はどれだけやっても完璧にはなりませんし、面接も先延ばしにしていても前に進みません。

その対策としては面接の日程を早く決めて、自分で締め切りをつくってしまうことです。

「期日までにやらないといけない」状況をつくることで、頭の回転も速くなります。

「3日後に面接」と決まれば、頭がフル回転して面接で何を言うか必死に考えますし、それこそダラダラやっているときよりも数倍本気で考えるようになります。

第一志望の企業でなくていいので、面接を受ける機会を早くつくって面接を受けておきましょう。

質問に対する対応力が違ってくる

模擬面接の練習のときは「志望動機は?」とか「学生時代に頑張った事は?」といった質問ぐらいしか聞かれないと思います。

そのため、よく聞かれる質問にはスラスラ答えられるようになるけど、他の予想してなかった質問に対しては回答がグダグダになってしまうこともあります。

企業の面接官もそのことを知っていますので、ありきたりの質問をするよりも、相手が予想してなかった質問をして相手の素の対応をみることがあるのですね。

ある企業の面接で「5年後、10年後はどんな自分になっていたい?」という質問をされたとき。

そんなこと今まで考えたことがなければ、答えを出すのに悩みますよね。

その場でうまく回答できなかったときは、その質問は印象に残って、後で「どう答えればよかったのか?」と回答を考えると思います。

そして、その後の他の企業の面接で全く同じ質問か、似たような質問を受けることがあるかもしれません。

たとえ失敗したとしても、真剣に必死で考える時間があることが大切です。

本番の面接で経験したことは、より深く考えるための材料にもなりますし、今後の面接で生かせる可能性もあります。

ですので、できるだけ多くの面接を受けてみて、対応する力を身につけていきたいですね。

面接の準備としてすることは?

面接の練習は、ある程度はやっておきましょう。

面接が得意な人は模擬面接を1~2回ぐらい、苦手は人は3~4回ぐらい繰り返しやってみる。

また「学生時代に頑張ったこと」「志望動機」「自己PR」など面接でよく聞かれる質問に対する答えを言えるようにしておく。

これは一人でも練習できます。

そして、ある程度練習をしたら、早く本番の面接を受けに行きましょう。

志望度がそれほど高くない企業を最初の面接にもってきて受けるのです。

本命の第一志望の企業が一番最初に来ると不慣れな面が出てしまうこともありますので、その前にいくつかほかの企業で面接を受けておきたいですね。

早めに面接の緊張感に慣れて、どんな状況にも対応できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク