転職活動の面接にリクルートスーツを着ていくとどうなる?

転職活動の面接に行くときは、その服装や身だしなみにも気を使うと思います。

パートやアルバイトの面接なら私服で行ってもOKですが。

正社員や派遣・契約社員の面接であれば、基本はスーツを着ていくことになります。

しかし転職しようと思ったときに「新卒採用のときに購入したリクルートスーツしか持っていない」という方もいると思います。

そういう場合はどうするか。

新しく転職用のスーツを購入しようか迷いますよね。

「リクルートスーツ」と「ビジネススーツ」の違い

「もう20代後半なのに、転職活動でリクルートスーツを着ていたら変かな?」と考えてしまうこともあります。

しかし新卒の就活のときに購入した「リクルートスーツ」と、一般の会社員が着ている「ビジネススーツ」はどこが違うのでしょうか?

見た目にはそれほど違いがあるようには思えませんが・・・

実際には、リクルートスーツとビジネススーツには明確な違いはありません。

リクルートスーツは、販売するメーカーが「新卒採用に適したスーツ」というキャッチフレーズで売り込んでいるだけで、一般のビジネススーツと決定的に違う点は特にないのです。

これは男性・女性用ともに同じです。

ただリクルートスーツとビジネススーツには、見た目でそれぞれ特徴があります。

それは、

・リクルートスーツ → 無地の黒、紺、濃いグレーの色のスーツ

・ビジネススーツ → 明るめの色やストライプ柄など種類が豊富

という点です。

リクルートスーツは基本的には柄などなく無地で、色もブラックやネイビー、チャコールグレーなどの地味な感じで、就活の面接用スーツとして無難なものが多いです。

「色」「生地」「デザイン」などはある程度決めて大量生産することで、コストを抑えて安価で販売できるようになっているのです。

就活生がほとんど同じようなスーツを着ているのは、スーツをつくっているメーカーの影響もあるのですね。

ビジネススーツはリクルートスーツよりも色の幅があって比較的明るい色のスーツや、柄もストライプやチェックが入っているなどカジュアルでオシャレなものもあります。

しかしビジネススーツにも無地で色合いが地味な、リクルートスーツと見分けがつかないスーツもあるなど、いろいろとバリエーションが豊富です。

転職活動の面接でリクルートスーツはどうなの?

リクルートスーツとビジネススーツは、それぞれ特徴はありますが、わかりやすい境界線はなく見た目にもそれほどの違いはありません。

ですので結論から言うと、リクルートスーツを着て転職活動の面接に行っても何も問題はありません。

既卒や第二新卒、中途採用でもリクルートスーツを着て就職活動をおこなっても大丈夫です。

実際に新卒の就活で使ったリクルートスーツを、入社後も会社用のスーツとして着て出勤している方も多いですし、そのスーツで転職活動をする方もいるでしょう。

そしてリクルートスーツならではのメリットもあります。

新卒の就活のときは、見た目が地味で無難なリクルートスーツが好まれますが、それは転職活動のときも同じです。

転職の面接の時に派手なビジネススーツを着て来たり、高価なブランドのスーツを着て来たらどう思いますか?

何となくとっつきにくく感じる方もいますよね。

もちろん「経験やキャリアがあれば派手なビジネススーツを着ていてもかまわない」という場合もあります。

しかし、これから入社する新人に対して「ふさわしい服装や格好」を求める傾向は、新卒の就職活動のときも転職活動のときも変わりありません。

そういった意味では、無難なリクルートスーツは転職の面接でも使えます。

面接はスーツの種類よりも清潔感が一番大事

転職活動の面接では、どんなスーツを着ていくかよりも「清潔感」が一番大事です。

新品ではないリクルートスーツやビジネススーツなら、こうした点に気をつけましょう。

・スーツにシミなどの汚れや色落ちした部分がある

・スーツに破れたり擦れた箇所があったり穴が開いている

・ボタンが取れている、ほつれている

・スーツに独特の臭いがついている

・自分の体型に合っていない

こうしたスーツを面接に着ていくのはやめておきましょう。

長い間クローゼットやタンスにしまったままにしておいたスーツは、臭いがついてとれなかったり、自分の体型に合わなかったり、デザインが古くなっていることもあります。

また一人暮らしの方に多いのですが、仕事で長期間スーツを着ているとスーツのジャケットやパンツ、スカートもヨレヨレになってくたびれた感じになってきて、それに気づかない方もいます。

もうそうなってきたら、面接用として新しいスーツを買いましょう。

スーツ量販店の「洋服の青山」や「AOKI」などへ行けば、3万円ぐらいから新品の上下のスーツが買えます。

値段の安いスーツでも新品は見栄えがいいですので、古くなったスーツを着て面接に行くよりは新しいスーツを購入したほうがいいでしょう。

量販店でスーツを買うときは店員に、

「自分の手持ちの予算」

「面接用のスーツを探している」

ことを伝えてみましょう。

「3万円ぐらいで転職の面接用のスーツを探しているのですが」と伝えれば、それに見合ったスーツをすすめてくれます。

手持ちの予算がそんなになくても、店員はしっかり接客してくれますし、最初にお金に関してくぎを刺しておくことで値段の高いスーツをすすめられることもありません。

スーツを購入するときは、ぜひ試してみてください。

「リクルートスーツ」という名前は、スーツのメーカーが名付けただけの、ただの一般的なスーツです。そして、

新卒→リクルートスーツ

転職→ビジネススーツ

という決まりがあるわけでもありません。

清潔感があって本人に似あっているのなら、転職活動にリクルートスーツを着ていっても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク