会社に出勤しても「全然仕事がない!」というときにできる暇つぶしの方法

会社に出勤すれば必ず仕事があって、毎日追われるように仕事をこなすというイメージがあると思います。

実際にそういう会社が多いと思いますが・・・

しかし会社の数だけ内実もいろいろあって、中には「出勤しても仕事がほとんどない」という会社もあります。

朝、会社に来たけど何もやることがなく、ただイスに座っているだけという人もいるのですね。

仕事がほとんどない理由は、

・時期によって仕事の量に違いがある

・会社の経営が悪化してきて仕事の量が減っている

・自分もしくは自分の部署に仕事が回ってこない

などほかにも理由はありますが、そうしたことで悩んでいる人もいるのですね。

「ほとんど仕事をしないで給料をもらえるとか、うらやましー」と思うかもしれませんが、それはそれでかなり辛いようです。

私の知り合いにも事務の仕事に就いたものの、毎日ほとんどやることもなくて苦痛だったという話を聞かされたことがありました。

そんな会社に就職した時はどうしたらいいか?

ほとんど仕事がないデスクワークの業務に就いたときに何ができるのかを、ちょっと考えてみました。

仕事中の時間つぶしは何をしたらいいの?

ネットを見ていれば時間が過ぎるのも早いけど・・・

仕事中に会社のパソコンを使って大っぴらにネットができたり、自分のスマホを使って遊べたら、暇つぶしも簡単ですよね。

ネットの閲覧から、SNS、ゲーム、動画を見るなど何でもできてしまいます。

会社側がそうしたヒマつぶしを認めてくれているのなら、もうほとんど会社に遊びに来ているようなものです。^^

それだと時間が進むのも早く感じますが・・・

しかしほかの社員が一生懸命働いている横で、仕事をしているふりをしながら一日中ネットサーフィンなどしていると、なんとなく罪悪感に駆られることもあります。

「ほかの人は忙しく仕事をしているのに、自分は何をしているのだろう・・・」とか。

仕事場に自分ひとりだけとか、ほかの社員も一緒に暇を持て余しているときでも、ふとしたときに「このままでいいんだろうか」とか考えてしまいますよね。

あまり深刻に考える必要もないかもしれませんが。

仕事中のネット閲覧の暇つぶしはばれない?

会社のパソコンはネットにつながるけど、それを見て暇つぶししていいのかわからない場合もあります。

また勤務中に自分の携帯電話でネットを見るなどしていいのか、その辺の判断がつかなくて大ぴらにできないこともあります。

そうした判断の難しい職場では、暇つぶしをするにも気を使いますよね。

パソコンでヤフーなどニュースサイトを見たり、グーグルで検索することぐらいなら許されると思いますが・・・

パソコンやスマホでネットを見て時間つぶしができると、どんどんとエスカレートして好き勝手にやりすぎて上司から注意されることもありますので気をつけたいですね。

それに自分のパソコンのネットの履歴は消すことはできますが、会社のネットを利用すれば社員のパソコンのネット履歴がすべて残るように設定されている場合もあります。

勤務中にSNSやブログ、2chなどへの書き込みやオークションをしていることも分かりますし、動画も通信量が多いために見ていたことがわかってしまいます。

ほかにもアダルトサイトを見ていたり、そこから画像や動画をダウンロードするとバレることもあります。

会社によってどれだけネットの管理するのかはそれぞれ違いますが、社内でのパソコンのネット履歴などは見られていると思っておきましょう。

ネット以外にパソコンを使ってできることと言えば、

・パソコン内の仕事用のファイルなどの整理

・仕事内容をまとめて文章にしてマニュアルをつくってみる

・Word・Excelなどの使い方の勉強

などがあります。

ワードやエクセルを使って仕事の内容を文章化してまとめていれば「仕事をしている」ことにもなります。

パソコン内の書類やファイルの整理をすることや仕事のマニュアルを作ることによって、自分でも仕事内容が分かりやすくなりますし、新人が入ってきたときも仕事を教えやすくなります。

またワードやエクセルといったソフトは、ほかのパソコンを使う職場でもよく使います。

時間のある時に操作方法や使い方などを勉強しておくと、後で役に立ちますのでオススメです。

そうやって仕事がほとんどない時には自分で仕事を見つけてみてもいいですね。

パソコンやスマホでヒマつぶしができない時は?

パソコンでネットをしたりスマホで暇つぶしできない時は、何をしたらいいか悩みますよね。

そんな時にできることと言えば、

・書類の整理

・身の回りや職場内の掃除

・資格などの勉強

・仕事に役立つ本を読む

・休日にやること、これからのことを考える

などがあります。

ヒマだからといってイスにずっと座っていると、退屈で眠くなってくるだけです。

特にお昼ごはんを食べた後は眠気が襲ってきますので、そんな時はちょっと体を動かしてみましょう(寝ても問題ない職場なら話は別ですが)。

できることといえば掃除です。

自分の机の上や机の引き出しの中、身の回りの整理整頓や掃除をして、範囲を広げて職場内を掃除してみてもいいですね。

埃や汚れはあちこちにあるので、掃除は結構時間がつぶせます。

掃除をしていれば特に文句も言われませんし、逆に褒められることもありますよね。

ほかにはネットにつながらなくてもパソコンがあれば、CDなどを持ってきて何か勉強もできます。

人気の資格は「TOEIC」「日商簿記検定」「MOS(マイクロオフィススペシャリスト)」「宅健」「漢字検定」などいろいろあります。

取得したい資格を見つけて、それに向けて勉強してみてもいいですね。

マンガや雑誌を読んでいると明らかにサボっている感じに見えてしまいますので、仕事に役立つ本や英語の本などを持ってきて勉強してみましょう。

スマホなどで本を読んでもいいのですが、スマホだとほかの人から「何を見ているのか、ほかの人からはわからない」ため、サボっている感が出てしまいます。

その辺も気をつけたいですね。

暇つぶしは上司の許可を得てからにする

「仕事がなくて暇だから自分の好きなことをしてもいい」というわけではありません。

会社に来て給料をもらっている以上は、仕事がない時でもそれなりの態度でいないと変に疑われてしまいます。

会社のパソコンを使ってこっそりネットを見ている場合でも、上司からは「アイツ何やってんだ?」という不審な目で見られている可能性もあります。

周囲からは意外と何をしているのかを見られているものです。

パソコンやスマホを見てニヤニヤするなど、顔の表情から遊んでいることがわかってしまうこともありますので気をつけましょう。

勤務中にヒマなときは上司と話し合いをして、何をしたらいいかの「線引き」をしっかりと確かめましょう。

仕事がない時は、まずは上司に「仕事はありませんか?」「何かお手伝いしましょうか?」と聞いてみます。

仕事をする気があるところを見せて、何か手伝うことがあったら率先して手伝いましょう。

「仕事は特にない」といわれた場合は、「じゃあ、どうしましょうか?」と暇な時間の過ごし方を話し合う方向にもっていきます。

話の分かる上司だったら、こちらから「仕事に関連する本を読んでもいいですか?」と提案して、OKをもらえたら資格の本を取り出して勉強するとか。

ヒマな時間の過ごし方について上司と話をして、暇つぶしは何がOKなのかを、お互いに確認しあってトラブルになることを避けるようにしたいですね。

仕事がなにもないときは、やることもなくて時間が過ぎるのも遅くて精神的に参ることもありますが、何か自分でやることを探してみてはいかがでしょうか。

勤務中に時間を持て余しているときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク