アルバイトと就活を両立しながらじっくり就職先を探す方法

就職活動も長期戦になりそうなときは、はたらきながら就職活動をすることをおすすめします。

新卒のときのように、一時期に求人が集中して忙しくなることはありませんから。

アルバイトと就職活動を両立して、やっていったほうがいいと思います。

はたらきながら就活する利点は、2つあります。

それは、

・はたらいているほうが採用担当者の受けがいい

・あせらずにじっくり就職先を決めることが出来る

という点です。

働きながら就活したほうが就職先も決まりやすい?

まずはたらいていたほうが、会社の採用担当者からの印象もよくなります。

アルバイトなどは職歴にならないといわれていますが、それでもアルバイト先でしっかり仕事をしている点は、プラスにはたらきます。

なんといっても、根気よく仕事を続けてくれることの証明にもなりますから、その点でも採用担当者も安心しますよね。

面接に来たときに、無職で何も仕事をしていないと、「仕事を続けてくれるかな?」という疑問もわいてくるのですね。

その点でも、雇う側としてはリスクが高くなります。

それに仕事をしていなかった空白期間も、何をしていたのかけっこう質問されます。

社会人から見たら、学校を卒業したらどんなかたちでもいいから、「はたらいていることが前提」という考えを持っています。

長い間無職だと、それで不利になってしまうこともあるのですね。

働きながらのほうが就活に余裕が持てる

もうひとつは、はたらきながら就職活動をすることで、どこかに内定が決まっても、あせってそこに決める必要はなくなります。

アルバイトをして、ある程度の生活費が稼ぐことが出来れば、生活も維持できます。

お金に困ってしまうと、多少、条件が悪いと思っても妥協して、内定が出たところに即決してしまうときもあります。

でも入社してみたら、本当に条件が悪くて、すぐに退社したくなるなんてことがあるかもしれません。

そんなあせって決めることをなくすために、まずアルバイトをして生活基盤をしっかりつくってからのほうが、就職先を決断するにも余裕が出ますよね。

もし気に入らない会社だったら、内定が出ても辞退すればいいし、辞退してもアルバイトをしているので、生活には困りません。

ことわったあともまた、時間をかけて就職活動を続ければいいのです。

気持ちの面でもプラスになる

あとは普段から働いていたほうが、仕事に取り組む気持ちも変わってきます。

無職のときだと、働くことへのプレッシャーなどのために、就活にあまり気持ちが入らないこともあります。

反対に社会に出て働いている分だけ、同じく働いている人の気持ちがわかりやすくなるという点も、就活では有利になりますね。

このように、はたらきながら就職活動することの利点はあるのです。

じっくり腰をすえて、就職先を決めたいときは、アルバイトでいいからはたらきながら就活することをオススメします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。