「高卒」と「大卒」の違いはどこに出てくるのか?

現在高校生で「これから高校を卒業して大学に進学するか?会社に就職するか?」で悩んでいる方もいると思います。

ある学生の方から「最終学歴が高校卒(高卒)と大学卒(大卒)にはどんな違いがあるのか?」という質問を受けたことがありましたので、ここでその説明したいと思います。

両方とも明確に分けられない点もありますが、「高卒と大卒はここがハッキリ違う」という点を取り上げてみました。

特に高校生は参考にしてみてください。

「高卒」と「大卒」で明確に分けられる点

高卒と大卒で違う点は3つあります。それは、

・生涯年収

・就職先の仕事の内容

・能力

という点です。

それぞれ説明していきます。

高卒と大卒の生涯年収は6~7千万円ほどの開きがある

2013年の高卒と大卒の生涯年収(一人の人間が一生で得られる収入の総額)を表にしてみました。

学歴 男性 女性
高校卒 1億9300万円 1億2700万円
大学卒 2億5420万円 1億9600万円
差額 6120万円 6900万円

年収ガイドより引用)

上の表からもわかるように高卒と大卒では生涯年収に開きがあります。

男性の場合、大卒は高卒よりも6120万円も生涯年収が多くなります。

女性の場合、大卒は高卒よりも6900万円も生涯年収が多くなります。

だいたい6000~7000万円の差になりますが、これは大きな額ですよね。

高卒のほうが大卒より4年早く社会に出て働くことができるのですが、それでも大卒のほうが額が大きくなります。

もちろんこれは平均の数字ですので、みんなが同じような生涯年収になるわけではありません。

高卒でも給料が高い会社に入社して勤め上げれば、大卒並みの生涯年収になる人もいます。

反対に大卒でも給料が低くあまり昇給もしない会社に就職すれば、生涯年収が低くなってしまいます。

ただ会社に就職した人に限れば、大卒のほうが出世も早く給料の額が上がりますので、年齢が上がるにつれて高卒との給料の差もついてきます。

今は学歴など関係なく仕事ができる人が出世していって給料が増えるという会社も多くありますが、一般的にはこのようになっています。

高卒と大卒では就職先の仕事の内容が違う

ネットの就職サイトやハローワークの求人などを見てみると、求める人材の条件として「高卒以上」「大卒以上」というのを見かけます。

それぞれの意味は、

「高卒以上」は、高校を卒業した人が応募できる求人

「大卒以上」は、大学を卒業した人が応募できる求人

となります。(高校や大学に在学中で卒業見込みの方も含まれます)

ということは、

高卒→「高卒以上」の求人に応募できる

大卒→「高卒以上」と「大卒以上」の求人に応募できる

となります。

こうしてみると、高卒よりも大卒のほうが選べる就職先の範囲が広くなります。

この点で見ると大卒は有利ですね。

そして高卒と大卒が同じ会社に就職しても仕事の内容が違います。

研究や開発などの専門的な知識が必要になる仕事は、やはり大卒が圧倒的に多いです。

また大卒は将来の会社の経営をになっていく人材になるために、販売・営業・運営などのいろんな仕事を経験していく総合職につく人も多いです。

高卒はそれほど仕事の範囲は広くなく、マニュアルに基づいて仕事を行うような一般職が多いのではないでしょうか。

例えばメーカーでいえば大卒は研究開発や営業の仕事、高卒は工場の製造部門とか。

就職活動のときに高卒と大卒の学歴にそれぞれ分けて採用している会社は、それぞれ職務内容も違います。

ただ高卒や大卒などの学歴は関係なく、いろんな仕事を任されて、そこで結果を出せる人は出世していくという会社もたくさんあります。

学歴不問の会社の場合は、本人の実力次第というところも多いでしょう。

高卒と大卒では能力に違いが出る

また高卒と大卒の違う点として、大卒は、

・大学入試試験を受けている

・大学で専門的な知識を学んでいる

という点です。

大学入試をクリアしたり大学で学ぶことによって「与えられた問題を解く能力」「自分で課題を見つけて分析・解決する能力」が磨かれていきます。

こうした能力は会社に入ればいろんな場面で求められますし、それができて結果が残せる人は会社内でも重宝されます。

もちろん大卒の中でも能力の高い人や低い人がピンからキリまでいますし、高卒でも能力が高い人はたくさんいます。

しかし大学に入ってしっかり勉強することによって、物事に対する理解力や洞察・分析する力が養われますし、知識量も増えて社会に出てからの適応力も上がります。

全体で見たときは高卒よりも大卒のほうが能力が上とみなされ、会社の中枢で働く人も大卒の方が多いでしょう。

一般的にはそのような感じで見られています。

しかし実際は、会社に入ってしまえば基本的には学歴など関係ありません。

仕事ができるかどうかが第一となります。

仕事ができる人は会社にとって役立つ人間ということで昇給し出世していきますが、できない人は一流の大学出身者でも出世できずリストラの対象になることもあります。

高卒と大卒の違いはありますが、学校を卒業して社会に出てしまえば学歴よりも、その人の実力次第となります。

就職してからは過去の学歴などにこだわらないで、仕事で頑張っていけるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク