就活で「カジュアルな服装でお越しください」と指定があったら何を着ていけばいいのか?

就職活動でのインターンシップへの参加や、会社説明会や面接に「カジュアルな服装でお越しください」と指定してくる企業があります。

そんなとき「カジュアルな服装って何?」と、ちょっと戸惑いますよね。

「就活での服装はすべてリクルートスーツにしてくれれば楽なのに」とか「私服を買うことになって余計な出費がかかりそう」などの不満もあると思います。

しかし企業側もスーツのみにすると「ガチガチの就職活動感」が出てしまって、就活生もリラックスできないだろうという配慮から「私服でお越しください」などの指定が増えているのです。

それでも「カジュアルな服装」というのは、どういう服装が正解なのかいまいちわかりづらいですよね。

こんな時はどう対処すればいいのか?

「カジュアルな服装」はリクルートスーツでもOK?

「カジュアル」という言葉の意味は「気軽にくつろいだ感じであること」なんだそうです。

そうなると上下ジャージや、Tシャツに短パンにサンダル姿もOKということになりますが、実際にその格好で行くのは勇気がいりますよね。

「私はスーツ姿が一番くつろげます」と言ってしまえば「カジュアルな服装=スーツ」となっりますし、このへんも判断がむずかしいところです。

「カジュアルな服装でお越しください」と言われてスーツを着ていく方もいますが、これも間違いではないのでしょう。

しかし企業側の意図としては「その時と場所と場合に応じたもので、なおかつ本人がリラックスできる服装で来てほしい」というものだと思います。

人によって好みや受け取り方も違いますので「これが正解!」という服装はないですが、あいまいな指定なだけに、ある程度本人が自由に選択できる余地はありますよね。

それでも「カジュアルな服装」の見本となるものはどこで見つけたらいいか?

「カジュアルな服装」の見本はスーツ量販店にある

迷ったときはスーツが売っているお店に行ってみてください。

「洋服の青山」「AOKI」「はるやま」「コナカ」「スーツカンパニー」「スーツセレクト」などのスーツを販売している量販店があります。

これらのスーツ量販店はスーツだけでなく、男性女性ともにカジュアルな私服も販売しています。

自宅の近くにスーツ量販店があるのなら、一度下見に行ってみましょう。

店の中に入ってみると、スーツだけでなくオフィスカジュアルな私服を着せたマネキンが置いてあります。

服装に迷うときは、そのマネキンが着ているような格好を参考にしてもいいですね。

スーツ量販店はスーツを買いにくるお客さんが多いため、一般的な服を売っているお店よりもビジネスマンに好まれる色やデザインの服の種類が多いです。

例として「洋服の青山」のサイトを見てみると、メンズレディースともにカジュアルな服が売っています。

ネットで購入してもいいですが、自分で服を選ぶ自信がないときは、お店に出向いて店員の方に聞いてみましょう。

「インターン先の企業から『カジュアルな服装でお越しください』と言われたのですが、おすすめの服はありますか?」と店員に聞いてみてもいいですね。

ビジネス向けの私服に関して詳しいと思いますので、いろいろすすめてくれるはずです。

気に入った服がなかったり値段が高くて買えないときは、スーツ量販店で無理に購入しなくても大丈夫です。

マネキンにあるようなカジュアルな服装を覚えておいて、それと似たような服をユニクロやしまむらなどで買ったっていいのです。

カジュアルな服はほかのお店にも売っていますので、スーツ量販店は参考程度に見ておいてほかで購入してもいいですね。

就活ではどんな私服が最適なのか?

「カジュアルな服装でお越しください」とか「私服でお越しください」と言われたときに多い服装といえば、

男性は上はえり付きのシャツにノーネクタイ、下はスラックスなどのパンツ。

夏は半そでシャツOKで上着は必要なし、春秋は長そでシャツの上にジャケットを着ている人もいますし、冬は寒いときはコートを着ていきましょう。

女性は上はブラウスかシャツ、下はスカートかパンツ。

夏は半そでや七分袖のブラウスやシャツOKで上着は必要なし、春秋は長そでのブラウスやシャツの上にジャケットやカーディガンを着ている人もいますし、冬は寒いときはコートを着ていきましょう。

会社には年配の方も多いので、シャツやパンツの色や柄は派手すぎないシンプルなほうが好まれると思います。

上はTシャツのみとか、トレーナー、パーカー、下は短パンやジーンズ、女性はミニスカートやロングスカートという方はあまり見かけないので避けたほうがいいでしょう。

帽子は建物内ではかぶらないようにして、派手な腕時計やアクセサリーを身につけるのもやめておきましょう。

かばんはA4サイズの書類が入るビジネスバッグなどを用意しておきたいですね。

靴はスーツに合わせて履く革靴やパンプスなど。

「動きやすい格好でお越しください」という場合はスニーカーでもいいと思います。

不安なときは確認する

どんな服装がいいかわからず不安なときは、企業に電話して聞いてみましょう。

企業のホームページに社員の私服の姿があれば、それを参考にしてもいいですね。

もしくはネットの就活サイトで情報を集めてみるか、インターンや会社説明会や面接に出たことがある人に聞いてみましょう。

就活の服装に関して企業から細かい指定があるのならともかく「カジュアルな服装でお越しください」とか「私服でお越しください」などのざっくりとした指定なら、よほど常識はずれな格好でない限り大丈夫です。

私服選びで細かい部分まで気にする方もいますが、企業の担当者も服装で人を判断することはないと思います。

また「カジュアルな服装でお越しください」と言われても実際にその場に行ったら、スーツで来ている人が多い場合もあります。

日本人はまわりの人と合わせることにとても気を使いますが、企業側の指示に従った服装なら間違いはないので堂々としていましょう。

それでも服装のことを気にしだすと気が散ってしまいますので、どんな服装がいいのかよく調べていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク