内定辞退をするときに罪悪感を感じたらどう対処する?

就職・転職活動で企業から内定の連絡をもらったけど、それを断らないといけない場合もあります。

そんな時はちょっと返事をしづらいですよね。

「せっかく内定の返事をもらったのに、それを断ってしまうのは、なんとなく心苦しい」など、相手を気づかう気持ちが出てきてしまって言い出せないときもあります。

しかしそれで返事を後回しにしてしまうと、変に話がこじれてしまいます。

返事を後回しにしてしまって内定辞退の連絡をすることが遅くなってしまったり、断り切れずに内定承諾書にサインしてしまってあとで後悔したりとか。

結局ことわるのであれば、勇気を出して早く連絡してしまいましょう。

内定承諾書にサインする前であれば、企業の採用担当者も結構あっさりと内定辞退を承諾してくれます。

連絡すれば引き止められるかもしれませんが、もう入社する気のない人に粘って引き止めたりはしません。

それだったらほかの入社したい人を選んだほうが早いですからね。

また、それほどないかと思いますが、辞退するときに罵詈雑言を言われたとしても気にしないでおきましょう。

「断る」ときになぜ罪悪感を感じるのか?

「私のことを評価してくれて内定を出してくれたので断りづらい」と思う方もいるでしょう。

人間は自分を認めてくれた人や会社への裏切り行為はしたくないという気持ちが働きます。

特に説明会や面接や懇親会などで印象が良かった企業などはなおさらですよね。

さらに面接で「御社が第一志望です!」と言っておきながら内定辞退をするのは、相手に申し訳ないという気持ちにもなります。

しかしもう入社するつもりがないのなら、仕方がないのです。

自分の気持ちを優先させましょう。

内定辞退をするときに罪悪感が生まれるというのは、それは「相手の気持ちに応えたいけど、それができない」ときです。

複数の企業から内定をもらっていれば、その中から一つを選んで他は断るようになります。

どれかは必ず辞退しないといけません。

内定辞退の連絡をするときに、向こうの企業の担当者のがっかりした姿などを想像してしまってできないという人もいます。

でもそれは相手に対するやさしさではないのですね。

「断る」ことは悪いことではない

「断るのはかわいそう」「相手を傷つけてしまう」などの感情が生じて相手のことを思いやっているようですが、実際は自分のことも相手のことも思いやっていません。

就職・転職活動の目的は自分が入社する企業を見つけることです。

入社する気がない以上は、その企業の期待に応えることはできませんので、あれこれ悩んでいても仕方がありません。

むしろほかにやるべきことがあるのに罪悪感で悩んでいたら前に進みません。

きっぱり断ることは自分のためになるのです。

それに早く内定辞退の連絡を入れたほうが相手の企業のためになります。

内定を辞退したいと伝えれば企業の人事担当者も残念がりますが、その空いた分の人員補充のために早く動くことができます。

内定辞退の返事が遅れると企業にとっても負担になりますので、早急に連絡してもらったほうが企業側としても助かるのですね。

断るときは相手に嫌な思いをさせたとしても、長い目で見れば早く返事をしたほうが相手のためになるのです。

自分の意思をはっきりと伝えたほうがお互いのためになります。

辞退したことによる罪悪感は残るかもしれませんが、企業側が内定辞退を受け入れてくれた以上は、そこで一区切りをつけて忘れるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク